レチノールクリーム正しい使用方法は副作用とのバランスが重要

この記事は6分で読めます

美肌

アンチエイジング化粧品の中でも高い美容効果と、年齢肌に高い効果のあるレチノールクリーム。

シミやしわを改善する効果のレチノールは、口コミの高さも有名ですが副作用がある成分としても、使用法には一工夫対策も必要なようです。

いつまでも若さや美しさを保ちたい女性にとって、シワを改善出来るクリームとしてレチノールには、高いエイジング効果があるビタミンAがあります。

ただ効果が高いこの成分には、使用方法や副作用があるため、この成分でお手入れをするには少しの注意点もあります。

正しい使用法で今にエイジングを取り入れる事が出来るのか?

少しでも老化を止めたい女性にとって、いかに効果的にレチノールを自宅ケアに取り入れるのか?

副作用のリスクや取り扱いの注意点を、理解した上でにシワの無い、ハリや潤いあるお肌を保ことが出来るのか。

レチノール成分の持つ高い美容効果と、副作用とは無縁の使用法や私おすすめ商品もご紹介したいと思います。

ビーグレンのエイジングケアはこちらから☟


レチノールのエイジング効果が凄い

脱皮

・ピーリング効果がしわ・しみ・毛穴・ニキビ跡の角質除去
・ターンオーバーの促進で古い角質の除去
・肌の活性化によるコラーゲンエラスチンの促進
・皮脂分泌抑制効果からニキビも予防
・紫外線からのダメージ回避

この高いターンオーバー効果と、軽いピーリング効果があるレチノールを、使用する事によってお肌のキメが整い、ハリのあるお肌へと変化することを感じる方が多いでしょう。

そしてツヤとハリが出たお肌には軽いリフティング効果さえ感じる。

これが他の美容成分にはなかったレチノールの、高いエイジング効果と言われる理由でもあります。

これらの高い美容効果によって、お肌は表皮から真皮へと生まれ変わり、シミやシワなどによってたるみや肌くすみを感じ始めるお肌を、くすみやたるみの無いハリツヤ美肌へと導いてくれるのです。

またこの一連のピーリング効果と合わせて、レチノールにはお肌の水分量を、保持する効果もあるので、乾燥肌に傾きがちなお肌をしっとりとしたなめらか艶肌に、留める効果もあるとされています。

これだけの高い効果があるレチノールクリームです。

エイジングケアに取り組む女性が、レチノールを取り入れる事によって高い効果を感じて、口コミで評判になるのも頷けますね。

ビーグレンのレチノールがおすすめです☟

レチノールクリームの副作用とリスクも視野に!

副作用

ここまででもいかにレチノールが持つ、ビタミンAのエイジング効果が高いのか、理解していただけたと思います。

老化やエイジングを意識する女性には、是非おススメしたいクリームがレチノールなのは、間違いありませんが濃度の高さによっては、高い効果の対象として副作用のリスクも、ある成分である事も説明しました。

このリスク(副作用)までを、しっかり把握して取り入れる事が実に重要なポイントなので、今一度濃度の高さによってあり得るだろう具体的な副作用を紹介します。

副作用
・肌乾燥
・皮膚の炎症
・肌荒れ
・痒みを感じる

勿論これらの副作用は個人差や肌質に加え、何度も言うレチノールの濃度の高さが大きく左右します。

美容医療レベルで使用されるレチノイン酸を、使用すればより高い効果が期待できる変わりに、強い副作用のリスクも心配する必要があります。

その為、高濃度でのレチノール治療には、信頼の置ける医師の診察の下、治療することが最も重要だとも言われているのです。

逆に低濃度のコスメでしっかりレチノイン酸、良い所を取り入れてながら、高い美肌効果を期待できる化粧品もあります。

化粧品として取り入れるなら、余程強い副作用は心配ないと思いますが、初めてレチノールを使用する人には、低濃度でもお肌に耐性が出来てない間は、これらの副作用を感じる方も見える可能性があります。

