ビーグレンCセラムのニキビケアは毛穴に浸透するから効果がある

この記事は5分で読めます

大丈夫

ビーグレンのCセラムのニキビケアの効果の高さ
が話題になっています。

繰り返しできるニキビに悩む女性は真剣な悩み。

そんな女性の為にクリニックではないけど日常生活
のスキンケアの中で何とか治したい。

そんな願いをかなえてくれる事で効果の高さが評判の
Cセラムは何故ニキビに効果があるのか?

毛穴やシミシワ全ての肌悩みに効果があると言われる
ビーグレンCセラムの毛穴への浸透力などビーグレンの
ベストセラーCセラムの効果と魅力を調べてみましょう。

まずわお得なトライアルでお試し下さい☟


ビーグレンCセラムがニキビケアに与える効果

ビーグレンの中でも第一号製品化されたコスメとして
今やベストセラーのCセラム美容液は8つの肌悩みに特化
したトライアル全てにセットされているビタミンC美容液。

この聞きなれたビタミンCを効率的に取り入れたCセラム
がニキビケアに何故適していると言われるのか?

それは、ビーグレンが効果があるとして紹介する内容
全てとニキビの皮脂コントロールが密接に関係している
からに他なりません。

ビーグレンCセラムの効果

1:皮脂の抑制効果などのコントロール
2:毛穴の引き締め効果
3:コラーゲンの生成効果
4:マイルドなピーリング作用
5:メラニン生成を阻止する効果
6:お肌のターンオーバー促進効果

これらの効果がある事から赤身のあるニキビや
繰り返し出来る大人ニキビの凹凸や色素沈着や
赤身にも高い効果があると言われています。

ビーグレンの脅威のリピート率98.5%を見ても
納得のニキビやニキビ跡にも着実な効果のある
ビタミンCセラムとして口コミでも評判となって
いるようです。

Cセラムのピュアビタミンの高濃度が凄い

ビーグレンのCセラムの最大の特徴と言ったらやはり
ビタミンCならず、過去壊れやすく保存が難しいと言われた
ピュアビタミンCを使用しているところです。

しかもこのピュアビタミンCはかなりの高濃度。

通常これまでのコスメでもビタミンCがニキビに
もたらす美容効果はその成分からも認められて
いたので多くのコスメで使用されています。

でも大半のコスメが3%までのビタミンC。

対するビーグレンの第一号として開発された
Cセラムはビーグレン独自の浸透技術を使用して
成功させた7.5%の高濃度ピュアビタミンC。

この濃度の違いと、肌表面だけのアプローチに
留まらず奥深くまでに浸透させることが出来る
独自の処方によって確実にピュアビタミンC7.5%が
ニキビやニキビ跡のケアに効果をもたらしてくれる。

その結果が脅威のリピート率98.5%ではないか?

そう考えても過言では無い数字だと思います。

まずはトライアルからチャレンジしてください☟


cセラムが毛穴に浸透する理由

そしてビーグレン独自のブランド名にもなっている
Qusome浸透テクノロジーという処方が国際特許
を取得した浸透技術でもあります。

このQusomeの浸透技術があったからこそ壊れやすいと
言われコスメに使用しにくかったピュアビタミンCの
高濃度7.5%をCセラムという美容液に使用することが
可能となったのです。

またQuSome(キューソーム)とは、言い方を変えたら
ビーグレンが独自に開発した、超微粒子の美容成分です。

・肌になじみやすく即効性がある。
・肌への刺激を軽減し効果を発揮。
・肌に浸透しにくい成分も確実に奥深く。
・長時間止まり効果を持続。

これらQusomeの浸透技術を持ってすれば毛穴の
皮脂詰まりもなくなりしっかり毛穴の奥深くまで
浸透。

この浸透テクノロジーの効果は通常のコスメの3倍の
浸透力と言われています。

毛穴詰まりも多くのニキビの原因となる事から
ニキビやニキビ跡、他全ての肌質にも美肌効果を
発揮させると考えられているのです。

ちなみに私もこの毛穴レス効果はめちゃめちゃ
感じており、かつてのどのコスメより毛穴レス
効果は絶大。

正直もう一生Cセラムだけは離せません。

ビーグレンCセラムだけ単品使用でもビタミンCの効果が止まらない

ニキビ肌に必要な要素

それではニキビ完治に必要な要素とされている
条件をあげたいと思います。

1:皮脂や油など正しく優しく洗浄する。
2:清潔な状態の肌にしっかり潤い補給
3:炎症悪化を避けるため必要な美容成分(ビタミンC)
4:乾燥対策の保湿クリーム
5:規則正しい生活習慣
6:暴飲暴食を避ける
7:飲酒や喫煙を避ける
8:たっぷりの睡眠時間
9:過剰なストレス対策
10:糖分の取り過ぎ
11:何はともかく清潔に

