ハイドロキノン配合の市販化粧品おすすめ美白ケアクリームの特徴

この記事は5分で読めます

原因

美白ケアが大好きな女性の為に今一番美白に効果があると
言われる成分がハイドロキノンである事は美肌通ならご存知
の方が多いと思います。

ハイドロキノンには医師の診察の元、治療として使用
されるハイドロキノンと化粧品として市販される自宅での
美白ケアが叶うハイドロキノン入り。

どちらも経験した私が行きついたおすすめの市販化粧品の
ハイドロキノンと現在市販されているハイドロキノン入り
化粧品を同時に紹介したいと思います。

おすすめトライアルを直ぐ見たい人はこちらから☟


ハイドロキノン配合の市販濃度の限界

ハイドロキノン配合の市販濃度の限界は2%までが
化粧品として使用される事が2001年の更生労働省に
より許可されてから一般的に使用されるようになった。

化粧品に配合してもいい限界は2%です。

それ以上は皮膚科医や医師の診察と処方の元4%~5%
までの配合を処方される事が多い。

そういう背景からも市販される化粧品の限界濃度は
2%までとされている。

ハイドロキノンの美白の威力

かなり強い美白効果がある事で知られています。

従来の美白成分として有名なビタミンCやアルブチン
コウジ酸などに比べるとその美白の威力は10倍から
最大100倍もの効果がある。

それゆえ近年では、ハイドロキノンを好んで美白治療や
美白ケアに取り入れる女性が多いと考えられる。

それはそうでしょうね。

美白したい、シミが取りたいと願う女性が効果が
10倍や100倍と聞けば誰でも効果の高い方を望む
のが一般的だと思います。

ハイドロキノン市販化粧品に求めるもの

ここかなり重要です。

美白効果の高いハイドロキノンとは言ってもハイドロキノンを
使用してシミが取りたいのか?

それとも顔全体の色素沈着を解消したいのか?

顔全体のトーンアップをしたいのか?

この辺りの自分が目指す目標や理想と最終的なゴールを
しっかり視野に入れてお手入れをする事が重要です。

だって用法容量によってはやっぱり無理難題な場合も
あるじゃないですか?

適正をしっかり見極めてどう考えても美容皮膚科医で
高濃度なハイドロキノン配合を処方とレーザー治療を
併せて取れるだろうシミ治療を化粧品配合のハイドロキノン
でチビチビ様子を見ても効果は絶対無いとは言い切れない
までもゴールが遠くなるのは目に見えていますよね?

この辺りをしっかり見極めて、日頃のお手入れにプラス
アルファ―として長い目で美白ケアを取り入れるのが
市販化粧品に求めるべきゴールかな~と思います。

だって美白ケアでなくても美肌の為には毎日スキンケア
するのは朝晩誰もがするお手入れなのだから。

ハイドロキノン配合化粧品おすすめ美白ケア

基本的に私は自分が使用して良かったという化粧品や
方法しかこのブログでは紹介いたしません。

そうした意味でも全てのハイドロキノン配合化粧品を
使用した事がある訳ではありません。

でもコスメマニアとしてありとあらゆる高額コスメに
過去投資してきた美肌マニアとしては美肌に確実に
効果のあったコスメだけをしっかり紹介したい。

その理念から私が紹介するのはビーグレンの
ホワイト1.9クリームがおすすめです。

ビーグレンに関しては、私がお気に入りの美容液は
レチノールも大好きなのですがハイドロキノン配合
ホワイト1.9も超敏感肌で乾燥肌の私が安心して使用
出来るという点では美白化粧品として取り入れるには
おすすめの化粧品です。

何より安心安全である事。

しっかりお肌に透明感が出てワントーンアップ効果
がある事。

そしてもう一つの大のお気に入りの理由が即効性が
ある事。

これはホワイト1.9クリームに関わらず基礎ライン
化粧品のスペックが高いという意味です。

気になる方はホワイトケア7日間トライアルで体感してください☟


ビーグレンホワイト1.9美白クリームの特徴

ビーグレンのホワイト1.9の美白クリームの特徴を
紹介します。

・朝使用はせず夜専用美白クリームです
・スポット使用ではなく全顔使用
・ハイドロキノン1.9配合だけど独自のQusome技術で4%配合と同レベル
・低刺激で副作用の心配無し
・耐性が出来るハイドロキノン治療(高濃度)と違い年中使用可能

ビーグレンホワイト1.9ならリスクほぼ無し

副作用の心配がほぼないのと、継続することで効果を
発揮するホワイト1.9なら2ヶ月に1度休薬期間が必要な
ハイドロキノン治療とは違い年中使用が可能なのも魅力です。

後部分使用が基本のハイドロキノンが全顔使用できるので
ワントーンアップ効果が分かりやすいです。

高濃度配合のハイドロキノンが白抜けなどの(白斑)
の心配は酷い赤みやかゆみ炎症などの副作用がある
ハイドロキノン治療に比べてビーグレンならその心配は
ほぼありません。