この反応をレチノイド反応というそうです。

ビーグレンのレチノールなら副作用の心配はありません!
レチノール美容液おすすめ化粧品!しわとハリに完璧エイジングケア

レチノールクリームの正しい使用方法

額にシワ

私個人はビーグレンのレチノールで、エイジングに目覚めた一人なので、その他のレチノールを使用した事がありません。

その為今回は私おすすめのビーグレンのレチノール美容液、使用での方法を紹介します。

朝バージョン

今でも午前中のお手入れにレチノAを使用すると、かなりお肌がピーンと張った感覚と、軽い乾燥感覚は否めません。

その為意識することは、絶対いつもより保湿対策をしっかり行う事。

そして1番重要なのが効果が高いビーグレンの、レチノAなので必ず熱に弱い特徴がある成分、レチノール成分を使用した時は一年中の、日焼け止めを使用すること。

夜バージョン

朝同様しっかりレチノAを使用した後は、あくまで美容液なので最後は保湿力のあるクリームで、お肌を保護して保湿対策を怠らないこと。

レチノール初心者程、最初は少し気になるレベルの、乾燥感に多少の違和感を感じるはずです。

私自身も使用初期はパーンと肌が引っ張られる感じと、同時に感じる乾燥感が、かなり気になりましたが、それでも使用を止めませんでした。

その理由は簡単です。

これまでに感じた事のない、強めの肌のツッパリ感との言える乾燥を感じつつも、それと相反するように我が目に見える、超毛穴レスな美肌力が、間違いなくレチノールの威力だと思えたから。

ビーグレンのエイジングケアがおすすめです☟

レチノールクリームは目元や額のシワ毛穴もツルツル効果あり

レチノールとは?

原因

ビタミンAの事でレチノール・レチナール、トレチノイン酸を総してレチノイドとも、ビタミンAとも言われます。

ビタミンAとは人間の血液中にも存在し、そのほとんどがビタミンAだと言われます。

そして、その種類は濃度によって分かれます。

レチノール種類と効果や特徴が知りたい!

以下が代表的なレチノールとして、医薬部外品や化粧品に分けられて、使用されています。

種類 効果や特徴 副作用
レチノイン酸 ターンオーバー促進効果が1番強力で小じわ・ニキビ・ニキビ跡・毛穴の開き・シミ・怪我や術後の色素改善効果もある 強力なターンオーバー効果によって刺激が強く肌荒れリスクも1番高い
レチノール 上に同じくより緩やかな効果となるが濃度により効果の程は高い程効果が高く低い程効果が少ない 高濃度は副作用あり(医師治療)

低濃度は副作用は少ない(1%未満)

パルミチン酸レチノール レチノールにパルミチン酸をプラスすることでより高い浸透力ある成分となる(化粧品に多い) レチノールの中でも刺激が少なく安定性に優れていて副作用も高配合意外の成分であればほぼ安全性が高い
酢酸レチノール レチノールに酢酸を合わせて安定性を高めた成分(化粧品に多く使用) 高配合の成分意外は安全性が高い
ピュアレチノール 即効性に優れ浸透力も高く1番レチノールの効果に近いとされている 刺激は比較的強いリスクがある
レチノイン酸トコフェリル レチノールの一種で効果もほぼ同じ効果を期待できる成分で安全性を高めつつ、しわ・しみ・ニキビへの効果は維持された成分 お肌の刺激が少ないため目元や口元の皮膚の薄い部分にも使用しやすい成分
シラスフィアレチノール 天然ビタミンEをレチノールに配合された成分でマイルドな効果がある 刺激はほぼ無いタイプ

 

ビーグレンのレチノA成分と美肌効果

レチノール

お分かりですか?