これらの条件が巷で言われる最低限のニキビケア
の条件だと言われています。

もちろん生活習慣的な注意点も内的要素として
絶対必要なので気を付けて欲しいのですが外的要因
としてはやっぱり外せないのはコスメの役割です。

ニキビがあっても正しいコスメで洗浄保湿美容液
のスリーステップで今よりもっとニキビを改善する
事は可能なはずです。

正しあまりにも炎症が酷い赤身ニキビや黄身ニキビの
場合は要注意。

適切な医師の診断の元外的要因では収まらないケース
もあるので適切な内服薬でまずは炎症を抑える事が先決です。

時と場合によってはビーグレンのCセラムでも悪化する
炎症の強い人が見えるみたいです。

ビーグレンCセラムでニキビが悪化する原因を口コミから徹底解明

ビーグレンCセラムをニキビケアトライアルで試そう

それではやっぱり言うが易しで実践編としてとても
効果の高いと言われているビーグレンCセラムが入った
ニキビケアラインのトライアルをご紹介したいと思います。

全てのニキビ肌に効果があると言い切れる訳では
ありませんが多くのニキビやニキビ跡に悩まれている
女性に一定の高評価がある事は間違いないシリーズです。

万が一の時にも安心しておススメ出来る理由としては
365日間の返金保証期間が付いている事。

これかなり強気なシステムですよ。

365日間なので今ニキビの炎症が強すぎて使えない
って人も皮膚科医にかかって内服薬でいったん炎症を
治めてかあビーグレンのニキビケアシリーズの使用を
おススメしたいと思います。

今だけ更にお得な特典が付いています☟


1:Qusomeクレイウォッシュ効果

泡立たないのが特徴の天然素材のモンモリロナイト
が吸収性・バリア機能・保湿効果の3つの効果で毛穴に
詰まったニキビ菌を吸着しつつ優しく洗浄。

洗浄力だけでなく、ニキビに必要な保湿成分として
スクワランや抗炎症作用のあるグリチルリチン酸など
ニキビの炎症を抑える成分もバッチリ。

もっとクレイウォッシュを詳しく知りたい方はこちらを☟
ビーグレン洗顔クレイウォッシュ成分解析で乾燥ケアと美肌チェック

2:クレイローション効果

防ぐと守る効果のニキビや肌荒れ乾燥や敏感に傾き
がちなお肌を肌荒れを防ぐ成分のグリチルリチン酸
ジカリウムが優しく肌荒れやニキビを防ぎます。

その他にもカミツレエキス、ヒアルロン酸、納豆エキス
オウゴンエキスの4つの成分でトラブルの無いコンディション
を目指せるお肌へと導いてくれます。

このクレイローションは8つの肌悩みのトライアルでも
ニキビや肌荒れ専用ローションで唯一のニキビケアに
使用されているローションです。

炎症が酷いニキビの場合はおススメですがたまに出来る
お大人ニキビや少しの肌荒れなら定番の他7つの肌悩みに
特化したQusomeローションもおススメです。

17時間潤うのキャッチコピーも納得の潤い感覚です。
ビーグレンQusomeローション成分解析17時間保湿の乾燥対策

3:Cセラム効果

言わずもがなの今回の主役であってビーグレンの
8つの肌悩み全てのトライアルにセッティングされている
Cセラムの効果も改めて紹介。

皮脂・テカり・くすみ・毛穴・ハリを取り戻す
しかも即効性ある効果として明らかにお肌の変化が
使用開始から見る見る感じられると思います。

ビーグレンCセラム美容液ピュアビタミン成分解析で最強美肌ケア

4:Qusomeジェルクリーム効果

ラストにニキビ肌だから脂性だからと思い込み
ニキビに悩む女性の中でも保湿をおろそかにする
人が多いと言われます。

でもニキビケアに必要な要素でも記載しましたが
大半のニキビケアの大間違いの一つで保湿はニキビケア
でも必要だと言われています。

しっかりとして洗浄→潤い補給→栄養補給(Cセラム)
これらのステップに必要な保湿剤として最後お肌の
ベールを作るべくしっかり潤いを閉じ込めて必要な
保湿で保護して正常なお肌のターンオーバーへと
導くのです。

それら全ての要素を兼ね添えたのがこのQusome
ジェルクリームなのです。

4つの美容成分

1:アクアタイド
潤い力を高める
2:アリスチン
肌を滑らかに
3:コラーゲン
潤いを保つ
4:ヒアルロン酸
潤いを与える

この作用によってもたらす効果は

★毛穴の目立たない、滑らかな肌
★肌荒れしにくい、潤った肌
★長時間潤いが続く、しっとりした肌
★エイジングサインが目立たない、ハリのある肌
★弾力があって緩まない密度のある肌
★キメの整った透明感のある肌

これらの4ステップを踏んで確実にニキビ肌から
安定したお肌へと変化を導いてくれるのが上記の
4ステップと同じ内容のニキビケアのトライアルです。

是非あなたのお肌で試してみてください☟


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. whitecare_trialset
  2. 蒸しタオル
  3. 額のシワ
  4. ニキビ
  5. 乾燥肌
  6. 脱皮
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。