ビーグレン

ビーグレンCセラムでニキビが悪化する原因を口コミから徹底解明

ビーグレンのCセラムでニキビが、悪化する人がいるとの情報があるようです。ドクターズコスメとして美肌に定評のあるビーグレンの口コミから、ビーグレンを代表するCセラムでニキビを悪化させた原因を探してみましょう。

CセラムのビタミンCの美肌効果の高さは口コミでも知られた事実です。

今回はそんな万が一のニキビが悪化した原因の、一つとしてCセラムの特徴でもある乾燥が悪化の原因なのか?具体的にはどんなニキビに効果があり、また悪化した人のケースも考えてみようと思います。

ビーグレンのベストセラーでもあるCセラムで、ニキビが悪化したの口コミまでお伝えしたいと思います。

公式ページはこちらから☟


ビーグレンCセラムでニキビが悪化した人の口コミ

7つの肌悩みに特化したトライアルがあり、ニキビやニキビ跡にも効果があると言われる、ビタミンC高濃度ケア美容液として人気のCセラム。

でも効果が高いからこそ、逆の効果として一定数ニキビが悪化した、と言う声も口コミであるみたいです。

今回はそんなビーグレンのニキビシリーズや、Cセラムを使用してニキビが悪化したという人の口コミを探してみました。

・肌が乾燥する
・赤身が悪化
・白ニキビと赤ニキビ共に増えた

男女共に、思春期のホルモン過多の次期にできやすいニキビは、美肌の大敵です。

ビーグレンでもCセラムに限らずレチノール成分のレチノAなど、肌悩みの象徴的な存在であるニキビ肌に効果があるコスメブランドです。

筆者も愛用するビーグレンですが、筆者の場合ちょっとした小さなデキモノが出来たら、意識してCセラムとレチノAをたっぷり目にデキモノに塗って翌日には完治と言う状態を何度も経験しているので、こうした情報に本気でビックリ。

むしろニキビに効果的と言われているCセラムとレチノAこそ、この2つだけは絶対に手放せないアイテムとして、この5年間切らした事がありません。(マジです)

ですのでこの情報には驚きつつ、やはり使用する人にも、ニキビの状態にもよって、Cセラムも絶対ではないと言うことなのでしょう。

では一体、どんなニキビの人が悪化したのか、効果があった人との口コミと比較してみましょう。

ビーグレンCセラムでニキビに効果があった人の口コミ

基本的にはCセラムの持つ、ビタミンC効果を考えたらトライアルにもあるように、ニキビやニキビ跡に一定の効果はあると思います。

全ての人ではないにしろ、Cセラムの成分から考慮しても、悪化は基本的には考えられないので、やはり使用した時の状態や使用方法にも、関係があるのかもしれません。

一応ニキビに効果があったと感じた人の口コミは、こんな感じです。

・ニキビの数が減った
・あらたなニキビができにくくなった
・今あるニキビの治りが早い
・繰り返して出来たニキビ跡が薄くなっている

CセラムとレチノCを溺愛する筆者の乾燥も、この乾燥と全く同じです。筆者の場合たまーに1つ2つできる出来物と言う感じですが、めちゃめちゃ冗談抜きでニキビ(出来物)の治りが早いです。

 

 

Cセラムの美肌効果とニキビへの関係

Cセラムの美肌効果は、もうほぼ全ての肌質に美肌効果がある、と言っても過言では無いほど高い美肌効果があると言われる成分です。

ビーグレン7つのトライアル全てに、セットされており、ビーグレンのベストセラー商品でもあるCセラムの美肌効果は使用すれば一目瞭然ではと思える程の即効性を感じられる商品です。

筆者もどれか一つだけビーグレンを選んで、と言われたら間違いなくCセラムと、やっぱりレチノCも外せません。

そう言い切れる程Cセラムの持つ、ピュアビタミンCの美肌力は驚異的。

では具体的な効果とは?

