レチノールクリームはニキビ肌やニキビ跡にも効果がある

この記事は6分で読めます

ニキビ肌

アンチエイジングコスメとしてビタミンAを成分に持つ、レチノールがシワやハリに効果がある事が、エイジング化粧品の成分で、話題になっています。

でもレチノールに含まれるビタミンAの効果は、ニキビやニキビ跡にも効果がある成分、と言う事を知ってましたか?

レチノールの持つ効果はエイジングだけでなく、ニキビ肌やニキビ跡の改善にも効果があります。

長年大人ニキビに悩む女性達にも、エイジングケアの効果や成分を含む、レチノールが持つビタミンAが、どうニキビやニキビ跡に悩む女性の救世主となるのか?

今回はレチノールの持つビタミンAが、ニキビにどう美肌力を発揮するのか、紹介したいと思います。

直ぐにお試ししたい人はこちらから☟


レチノールがニキビやニキビ跡にも効果があるの根拠

原因

まずは結論からレチノールの持つ成分(ビタミンA)が、ニキビやニキビ跡に効果がある事が、皮膚科医の治療の一環として使用されている事からも証明されてます。

正しくはニキビ肌の改善をさせる働きがレチノール(ビタミンA)にあるとされています。

日本で認められているビタミンA(レチノール)の、塗り薬は限られていますが厚生労働省から、許可されている同じ成分を持つレチノイドはこちらの3つです。

1:レチノール
2:酢酸レチノール
3:パルミチン酸レチノール

これら3つの日本で許可されている
レチノールの事をレチニールエステルと言います。

アンチエイジング効果の高さから、シワやハリに効果があるレチノール成分は、実はニキビやニキビ跡にも効果があると言われているのです。

具体的な作用としての効果を紹介します。

1:ピーリング効果

ビタミンAであるレチノールは、人の血液中に皮膚や粘膜を健康に保つ働きを持っています。

同時に血液中でレチノールからレチナールへと変化し、最終的にはレチノイン酸へと変化します。

このレチノイン酸が「ターンオーバーの促進」をすることがお肌の表皮を新しくする効果となり、肌くすみや肌の黒ずみの原因ともいわれる、皮脂や細胞の入れ替わりをピーリング効果によって、角質除去を促進する働きがあります。

2:コラーゲン効果

先程のダイレクトなピーリング効果で、ターンオーバーの促進効果で活性化された、真皮にある線維芽細胞も影響を受けて刺激を受けます。

適度な刺激を受けた、コラーゲンやエラスチンが、活性化され結果その効果によって、お肌の張りや水分量に保湿力が高まり、艶のある美肌へと導きます。

3:毛穴とキメ

お肌のピーリング作用によるターンオーバー促進効果と、過剰な皮脂や角質を分泌させる働きによって、「皮脂腺」の働きを抑えそれによって毛穴詰まりを、解消しキメを整えてくれるのです。

結果これらの3つの
「ピーリング効果」「コラーゲン効果」「毛穴とキメ」を整える効果があるレチノールは、当然ニキビの原因となる毛穴詰まりや過剰な皮脂の抑制へとつながり、ターンオーバーを促進させる効果との、相乗効果と相まってニキビにも効果があると考えられている。

まずはお得なトライアルキットから☟


ニキビ跡には効果があるの?

ニキビ跡

それでは出来ているニキビと違い、長年ニキビ肌に悩んでいる女性の多くが解消出来たら~と、思うニキビ跡にはレチノールで効果があるのか?

出来ているニキビとは違い繰り返し出来て、跡となっている状態のニキビ跡に、レチノールの持つ成分で効果があるのか?

こちらおまずは結論から、ズバリ効果はあるようです!

但しニキビ跡とは言ってもその症状は幅広く、大きく分けると5つのタイプに、分かれると言われます。

そしてそれらのタイプそれぞれにあった治療がありますが、今回のレチノール成分が適正な、効果があるとされるのが
赤味タイプのニキビ跡と色素沈着化された紫や茶色に変色している状態の、ニキビ跡に効果があると言われています。

このようにニキビ跡とは言っても、大きくは5つのタイプに分かれて、タイプがあるのでまずは自分のニキビ肌が、どんなタイプのニキビ肌なのかしっかり見極める事も重要なポイントです。

ニキビ跡3つのタイプ別色々とは?

