ハリのある肌にしたい美肌の作り方!おすすめ成分はエイジング美容液

この記事は5分で読めます

脱皮

年齢と共に失われていくお肌のハリを取り戻す事は出来ないのか?

ハリのある肌にしたい人必見の、おすすめアンチエイジング美容液や絶対鉄板の成分が知りたい。

ハリのあるお肌を取り戻したい人必見の美肌の作り方を紹介します。

アンチエイジングを左右する若さの象徴ハリのあるお肌の作り方は、徹底したエイジング成分を取り入れたり、スキンケアの取り組み方で改善出来る理想の美肌です。

今回はハリのある美肌の作り方として自宅ケアのおすすめ成分と、食事面でハリ肌に効果のある成分の両面を紹介したいと思います。

是非積極的に取り入れてハリのある美肌を取り戻しましょう。

[b.glen]細胞レベルで甦るエイジングケア

ハリのある肌は美しい

乾燥肌
美肌のイメージとして色々な要素がありますが、お肌のハリはアンチエイジングイメージを強く左右する要素の一つだと思います。

理由は第一に、理屈抜きで見た時に若々しく見えること。

若々しく見えるという印象は、逆の印象である、老けて見えるお肌と違い、美しい美肌のイメージをより強く印象付ける事が出来るお肌だからです。

では、具体的にハリのあるお肌とは、どんなお肌なのかイメージしてみましょう。

ハリのある美肌のイメージする

・艶やかな透明感のある肌
・毛穴レスでキメが整った肌
・血色がよく潤いのある肌
・ニキビやニキビ跡が無い肌
・瑞々しい水分量を感じる潤い肌

少しピックアップしただけで、ようするにハリのある美肌=若さと言うイメージが強いのが分かります。

だって容易くこの条件をクリアできる女性の年代層を考えると、やはり10代から20代前半と言う若年層がよりこの要素をクリアできると想像できてしまいます。

でも大丈夫です!

現代の進歩した化粧品の成分と心がけしだいで、本気で願えば、ハリのある美肌へと変える事は可能な時代です。

昭和初期では無く、来年には平成が終わる現代人の、良い意味での特権ですね!

でも、それには正しいハリ肌の作り方と、取り組み方を理解することが第一ステップで必要となります。

是非、若さの象徴ハリ肌に変わりたい!

そう願い努力と少しの投資も厭わない人には、チャレンジして欲しいと思います。

ハリのある美肌の作り方スキンケア編

原因
基礎的なスキンケアで、正しい洗顔料(あまり洗浄力が強くないモノ)や、しっかりメイク落としは基礎中の基礎なので今回、割愛させて頂きます。

重要なのは化粧水(ローション)の使い方と、それに続く美容液や、乳液の使い方。

そして紫外線対策と同じくらい重要な保湿への取り組み方も。

意外にもベタベタするのが苦手と言う理由で、乳液やクリームを使用しない女性って未だに多いと言われています。

これは、ハリのある美肌を目指す人にとっては論外の感覚です。汗

是非、今回この辺りも見直してアンチエイジングに取り組む以上、保湿対策にも力を入れてみましょう。

公式ページはこちらから☟
[b.glen]細胞レベルで甦るエイジングケア

ハリのある美肌に絶対必須化粧水

メイク落とし=洗顔=化粧水の順番に通常スキンケアすると思います。

が、圧倒的にこの化粧水(ローション)がルーティンワーク状態で、少量過ぎる人が多いです。

このローションの段階で、充分過ぎる程の潤い補給を意識して取り入れる事。

ローションに関しては付け過ぎてお肌に悪いと言う事はほぼありません。

化粧品会社の規定の量を付ける事で充分でしょう~と考えている人は、まず見直しましょう。

10代や20代前半なら規定量でも良いかもしれません。(若さでカバーできます)

でも20代後半から30代40代や、それ以降の大人の女性でハリのある美肌にしたい。

そんな願望がある人は規定量では全然話になりません・・・

話の外って感じです。

ローションは洗顔後の直ぐのまっさらのお肌にプチプラローション。

その後、大本命のスクワランやヒアルロン酸など、しっかり美容成分や保湿成分が配合されたローションで、再度の2度付けくらいが理想的なローションの使用量だと思います。

まとめるとこんな感じ

洗顔後→プチプラローションたっぷり目でしっかり水分補給。

その後大本命の保湿力メインのローションを手のひらでしっかり二度付け!