・皮脂のコントロール
・毛穴レス
・ハリツヤ効果
・リフティング効果
・透明感
・キメが整う

この中でニキビケアに関係するのは、まず第一に最初に挙げた皮脂の、コントロール力だと思います。

この他にもコラーゲンの生成を促進し、肌のキメを整えてシワを減らし、ニキビ跡などで傷ついた肌表面の凹凸をスムーズにする効果があるからニキビやニキビ跡にも効果が絶大なのです。

公式ページはこちらから☟

ニキビの種類とお手入れの適正

では改めてニキビと言っても本当に深刻な状態や、種類があると思います。まずはニキビの種類や状態、お手入れの適正を考えてみましょう。

大きく分けて

1:白ニキビ=皮脂詰まり
2:赤ニキビ=毛穴内部の炎症
3:黒ニキビ=炎症は無しで毛穴が開いて皮脂が酸化して黒く見える

後術しますが、正直言ってニキビとは言ってもこの1から3の状態の、いわゆるかなり酷いニキビ肌の炎症状態の人だと、Cセラムに限らず、コスメによって治そうとする前に、食べ物や生活習慣の改善が必要だと思います。

本気でニキビを改善したいなら、やはり内と外のハイブリットでの改善が必要ですが、かなり酷い状態の炎症や皮脂詰まりが酷いケースの状態ですと生活習慣の改善や腸活などから取り組むのがおススメです。

本気で生活習慣から変えてニキビを治したい!と感じた場合は、こちらも参考にされてみてくださいね。少しづつの意識で体内からニキビが出来にくい体質に変えていくことは可能です。

 

 

Cセラムでケアして赤みが悪化なら危険信号

冒頭の中でも1の、白ニキビや3の黒ニキビの人には炎症してない分、Cセラムの皮脂をコントロールする作用や、お肌のターンオーバー促進効果がニキビケアとして良い効果を与えると思います。

もちろん、ここまで悪化した状態のニキビだと生活習慣の改善も取り入れて体質改善もして、その上で様子を見ながら炎症が収まった状態でCセラムを少量づつ取り入れる。

でも絶対に微妙かな~と思うのが赤ニキビの2番です。

既に炎症状態にある赤ニキビが顔全体に広がっている状態だと、お肌の状態は炎症している異常事態にあります。

ここまで炎症している状態ではCセラムの持つ皮脂のコントロール力や、コラーゲンの生成も効果を感じるどころか逆効果で炎症した赤みニキビに刺激を与えて悪化しまう可能性も否定できません。

恐らくCセラムに限らずですが、お肌のターンオーバーも、既に炎症状態で狂っている状態なので、まずは炎症を収める事が重要です。

あまりに深刻なレベルの炎症状態では、Cセラムでのお手入れは時期尚早。Cセラムの高評価の口コミも確実にあるので、是非どんなレベルのニキビ肌に適しているのか、こちらでも詳しくお伝えしています。

Cセラムでニキビ悪化はあり得ない

トライアル使用で、まずは少量から様子を見て、多少の刺激や赤身は許容範囲でも、急激な炎症や痛みを伴う状態に変化したら一度お肌の炎症が収まるのを待ってから使用しましょう。

それ程の状態の人は、まずは皮膚科医に見てもらう・食生活の改善・生活習慣の改善など適切な治療をして、まずはニキビの炎症状態を改善しましょう。

Cセラムはビーグレンの象徴する成分で皮膚科医も、推奨するお肌に絶対必要不可欠と言われる、ピュアビタミンCです。でもあくまで美容成分であり治療が可能な成分ではありません。

一旦炎症が落ち着いてから通常のお手入れとして、Cセラムを少量ずつ取り入れるのがベストだと思います。

ニキビやニキビ跡に効果的と評判のビーグレンですが、やはりニキビはニキビでも治療が必要なレベルだと、効果を感じる前に刺激となってニキビの炎症が悪化する可能性は否定できません。

お肌が炎症、酷いアレルギーアトピーが出ている状態でのCセラムの使用はおススメできませんが、基本的にお肌にトラブルが無い状態の場合に関してはCセラムは美肌ケアには欠かせない成分です。

筆者がビーグレンアイテムの中で一番大量使用して5年間ただの一度も欠かせず、いつもストックを用意して使用しているアイテムなのでCセラムで通常のニキビが悪化する事はまず考えられない、と思っています。

悪化する場合は、冒頭でも紹介したニキビはニキビでも酷い炎症ニキビの場合でしょう。ただそれだけ酷い炎症状態のニキビだと何を使用してもコスメでは逆効果だと思います。



Cセラムのニキビ悪化の原因は乾燥?

