ハイドロキノンの使い方シミ治療とスキンケア化粧品の効果と違い

この記事は4分で読めます

レチノールが凄い

今や美白治療やシミ治療に使用される事が一般的と
なったハイドロキノン。

その使い方は大きく分けて医療機関での治療法と
スキンケア化粧品で自宅ケアとして行える使い方
の二つに分かれると思います。

治療期間でのハイドロキノンと化粧品での大きな
違いと効果やリスクについても調べてみようと思います。

ビーグレンのハイドロキノンもおすすめです☟
[b.glen]シミを消す!QuSomeホワイトセット

ハイドロキノンのシミ治療使い方!

ユークロマ
従来の美白成分より、より高い美白効果があることから
2001年の規制緩和によって化粧品にハイドロキノンが使用
出来るようになってからは、化粧品としても使用される成分
となりました。

そんな中でも本格的なシミ治療として使用するハイドロキノン
を用いた治療法を紹介したいと思います。

ハイドロキノンを用いたシミ治療にはまず、単体での
ハイドロキノンで使用することはまずなく、トレチノイン
との併用にてシミ治療をする事が大半です。

では改めてトレチノインとハイドロキノンについて
少々説明しましょう。

ハイドロキノン治療にはトレチノインが必要不可欠

トレチノイン
ハイドロキノンの働きはシミの原因であるメラニン色素の
合成を阻止する働きがありその高い美白効果は従来のビタミンC
やアルブチンコウジ酸などの10倍から100倍の効果がある。

ただこの効果を確実なモノにするために効果的な働きを
する肌再生能力があるトレチノインを併用します。

トレチノインには通常の表皮のターンオーバー4週間を2週間
に促進する効果がありメラニンの排泄を亢進させる効果があります。

だけど新たなメラニン産生を抑制する力のないトレチノインに
それを補える強い漂白効果とメラニンの産生を抑制する力の
強いハイドロキノンを合わせる事で確実なお肌の美白やシミ
への効果が高く期待できる治療として使用されています。

ハイドロキノンとトレチノイン治療使い方

副作用
1:乾いた患部(シミや肝斑)に綿棒で幹部からはみ出さない
ように薄めにトレチノインを塗ります。

2:トレチノインが乾いたらその後ハイドロキノンを先ほどの
患部よりやや広めに塗りましょう。(はみ出る感覚で)

朝晩これの繰り返しです。

ステップ1のトレチノインの反応が(副作用)として
出れば成功、赤みや痒みが出ない場合はトレチノインの
濃度を上げる必要があります。

お肌が炎症して剥離することで次のハイドロキノンの
効果が正しく作用します。

炎症などの反応が無い場合は濃度を上げるなどして
やり直しです。

こうして炎症を起こした患部にハイドロキノンを塗り
続け2週間から6週間で色素斑(赤みや紫色)が収まったら
トレチノインの使用を止めてハイドロキノン軟膏だけにする。

このハイドロキノンも6週目から2週間で使用を一旦停止する。

ここで1ヶ月から2ヶ月のトレチノインの休薬期間を設ける。

理由はトレチノインの耐性を取り除いてから再度同じ治療を
することで更なる効果が期待できるため。

ハイドロキノンで効果があるシミの種類を知る

・肝斑
・雀卵斑(ソバカス)
・炎症後色素沈着
・日光黒子(老人性色素斑)
・扁平母斑(へんぺいぼはん)茶色いアザ

角質の肥厚や真皮メラニン沈着ではレーザー治療との
併用をする場合の治療が多い。

ハイドロキノンには副作用もある

レチノール
これが一番の問題ですが、逆説的に言うとトレチノインに
よる皮膚の剥離効果が炎症や赤み、痒み刺激を受ける事で
皮膚にトレチノインの効果が出ている現象でもある。

この副作用が全くない場合は、トレチノインの濃度を上げて
皮膚に刺激を与えて剥離を施すので、副作用はあってしかり
とも言える。

主な副作用としての症状は

かぶれ・赤み・刺激・はれ・かゆみ・アレルギー
色素沈着・色抜け・乾燥

これらはハイドロキノンとトレチノインを用いる治療には
欠かせない副作用として効果のバロメーターにもなっている。

ただこの痒みは赤みは想定外に強い副作用なので
我慢出来ない人も見えると思います。

私は我慢出来ず途中リタイアしています。汗

猛烈な痒みと赤みで、とても繰り返し同じ部位に
塗り続ける自信が私にはありませんでした。

成分特徴も

ハイドロキノンもトレチノインのどちらも安定性が悪く
酸化しやすい成分です。

その為開封から1ヶ月での使い切り。

高純度や長期大量使用の場合、日光を浴びて色素沈着が
起こるケースもあります。

この治療期間は必ず季節を問わずUVケアが必須です。

それと僅かな可能性ではありますが白斑や(白抜け)
の可能性もあります。(濃度5%以上を使用による)