ニキビ跡

ではニキビ跡のタイプによって、その治療法も変わるので、どんなタイプがあるのか改めて調べてみましょう。

今回のニキビ跡でレチノールの効果があるとされるのが

赤みタイプと★色素沈着(紫・茶色等)

他3つのタイプがこちらです。

★クレーター(凹凸タイプ)
★ケロイドタイプ
★しこりタイプ

赤みタイプ
まずレチノールクリームで効果があるとされている、赤みタイプはニキビが出来て6カ月以内のもので、炎症が残っている状態をいいます。

6カ月から1年の経過があっても、赤みが消えない場合などは、皮膚の表皮及び真皮の層が、ダメージを受けて皮膚が薄くなり皮膚の下にある筋肉や、血管が透けて見える状態。

シロノクリニック引用

色素沈着
ニキビ跡が色素沈着化して残る場合、ヘモグロビンとメラニンが関係しています。

紫の色素沈着はヘモグロビンが影響して、ヘモグロビンによる色素沈着が治まると、茶色のシミのような色素沈着に変化します。
シロノクリニック引用

クレーター(凹凸タイプ)
赤ニキビから化膿ニキビへと症状を進行させ、それらを繰り返す悪循環によって、真皮組織を複雑に壊した事による瘢痕ん(はんこん)です。

炎症が沈静化する過程で真皮が修復できる所と、出来てない所が生じて皮膚に、凹凸になる状態がクレーター状態です。
シロノクリニック引用

ケロイドタイプ
同じ箇所に多数でき化膿から、皮膚が盛り上がった状態になり、それが次第に大きなニキビ跡になった状態で、主にあご下のフェイスラインや胸や背中肩にできるのが特徴です。
シロノクリニック引用

シコリタイプ
化膿が皮膚の深部にまで達してしまい、皮膚の異常発生が起きてしこりになる場合がある。

ニキビによる炎症が治まった後、繊維芽細胞が壊れた真皮を修復しようとして、細胞を作り過ぎてしまうため盛り上がってしまう。シコリに触っても痛みはない。

シロノクリニック引用

【ビーグレンニキビ跡】セットは口コミでどのレベルまで効果ある?

ニキビ跡の特徴を見極めて効果的なお手入れを!

目と額シワ

このように大きく分けて5つのニキビ跡タイプに、分かれますがレチノールクリームでのニキビ跡に、効果があるとされるのは赤みタイプと紫や茶色に色素沈着したニキビ跡に一定の効果があると言われています。

その他のもう少し深刻なタイプの、クレータータイプやケロイドタイプにシコリタイプのニキビ跡には、レチノールよりもダイレクトなケミカルピーリングやレチノールの中でも、一番ピーリング効果が高いとされるトレチノインやレザーなどの、本格的な手段で信頼のおける医師の指導の元治療を受けるのが治療完治に向けての近道かもしれません。

今回は規制品である化粧品でのレチノール使用での、ニキビやニキビ跡に使用して効果があるレチノール成分として紹介するので、細かな方法は割愛しますが同じニキビ跡と言っても、ニキビやニキビ跡の種類によって取り組む治療方法も変わります。

赤みニキビや色素沈着などの症状であれば、ニキビ跡だから仕方無いと諦める必要はありません。

レチノールを取り入れた自宅ケアで充分改善の可能性があります。

でも、そうした意味でも、まずは自分のニキビやニキビ跡のタイプを、しっかりと見極める事も重要です。

そしてタイプを把握したらそれぞれにあった、正しい治療や自宅ケアをする事が、何より重要なポイントだと思います。

シワにもニキビにも効果在りのレチノールセットならこちら☟


レチノールで改善するニキビ・ニキビ跡まとめ

大丈夫

肌質にも様々なお肌タイプや、お肌悩みがあるように、ニキビ跡やニキビにも色々なタイプがある事が分かります。

具体的な結果論としてレチノールで改善するニキビとニキビ跡は赤みニキビと色素沈着タイプのニキビに効果があるようです。

★現在進行形のニキビ治療と抑制効果
★6カ月から1年以内の赤みニキビ跡
★赤みから紫や茶色に色素沈着したニキビ跡

これらの3つのニキビに効果を発揮するのが、レチノールなのです。

もっと確かな効果を望む人にはピーリング効果が倍増するレチノール酸を使用する、医師の指導の元での治療もおすすめです。

でも自宅ケアのお手入れには、安全策としても、総合的なコスメのトータル力でもビーグレンのレチノAでのお手入れがお勧めです。

レチノAが入ったエイジングケアのトライアルには、何を隠そうもう一つの絶対ニキビ効果があるCセラムも入っているんですよ!