上の表でも説明したピュアレチノールと、レチノイン酸トコフェリルを使用してます。

ピュアレチノールは即効性と浸透力の高さがあり、レチノイン酸トコフェリルはレチノールの効果を、そのまま安全性を高めた成分です。

どちらかと言うとピュアレチノールに刺激が強く、リスクがあると言われる成分でもあります。

確かにこのレチノA使用後は驚く程のハリツヤ効果と、その即効性に驚くレベルでした。

それと同時に感じた違和感として、1ヶ月程の強い違和感を、感じるレベルの乾燥を感じたのも事実です。

でも、かなり敏感肌で乾燥肌の私が、それを超越する美肌効果を感じる、このレチノAを使用してから今まで、欠かす事の出来ない美容液になっています。

このレチノイド反応は2ヶ月くらいで収まります。
(結構長いですが、美肌効果が凄くで無視できます)

個人的にはエイジングを意識する女性には、軽い副作用(レチノイド反応)と言う多少のリスクを、加味してもレチノAは自宅ケア出来る、最強のエイジングケアだと思います。

ここまで目に見える美肌効果が、最速で出るコスメも珍しいと思います。

是非まずは自分のお肌で体感して欲しいですね。

まずはお得なトライアルからチャレンジしてください☟

トレチノインとハイドロキノン東大式塗り方の正しい使用期間

レチノール副作用まとめ

レチノールのエイジング効果は
1:しみ・しわ・毛穴・たるみ・ニキビ・ニキビ跡
  にも効果がある。

2:レチノールの効果は濃度の濃さによってより高い
  効果があるがそれと比例してリスクも高くなる。

3:レチノールの中でもより安全で高いレチノール成分
 の美肌効果を期待できる成分を見極めて使用することで
 副作用などのリスク回避をする。

4:レチノールでお手入れ開始したら必ず日焼け止め対策を

5:レチノールを塗ったらしっかり保湿対策も意識する。

6:レチノールデビューの人ほど初回のレチノイド反応を
 上手く回避するようあまり乾燥感が酷い時は量を少量
 使用したり、夜だけのお手入れにするなどして調節する。

ビーグレンCセラムだけ単品使用でもビタミンCの効果が止まらない
ビーグレンCセラムが毛穴ケアに絶対おすすめの理由5つ!
ビーグレンはどのくらいの期間で効果出る?トライアル2日目です
要注意

超乾燥肌の人やお肌が敏感な人は、あまりに強い刺激や乾燥を感じた場合は、無理をせず、しばらくの使用を止める事や朝の使用をやめ夜だけの使用にしてみましょう。

当然、赤みや炎症などの痒みを伴うリスクも、ある成分ですので、そのような症状が出た時は一旦使用辞めて、信頼のおける皮膚科医の診察を受けましょう。

ビーグレンなら万が一のトラブルの時でも
365日の返金保証付きなので
トライしてみて下さい。

この美肌効果が7日間あれば充分感じる事が出来るはずです。

私も若い頃からアレルギーでしたが、ありとあらゆるコスメをトライアルから、購入してきましたが、これほど明確に美肌効果を感じる事が出来たコスメは
ビーグレンが初めてです。

定価6,422円のトライアルセットが5つの
効果的なセットで1,800円!

もう他が使えない!

と思えるレベルの化粧品なので、まだレチノールを使用した事が無いけど興味ある~という人にこそ、ビーグレンのレチノAおすすめしたいと思います。

レチノールクリームを上手く取り入れて美肌をキープしよう!

艶肌

レチノールクリームには間違いなくエイジング効果として、お肌の張りや小じわにダイレクトな効果があります。

細かな副作用や注意点もあるものの、個人的にはお肌に余程のトラブルを、抱えていない限りは多少のリスクを押しても、チャレンジして取り入れる事がおすすめです!

今もっとも自宅ケアで行える、エイジングコスメで、若々しく瑞々しい美肌を保てる稀有な成分だと思います。

このセットにあるセラムC(ピュアビタミンC)と、レチノA(レチノール)の効果が半端ないです。

トライアルなら通常6412円のところ1800円でしかも万が一のお肌に合わない時は365日間の全額返金保証付き!

是非少し攻めのエイジングケア初めてみませんか?7日間で充分効果を感じられるのでまずはトライアルから♪

是非上手く取り入れていくつになっても、諦めない若さと、美肌を目指してお手入れにトライして欲しいですね。

ビーグレンのレチノAのレチノール効果で毛穴と額のシワが飛ぶ
首のシワの原因は生まれつきひどいがレチノールは効果出そう
ビーグレンはしわに効果大!口コミとエイジングケアの美容液効果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 妊婦副作用
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。