ハイドロキノン治療効果期間と休薬期間に美白持続期間の徹底解剖

この記事は4分で読めます

乾燥肌

美白ケアやシミ治療に用いられる事で高いシミや
美白効果があると知られるハイドロキノン。

でも一番気になるのはハイドロキノンでシミ治療や
美白にかかる効果の期間はどれくらいなの?

ハイドロキノンの特徴でもある休薬期間ってどれくらい
空けるのが効果的?

そして一度取れたシミや美白効果の持続期間は一体
どれくらいあるのか?

美白やシミには今では欠かせない成分ハイドロキノン
使用に際する要の効果の期間に関する情報を徹底解剖
してみましょう。

自宅ケアならビーグレンがおすすめです☟


ハイドロキノン美白治療

ビタミンCやアルブチンにコウジ酸などの従来の
美白成分と比べて10倍から100倍もの美白効果がある
と評判のハイドロキノン。

ハイドロキノンの美白治療にはトレチノインと言う
お肌のターンオーバーを強制的に早めて剥離した部位
に漂白剤と言われる程の強力な美白剤であるハイドロキノン
を併用してシミや美白効果を引き出す治療法です。

ハイドロキノン単体ではこの強い美白治療にはなり辛く
より美白の効果を上げる為にトレチノインと言う肌再生
効果のある成分を合わせた治療がメインとされています。

この場合のハイドロキノンの濃度は4%~5%がメインです。

この4%~5%は医師の指導の下でしか使用できない高濃度
の配合量となり具体的にしっかりこのシミが取りたい等の
強い希望がある人にレーザー治療などを組み合わせて使用
することが多い成分でも知られています。

ハイドロキノン治療の医療と自宅ケアの2社選択?

ハイドロキノンには治療と呼ばれる医師の診察の下
配合してもらう高濃度なハイドロキノンとトレチノイン
治療の本格美白シミ治療があります。

一方で2001年から厚生労働省の認可が下りて化粧品にも
2%までの上限でハイドロキノンの配合が許可され現在では
その成分の扱いにくいさから、それほど取り扱いは多くは
ありませんが以前の美白成分にプラスして今ではハイドロキノン
の高い美白効果で知られる成分となっています。

ですので結論からしてハイドロキノン治療には医療のケアと
自宅ケアとの2者選択が可能な時代となっている事になります。

ハイドロキノン治療医療機関での効果期間

より高い効果は濃度の高さと本格的医師の治療の下
行われる医療機関でのハイドロキノン美白治療です。

近年では個人輸入で安価で購入して自宅ケアの一環と
して取り入れて美白治療に取り組む人も多いみたいですが
医療機関で治療を受けた事がある私には到底考えられません。

医療機関でもリスク(副作用)の大きさに我慢出来ず
挫折している私ですので自己判断でのハイドロキノン
は基本おすすめしてません。

安心安全のビーグレンがおすすめです☟


ハイドロキノン治療の即効効果の目安期間

これは個人差がありますが平均的な回答として
目安で紹介されている期間になります。

あくまで目安として読み進めて下さい。

最大治療期間に8週間から12週間(3ヶ月)を要します。

最初の10日から2週間でかなり強いお肌の赤身や痒み
に剥離状態という皮むけ状態となりその後も治療を継続
してしっかり効果を感じる期間となると最短で2ヶ月。

最長で3ヶ月が目安だと思います。

もちろん個人差はあり、耐性無し(初めて)耐性あり
(治療2度目)などの状況によって多少の美白効果に差は
あると思いますが、しっかり剥離(赤み、痒み)の経過
があってからの2ヶ月後から3ヶ月が効果の表れやすい期間
だと言われています。

ハイドロキノン治療の特徴休薬期間とは?

そして重要なのがこの休薬期間です。

ハイドロキノンやトレチノインには耐性があり継続して
使用することで耐性が出来てお肌が慣れて効果が薄れると
いう特徴があります。

その為最短2ヶ月から最長使用3ヶ月を目安にして
1ヶ月から2ヶ月の休薬期間を設ける事が奨励されています。

これは医師の治療の下も、万が一のチャレンジャーで
個人輸入で自己治療をする人も同じです。

正しく休薬期間を設けて、その後美白をもっとしたい
もっと綺麗にシミを取りたい~などの場合は休薬後に
再開して同じ治療をするのがベストです。

この治療には休薬期間は絶対必要と言われています。

ビーグレンなら年中無休で使用できます☟


ハイドロキノン治療の美白持続期間が気になる

そしてここもかなり重要ですよね。

一度美白出来た顔の持続期間。

当然美白治療に成功したからといい家に引きこもっている
状態ではないのでまた微量でも紫外線を浴びる中で日々
お顔も紫外線にさらされています。

とは言え一度白くなったお肌は永遠とも言えないようで
やっぱり1ヶ月や2ヶ月で効果がなくなると言う事はないが
適切なスキンケアでお手入れすることで持続の継続は可能
だが永遠ではない。

繰り返し行う事で美白やシミケアへの効果を確実なモノとして
お手入れを行う事が持続させる秘訣なのかもしれません。

ハイドロキノンの美白治療は繰り返しケアでもある

高い美白効果があるハイドロキノンとトレチノインの
美白治療は3ヶ月以上の継続使用は上記の通り出来ず
(お肌の耐性で効果の減少がある為)

最低1ヶ月から2ヶ月、2ヶ月程がベストと言われる。
の休薬期間を開けてお肌の負担を減らす事。

その上で再度この治療をインターバルとして繰り返す
事で確実な美白効果が期待できるとされている。

ハイドロキノンとトレチノイン治療の注意点

上記での治療法でシミや美白治療を行っている最中や
治療後も絶対気を付けるベきは紫外線です。

ハイドロキノン使用によってメラニンの生成を遅らせる
為紫外線への防御力が弱くなりシミや皮膚がんの危険性も
グッと高まると言われています。

こうした性質上を考慮して絶対ルールがこちらです!

・ハイドロキノンの昼間使用はしない
・紫外線対策を行わらない
・レチノールの使用は最大8週間
・ハイドロキノンとトレチノイン治療の上限期間は3ヶ月
・2ヶ月の休薬期間を持つ
・インターバルとしてこれらをくり返し美白シミ治療を徹底

ハイドロキノンならビーグレンが安心の美白美肌効果

このような高い効果があるハイドロキノンですが
個人的には治療ではない化粧品でのケアで高い効果
があると評判のビーグレンのハイドロキノンケアが
おすすめです。

化粧品の許容量2%ギリギリの1.9%配合ですがビーグレン
独自の浸透技術Qusomeの特許技術で配合量4%と変わり無い
効果が期待できると評判のビーグレン。

シミに特化したクリームホワイト1.9以外のコスメの
総合力も実に高くトライアルからのリピート率は驚異
の98.5%です。


ビーグレンなら
・副作用の心配なし
・スポット使用でなく全顔使用OK
・オールシーズン年中使用OK

そして確かな美白力でワントーンアップは確実の
ビーグレンなら自宅ケアしながらじっくり美肌ケアと
美白を叶える事が出来るので一石二鳥ですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 原因
  2. リスク
  3. レチノールが凄い
  4. 原因
  5. ユークロマ
  6. 妊婦
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。