Cセラムの成分(ピュアビタミンC)の即効性は毛穴やニキビにも高い効果が認められています!

ビーグレンCセラム口コミの毛穴とニキビ効果に1年使用の実体験も
ビーグレンCセラムのニキビケアは毛穴に浸透するから効果がある
ビーグレンCセラムが毛穴ケアに絶対おすすめの理由5つ!

ニキビ肌にレチノールのここが注意点!

注意点

ターンオーバーの促進によるピーリング効果が、角質を剥がれやすくしてくれたり、角栓や無駄な皮脂を取り除く効果もあるレチノール。

現在進行形で出来るニキビや、赤みニキビに色素沈着化したニキビ跡には、レチノールでの自宅ケアをしてみる価値はあると思います。

でもちょっと待った!

レチノールでのお手入れで忘れてならないのが、効果がある成分故の好転反応としてレチノール反応がニキビ肌やニキビ跡にも、起きる可能性がある事を理解して欲しいのです。

このレチノール反応までを理解した上で、治療に取り組まないと、せっかく治療として取り入れるレチノールも、途中で台無しになってしまう可能性があるからです。

レチノール反応で良く言われる副作用

リスク
レチノール反応
・赤みや刺激の軽い炎症を感じる
・痒みを感じる
・肌の乾燥を感じる

このような代表的に知られたレチノール反応の、副作用はニキビ肌にも当然起きるのです。

ニキビ肌の場合乾燥から、ガサガサした状態に変化したり、一時的にニキビが悪化する場合が副作用として、現れる人も見えるそうです。

もちろん個人差はありますが、平均してレチノールの使用を始めてから、1カ月位の実に重要な期間が、ニキビの悪化という過程を経て、ニキビの改善に向かうと言う、ちょっと厄介な報告も実例としてあるとの事・・・

これを知らなければ、ニキビやニキビ跡に悩み改善する為に取り入れる、レチノールの副作用に悪化などの症状が出れば驚いて、使用を止める人も必ず現れるはずです。

ですのでこれらの一連のレチノール反応による、一時的な悪化は避けられない治療の経過の一例だと、理解した上でレチノールでのお手入れを、取り入れる知識も重要だということです。

レチノールはシワやシミなど年齢肌に、悩み始める女性にも確実なエイジング効果を、もたらす事の出来るコスメとして効果の高い化粧品です。

それにプラス効果として、長年の大人ニキビやニキビ跡に、悩む女性にも改善できる成分なので、使用しない手はないレベルの高い効果を持つ化粧品です。

ただ確かな効果が期待できる成分なだけに、好転反応(副作用)も大きく出る成分ですので、そのあたりをしっかり理解して取り入れ、より美しい美肌追求とエイジングの為にチャレンジして欲しい成分ですね。

ビーグレンのニキビケアのトラベルセットが脅威のリピート率98.5%らしいです。

8つの肌悩みに特化したトラベルケアが用意されていますが、この中のセラムCもニキビに効果があるみたい。

是非通常価格3962円54%OFFの1800円のお値打ち価格なのでこの機会にいかがですか?

ビーグレンをお勧めしやすい所は、シリーズの効果の高さは勿論、自信の表れか万が一お肌に合わない時は365日間の全額返金保証が付いています。

これならお試しするにもリスク回避になって取り入れやすいですね。

是非口コミでも評判のビーグレンのニキビケアセット、お試ししてみて下さいね♪

個人的には、上記に挙げたレチノールの持つ副作用を、加味しても取り入れるだけの見返りが、美肌効果として実感できる成分が、ビーグレンのレチノAです。

かなりの敏感肌だった私が、取り入れて1年トラブル知らずで、今では手放せないレチノAを、是非ニキビにもハリや艶のあるお肌を目指す女性にこそ、おすすめしたい成分の一つです。

まずは7日間のトライアルキットからおすすめです☟


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 額にシワ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。