かなり敏感な私が大丈夫なので大半の人は大丈夫だと思います。

ビーグレンホワイト1.9でケア出来る美白ケア

ビーグレンホワイト1.9のケアで効果的と言われている
シミの種類もしっかり把握しておきましょう。

ホワイト1.9のシミの適正範囲
・出来たばかりのシミ
・肝斑
・色の薄いシミ
・顔のワントーンアップ

逆に考えると効果が期待出来にくいシミは?
・色の濃いシミ
・幼少期からあるソバカス
・色が濃く皮膚に凹凸があるシミ

ビーグレンホワイト美白ケアならトータルで肌の底上げ

このようにビーグレンホワイト1.9の美白ケアでは
取れそうなシミと無理っぽいシミの適正も理解した
所で無理そうなシミがある場合はさっさと皮膚科医に
かかって治療をする事をおすすめします。

でもビーグレンのホワイト美白ケアの良い点も。

ビーグレンのホワイト1.9の一番の良い所は個人的には
全顔使用できる所だと思います。

濃いシミや突起したシミには効果はあまり期待できない
と言われますが色素沈着などでくすみガチになる年齢
肌には顔全体のトーンアップや透明感アップがどれ程
美肌としての肌の底上げとなるか。

そう考えた時、通年劣化を意識しだす年齢肌や紫外線
に晒される女性にとってお顔全体を美白出来るハイドロキノン
入りクリームはそうそうないからです。

そしてビーグレンの良い所は他の基礎アイテムも
総合で美肌効果のスペックが高い事。

美白だけでなく、毛穴ツヤ、ハリキメなど総合的な
視点でお肌を美肌へと導いてくれるアイテムが揃って
います。

是非あなたのお肌でお試し下さい☟


使用すればわかる即効性も魅力の一つです

美しい肌の条件ツヤと・ハリ・毛穴・透明感

シミやソバカスや肝斑の無い一点の曇りもないお肌が
美しいのは当然ですが、美肌の条件を改めて考えて
みましょう。

シミやソバカスの無いくもりの無い白いお肌は美しい
ですが、ツヤもハリも無く白いだけのお肌や白い
だけで毛穴が開ききって透明感の無い塗り壁のような
ツヤの無いお肌は魅力的だとは言いずらいですよね?

やっぱり生身の人として透明感のある魅力的な美肌は
艶やかでハリがあり毛穴の無い透明感のあるお肌。

ツヤやハリが大事なのは言うまでもありません。

ビーグレンの優秀な所はこのツヤやハリ、毛穴レス
効果が美白ケア以前に凄い所です。

私も当初使用したとき、最初のトライアルは
エイジングケアシリーズで美白ケアは後から知って
購入したアイテムです。

基礎となる洗顔、ローション、Cセラムのこの三点
スペックがまず高い。

毛穴レスでツヤとハリを叶えて透明感のあるお肌へと
導いてくれるアイテムです。

それだけでも充分魅力的な美肌になれるのですから
ハイドロキノンの美白ケアはオマケ的な感覚で取り組んで
います。

是非美白とハリツヤ効果のあるビーグレンをトライアルで
まずは実感してください☟


ハイドロキノン化粧品一挙紹介

やっぱりビーグレンに並んで人気のハイドロキノンと
言えばこれは外せないでしょう。

・アンプルール
ラグジュアリーホワイトシリーズには5品目
全てにハイドロキノンが配合されています。

ハイドロキノンも配合量2.5%と高濃度。

詳しくはこちらからどうぞ☟


・オバジ(OBAGI)ニューダームシステム
このアメリカ生まれのオバジもかなりの高濃度4%の
ハイドロキノンを配合。

化粧品でこの高濃度は大丈夫なのかな~と思いつつ・・・
美白効果はかなり高いと評判にはありました。

・オバジHQ ブライトニングナイトセラム
これもなどで購入できるハイドロキノン配合
コスメで何故かハイドロキノンの配合量が非公開
なのが個人的には恐ろしい気もしますが、4ヶ月程の
使用で美白への効果があるとの評価があるようです。

紹介しといてなんですが、やはりハイドロキノンという
高い美白効果がある成分なので配合量非公開は正直
リスクを考慮してもやっぱり気軽に自宅ケアで取り入れる
には恐ろしいかな~と思います。

ちなみに私は美容医療機関でのハイドロキノン治療と
(途中挫折してます)
ビーグレンのホワイト1.9クリームしかハイドロキノンは
使用した事がありませんので、あくまで自己判断で
調べて使用してみて下さいね。

私は安心安全の美白力とトータルでの美肌力で
ビーグレンのホワイトケアをますはハイドロキノン
初心者の方程おすすめしたいと思います。

公式ページはこちらから☟


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 乾燥肌
  2. 原因
  3. リスク
  4. ユークロマ
  5. 妊婦
  6. レチノールが凄い
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。