この付けすぎでしょう~な手間とステップがアンチエイジングの第一歩となり、ハリのある女性に欠かせない美肌へと導いてくれる方法です。

ローションは、絶対ケチらないでください。

ケチな女にハリ肌はあり得ません。汗

ハリのある美肌の作り方マッサージ効果

マッサージ
そして化粧品のアイテムにもよりますが、ローション後は、同じラインの乳液で保湿します。

その後、定期的にスペシャルお手入れとしてマッサージを取り入れましょう。

このマッサージも使用感や香り、テクスチャーと好みは色々あるかと思いますが、今はピンキリで色々なマッサージクリームがあると思いますが、この辺りの価格も最低5千円くらいを目安に投資しましょう。

血流を良くして血色の良いハリ肌へと導いてくれます。

ハリのある女性になるための投資マインドが必要です。

完全なる自己投資です。

意味不明なホストなどに投資することを考えたら、費用対効果が高すぎるので、ハリ肌を目指すなら是非取り入れてもらいたいお手入れの一つですね。

ハリのある美肌の為のエイジング美容液おすすめ2選

副作用
そして、ここが今回の大本命のハリのある美肌の為に絶対必須だと思うエイジング美容液をおすすめします。

45歳の私が昨年44歳の時から、もう今後は美容整形でレーザーをバシバシ充てるしか打つ手が無い!

そう思っていた時に出会った超絶アンチエイジング効果の高さに、驚いた美容液です。

ハリのある美肌に本気でなりたい人であれば、全ての人におすすめします。

自信を持っておすすめできる美容液です。

ハリ肌にはレチノールがおすすめ成分

レチノールA

今某国内大手化粧品の資〇堂もCMしているレチノールです。

レチノールってシワに特化した宣伝をしてますよね?

でも1年愛用している私からすると、シワと言うより断然効果を感じているのはハリツヤ効果です。

ハリツヤ効果はレチノールヤバいです。

ハリが出てツヤが出るから小じわが無くなる~と言う感覚なら理解できます。

とにかく私が使用して感じた効果の一つはハリツヤ効果なので某資〇堂のレチノールではありませんが、こちらのビーグレンのレチノAは、もはや手放せないレベルの美容液です。

超お得なトライアルキットからおすすめです☟


ハリ肌にビタミンCもおすすめ成分の理由

Cセラム

そしてハリのある肌に欠かせないもう一つのおすすめ成分がビタミンCです。

ビタミンCは、肌の凹凸をスムーズにしてコラーゲンの生成を促進し、シワを減らし、ニキビ跡も薄くすると言われる効果があります。

これらの高い美肌効果は美容皮膚科医曰く、スキンケア製品として使用できる最強の抗酸化物質、と言われる程。

スキンケアの世界では魔法と言われる程の、トータルでの美肌効果が高い成分なのです。

このビタミンCとレチノールのダブルの使用で、完全なる毛穴レス状態になり、(かなりの即効性で)毛穴レスがハリとツヤのあるお肌へと導いてくれます。

そして嬉しい事に、この高い美肌効果のあるビタミンCはほぼの肌質に副作用無く美肌効果を発揮すると言われているのです。

使用しない理由が無いのがビタミンC成分なのです。

こちらのビタミンCもビーグレンのベストセラー製品であり8つの肌悩みに用意されたトライアルキット全てに入っているCセラムが抜群の効果を発揮します。

正直私は今となっては手放せない最強アイテムです。

無くなるのが怖くて毎回大人買いの2本購入するほどです。

レチノールもビタミンCもこのセットが最強☟


ハリのある美肌の作り方食品成分

テールスープ

そしてラストにハリのある美肌の作り方の食べ物編でご紹介したいと思います。

私が食べて即効性を感じてお肌がウルウルのハリ肌になったと自負する食べ物です。

・韓国のコムタンスープ(牛コツスープ)
・韓国のサムゲタン
・鳥の手羽元の醤油煮
・テールスープ(焼き肉屋や市販もあり)
・焼き鳥の鳥皮
・ホルモン鍋(牛モツ)

好き嫌いがあるかもしれませんが・・・

かなり高い確率で翌日はお肌を褒められる事が多く、私自身も意識して勝負日の前に取り入れる食べ物です。

是非大丈夫そうな方は取り入れてみて下さい。

アンチエイジングに良い食べ物はこちらにも☟
透明感のある女性は可愛いくて美肌!食事とビタミンケアのWの効果

ハリのある女性の美肌の作り方まとめ

艶肌
ここまで紹介したハリのある女性の美肌作りは、美肌マニアとしてありとらゆる化粧品や美容液を試してきた私が、実際に確かな効果を感じたモノや方法だけを紹介しました。

是非、ハリのある美肌を目指す人には積極的に取り入れてもラう事で肌は変わるし変えられる。

そう実感してもらえたら嬉しいと思います。

まとめ
・ローション2本使いで、とにかくケチらない
・美容液は死ぬまでビタミンC
・ハリツヤ効果にレチノール
・最後は保湿で蓋をする
・食べ物からもコラーゲン補給を

公式―ページはこちらから☟
[b.glen]細胞レベルで甦るエイジングケア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 艶肌
  2. 手羽先
  3. 脱皮
  4. 副作用
  5. 乾燥肌
  6. ニキビ跡
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。