美白ケアならこちらこおすすめです☟


ハイドロキノンスキンケア化粧品おすすめ

ホワイト
個人的におすすめするには、やっぱり高い美肌効果と
シミや色素沈着にも高い口コミ効果があるビーグレンの
ホワイト1.9のハイドロキノンクリームです。

短期間で、『このシミが速攻取りたい!』と言う人には
むいてないかもしれませんが、ビーグレンの凄い所は
化粧品配合が許可されているギリギリの2%に対しホワイト
1.9は1.9%ハイドロキノンを配合。

プラスドクターズコスメの一番の特徴でもあるQusome
浸透テクノロジーでナノ化させたハイドロキノンを
極小カプセルに閉じ込めてお肌の奥深くまで浸透させる
処方を確立してます。

このQusome(キューソーム)処方によって1.9%配合
ハイドロキノンは4%~5%の濃度と同じ効果が期待
出来ると言われる程美白力が高いと言われています。

4%~5%は医師の診察の元でしか配合出来ない濃度
なのでより高濃度な美白成分を確実にシミや美白へと
働きかける事が可能なクリームでもあります。

そしてもう一つ個人的におすすめなのはトータル
での美肌力の高さです。

洗顔、ローション、美容液と、どれも一様にレベルが高い。

その脅威の美肌力はトライアリキットを使用後の
リピート率が脅威の98.5%である事からも明らかです。

是非7日間のお得なトライアルでスピーディーな
美肌力お試し下さいね☟


ビーグレンホワイト1.9の使い方

whitecare_trialset
ビーグレンホワイト1.9の使い方は簡単です。

美容医療や皮膚科医が処方するハイドロキノンとの
大きな違いはシミなどのスポット使い(部分使用)が
大半なハイドロキノンとトレチノイン治療な事に対して
ビーグレンホワイト1.9は全顔使用です。

むしろスポット使用ではなく全顔(顔全体に使用を推奨)
しています。

そして紫外線に当たると酸化したりする性質の成分で
ある事から昼間の使用はしません。

完全に夜専用の美白クリームです。

洗顔、ローション、Cセラム美容液の後にゲルなど
軽めの保湿剤を使用したら最後にホワイト1.9を
顔全体に使用しましょう。

明るく透明感のあるお肌へと生まれ変わります。

トライアルケアで充分効果が実感できると思います☟


ビーグレンホワイト1.9に効果が期待されるシミ

原因

ここも重要ですよね?シミ取りは美白に真剣に取り組みたい
人には必見の内容です。

可能な限り口コミ評価の多いビーグレンの口コミコメンと
ビーグレン公式ページから調べてみました。

・出来て日が浅いシミ
・肝斑
・色の薄いシミ
・顔全体の色素沈着

これらには高い効果があると言われています。
(もちろん個人差はあります)

ハイドロキノン治療と化粧品の1番の違いとリスク

乾燥肌
それでは最後になりますがハイドロキノン治療と
化粧品としての1番の違いとリスクを最後に説明
したいと思います。

やはりハイドロキノンを使用しての治療と化粧品に
含まれるハイドロキノンの大きな違いはその濃度
あると言えるでしょう。

医療機関でのハイドロキノン治療は4%から5%の
濃度を使用
してトレチノインと言うメラニンの排泄を
亢進させる成分と併用して高濃度ハイドロキノンで
シミなどを漂白する形の治療をします。

対する化粧品でのハイドロキノンは安全圏内と言われる
配合量2%までの低濃度を月日をかけてじっくりと浸透
させて浅めのシミや色素沈着、顔全体の美白ケアなどに
取り組む。

この違いだと思います。

もちろん効果が高いのはダイレクトには医療治療で
その分副作用な金銭的リスクも高い傾向になります。

対する化粧品は効果は緩やかになりますがリスクも
低リスクです。

まずは緩やかながらにダイレクトな美白力があると
言われるビーグレンで美白ケア初めてみませんか?

是非継続することで顔全体のトーンアップを感じて
貰えると思います。

まずはお得なトライアルがおすすめです☟


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 妊婦
  2. 乾燥肌
  3. リスク
  4. 原因
  5. 原因
  6. ユークロマ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。