レチノール 副作用

レチノール化粧品が妊娠中にもたらす副作用と効能は危険?

レチノールの成分であるビタミAを含む化粧品は、妊娠中にも使用できるのでしょうか。高い美肌効果が認められる成分レチノールだからこそ、妊娠中の敏感なお肌に使用することが可能なのか。

今回はレチノールやビタミンAを含む化粧品と、妊娠中の女性のお肌の関係と、レチノール化粧品の副作用までお伝えしたいと思います。

美肌効果抜群のビーグレンがおススメ☟

レチノール化粧品が人気の理由

ニキビ跡

アンチエイジングの最も効果をもたらす成分として2017年厚生労働省に認可されてから、一気にその高い美肌効果で知られる成分となったレチノールはビタミンAの成分の1つです。

レチノール化粧品が人気なのは、即効性ある美肌効果が、明らかだからですが、分かりやすい効果としてお肌のターンオーバーを促進する効果がある事にあります。

通常28日かけて自然にお肌のターンオーバーがされるのですが、レチノールは、崩れガチなお肌のターンオーバーを施す事が可能な表皮より奥にある真皮まで働きかける事が可能です。

ニキビやニキビ跡にも効果的な事で知られるレチノールですが、基本的にニキビに関わらず、全方位から美肌効果が高い成分で、様々ある美容成分の中でも攻めの美容効果が認められている化粧品だと言えるでしょう。

エイジングへの3つの確かな効能
1:ピーリング効果
2:コラーゲン効果
3:毛穴とキメ効果

お肌のターンオーバーを促進して、ピーリング効果を得られ、真皮まで届くビタミンAがコラーゲンを促進してくれるからこそ毛穴が引き締まりキメが整うと言うゴールデン効果がレチノールにあります。

その効果の詳細をお伝えします。

レチノール化粧品の効能

1:ピーリング効果

レチノール=ビタミンAである事から、人の血液中は大半がビタミンAで締められており、その為ビタミンAの持つ皮膚や粘膜を健康で正常に保つ効果の働きがある成分である事でも知られる成分でもあります。

体内でレチノールからレチナールへと、代謝によって変化をするレチノールは、最終的にはレチノイン酸へと変化する性質を持つ事に大きな関係があるのです。

レチノイン酸へと変化したレチノールは、年齢と共に遅れがちとなるお肌のターンオーバーを、促す働きを持っている事から、活性化させそれらの働きが一種の表皮から真皮へと、切り替える作用へとつながる事がピーリング効果と考えられています。

幼少期から青年期をピークっとして、肌のターンオーバーが盛んに、そして正しく行われる事は周知の事実です。

それらが緩やかに老化が始まるとされる十代中ごろを境に、徐々に、でも確実にその変化をハッキリと、年齢肌や老化と言う形で私達の目に、ハッキリ映し出すのは個人差はあるものの30代中頃が、目安だと一般的に言われています。

遅れだしたターンオーバーを促進して、表皮から真皮へと入れ代りを押し上げる効果があるのがターンオーバー促進の、ピーリング効果だと考えられています。

2:コラーゲン効果

上記のようなダイレクトなピーリング効果がある、レチノールの働きによって更なる効果として肌の根底にあると考えられる線維芽細胞(せんいがさいぼう)も当然影響を受けて活性化します。

ちなみに繊維芽細胞とはターンオーバーによって入れ替わる時に出てくる真皮にある細胞です。

この細胞が一連のピーリング効果によって、活性化されて、お肌の水分補給力を左右するコラーゲンやエラスチンの働きも活性化されるのです。

当然、美肌の大敵である乾燥を左右する、保湿力効果があるコラーゲンやエラスチンの活性化によって、お肌は張りや艶を通り戻すと考えられています。

3:毛穴とキメ

過剰な皮脂の分泌によって毛穴が広がり、広がった毛穴に余分な角質や、皮脂が酸化することで、毛穴詰まりとなります。

肌の一番上の層にある表皮を詰まらせる事によって、黒ずみ毛穴に見えたり、これらの過剰な皮脂分泌もレチノールには抑制する効果があります。

この3つの確かな効果によってキメが整い、毛穴の引き締まったタルミの無い艶のある美肌が出来上がるのです。

基本的に使わない理由がないと、想う程の美肌効果がレチノールにはありますが、近年爆発的にその美肌効果の高さから、濃度の低い物から高い物まで様々あります。

日常使いに適した副作用の少ないレチノールを、見極めてスキンケアに取り入れる事が重要です。

ビーグレンのレチノールなら安心です☟

レチノール化粧品が妊婦にもたらす副作用

胎児

「ビタミンAは胎児の奇形リスクがある」と言う情報を見た事があります。

改めてこの「ビタミンAと胎児の奇形リスク」の根拠を調べてみましょう。

危険な成分はレチノールではなく、トレチノイン酸で、似て異なるとはまさにこのこと。

人の体内に入る事で変化するレチノールは、順番にレチナール~レチノイン酸「ビタミンA」として体内で変化します。

海外の研究で発表されたとされる「ビタミンAが胎児の奇形リスク」についても、これらのレチノールからレチナール、レチノイン酸のどの場合に奇形リスクが生じたのか発表はなかったそうです。

ただ健康食品やサプリメントとしても、その成分を商品化されているレチノールは、その大半がビタミンA=レチノイン酸であると言われている事から、もう一つの研究で発表されているのは、このサプリメントのレチノイン酸の投与によって、奇形リスクが生じたと言われているようです。

この研究結果によってビタミンAの摂取を、妊娠する前の女性に控えるように、指導することが、多くなったと言われています。

そう考えるとビタミンAの中でもレチノールと同じ成分を持つ天然食品のうなぎとレバーなどは、まず胎児への奇形に問題はなく、むしろレチノイン酸とは真逆でリスク回避になると報告されているそうです。
出典:ビタミンAと奇形の関係

重要な事なのでもう一度。

危険な可能性があるのはサプリメントや添加物の、レチナール酸に妊婦へのリスクがあると報告されています。

同じビタミンAの中でもレチノールと、同じ成分を持つ天然食品のウナギやレバーはむしろ積極的に取り入れる事で、妊娠期のビタミンA不足を補充する事が出来る食品として知られます。

むしろ積極的に取り入れる事で、ビタミンAの欠乏による発育障害や、奇形リスクを回避することのできる食品だと言われています。

どちらにしても、サプリメントで取り入れるレチノールの副作用としての噂で、一般的な食品や化粧品としてのレチノールと妊婦や胎児の奇形は無関係だと思われます。

ただし、医師の治療の下使用する高濃度のレチノールの場合は担当医としっかり相談の上使用してください。

レチノール化粧品の妊婦の許容量は?

乾燥肌

では同じビタミンAであるレチノールと、レチノイン酸ですが取り入れて良いレチノールのビタミンAと、サプリなどに化工食品として摂取される事の多いレチノイン酸の、妊婦が取り入れて大丈夫な許容量はどれくらいなのでしょう。

レチノール=レバーやウナギの持つビタミンAは日本の厚生労働省が挙げた許容量として一日辺り5000IUとされています。

そしてレチノールとレチナール全ての、ビタミンAとひとくくりにして摂取しなかった場合の、リスクは上記に挙げたレチノールの「ビタミンA」を摂取した場合の奇形児のリスクは一日20000~40000IUのビタミンAを取り入れていた妊婦と比べて全く取り入れなかった女性は2倍の奇形児の出産リスクがあったと報告されているそうです。
出典:ビタミンAと奇形の関係

これらの発表からしてもレチノールが持つビタミンAは、むしろ妊婦にとっては積極的に、取り入れるべき成分である事が分かります。

レチノール(ビタミンA)が妊婦に必要な理由

妊婦

妊娠期の女性が健康な胎児を、体内で育てる為の発育に、ビタミンAはどのような理由があるのでしょう。

神経や骨格形成が行われる妊娠1カ月から2カ月の間に、活発な細胞分裂が体内で行われると言われます。

この時必要なのが天然成分(ウナギ・レバー)のビタミンAだと言われています。

これらが欠乏することによって、歯並びや顎などの骨格に悪影響を及ばし、粘膜も弱く感染症に最もかかりやすい胎児を体内で育てる可能性が認められています。

その為天然のビタミンAは、積極的に取り入れる事が良く、決して妊婦が摂取して奇形胎児が誕生すると言う事はないと判断して大丈夫な成分だと言い切れます。

むしろ胎児にとっては欠かせない、天然成分なので積極的に取り入れる事が必要なようです。

このようにビタミンAとひとくくりに言ってもレチノールレチナール=レチノイン酸の全てが同じビタミンAでは無い事が理解してもらえたと思います。

妊婦に要注意なサプリや添加物!

天然食品であるレバーやウナギは、妊娠初期や妊娠前の女性は積極的に、取り入れる事で奇形児リスクを最大限に避ける効果がある事が理解出来ると思います。
大丈夫

少しややこしいですが女性の一生の中でも、一大イベントである出産とレチノールがもたらす、様々な影響は美肌だけにとどまらない成分である事が分かりましたね。

ちなみに美肌成分として顔のお手入れに取り入れるレチノールは妊婦が取り入れても問題ないとの事です。

レチノールの効果を確実に感じたい人には、安心成分で美肌を保ってくれるビーグレンのレチノールがおススメです。

エイジングケアのトライアルでお試しください。

7日間分で通常価格8635円のトライアルが87%OFFの1100円で劇的効果を感じる事が出来ます。

筆者も超久しぶりにお肌の劇的変化を感じて、購入したビーグレンのエイジングケアキット。

かなりの速攻性と確かな美肌効果が、感じられるので、肌年齢に悩んでいる方や、妊娠中でもしっかりエイジングケアがしたい~と言う人には、もってこいの化粧品だと思います。

万が一のトラブルにも365日の全額返金保証付きなので、デリケートなお肌だから心配と言う方も安心です。

レチノールの美肌効果を体感しよう☟

妊婦さんの危険度はあくまで口から摂取する、レチノイン酸のサプリメントの摂取にはくれぐれも気を付ける必要があるという事が今回の結果でハッキリわかりました。

レチノールの持つ美容効果と、天然ビタミンA(レバー・うなぎ)の力を、最大限プラスに取り入れる為に必見の内容でしたね。

是非これから出産を控えている女性も、上手く美容成分のレチノールと、同じ成分であるビタミンAの摂取方法を使い分けしてもっと美肌道を極めて下さいね。

レチノールのおすすめ効果と紫外線対策の絶対の理由とは
ビーグレン毛穴ケアの人気が凄い?評判のCセラムがおすすめの理由
ビーグレンはしわに効果大!口コミとエイジングケアの美容液効果
ビーグレンはどのくらいの期間で効果出る?トライアル2日目です