このCセラムの特徴で、良い口コミでも多くあった乾燥が、ニキビの悪化の原因かも、と疑問に思われる方も見えるかもしれません。

ピュアビタミンCのCセラムは、初心者の方程お肌の好転反応で、最初強いお肌の乾燥を感じるはずです。

筆者も最初は、驚くレベルの皮膚のツッパリと乾燥を感じました。

それでもCセラムを使い続けた理由は、気になる乾燥を凌駕する美肌効果を感じたからです。今考えるとCセラムの皮脂コントロールからくる乾燥は肌にピュアビタミンCの耐性が無い間の一時の状態です。

正直、肌表面がチリチリするレベルに強いお肌の引き吊り感を、感じましたが、それ以上の美肌効果があったので、そこを耐えても使用を続けると1ヵ月程で耐性ができて、今では違和感ゼロ状態です。

耐性(慣れ)って恐ろしいです。

個人的にはCセラムを少量でも付けて、その後のクリームなどで、しっかり保湿をすればこの乾燥は回避できるので、乾燥がニキビを悪化させることは無く、当初から酷い炎症状態のニキビには、まずCセラムよりニキビ治療をする、に限ると思います。

Cセラムでニキビが悪化した場合

それでもニキビに効果があると思い使用してしまった。使用したらやっぱり炎症が更に悪化した、という場合の対処法をお伝えしたいと思います。

コスメジプシーとして様々なコスメに浮気してきた筆者の対処法です。

・使用を止める(当たり前)
・ワセリン(サンプロテクト)のみ使用
・化粧をしない
・皮膚科に行く

もう、酷い炎症ニキビがあったした場合は、この4点しかありません。

この中でも個人的見解では、様々な肌トラブルにも見舞われ、数々の皮膚科も廻った個人的見解では、この中でも冒頭3点がおススメで、皮膚科医は、本当にどうしようもない酷い炎症が収まらない場合のみ、とお伝えします。

 

ビーグレン「スキンケア相談」に電話してみる!

私も極度の乾燥肌で、Cセラムには美肌効果を感じつつも同じく違和感として結構な乾燥感覚を感じていたので定期コース注文時にも、それ以降も何度か「スキンケア相談」の専門コンサルタントに電話したことがあります。

平日朝9時から夕方6時まで公式ページに「スキンケア相談」の項目があります。

電話かメールでのサポートを受け付けているので是非こちらにでも適切な指導をしてくれると思うので、お問合せしてください。

最後の手段は皮膚科医に!

赤身を帯びたニキビや、軽い炎症状態のニキビがビーグレンニキビシリーズやCセラムで、見る見る良くなった、という口コミも多い中、少数派とは言え悪化してニキビが増える人や、炎症の悪化をする人も一定数見えるのは確かです。

良くするハズのニキビ肌が更に悪化したら残念だし悲しいし、焦るのは当然です。

どうしていいか、分からない、と迷うほど炎症が悪化した場合は、皮膚科医にかかってまずは内服薬の処方などで顔の炎症を収めるのがおススメです。

赤身ニキビや黄色身を帯びたニキビは、基本ニキビの中は化膿している場合が多く、その可能がビーグレンのCセラムで一時的でも悪化したと思うならまずは皮膚科で炎症を収めましょう。

ニキビの炎症が収まってから改めてCセラムを、もう一度使用するのがおすすめです。

ビーグレンは365日返金保証制度がある!

せっかく購入したのに、ニキビの炎症悪化だから使えない。その通り、無理して使用する必要はありません。

ビーグレンには365日の全額返金保証があります。このシステムを利用して電話で速やかに返金保証の手続きをして下さい。

一応メールからも出来るみたいですが電話が早いと思います。

その際の注意点!

・返金送料と返金手数料は自己負担
・トライアルキット返金の時は外箱容器の全てを確保して返金
が認められるので容器外箱など直ぐに捨てないように。
・返品する場所は静岡県返品センターに返品する。

まとめ

ビーグレンを代表するCセラムを使用してニキビが悪化する、と感じる人はCセラムを丸5年以上愛用している筆者的には恐らくニキビの中でも最も重症な炎症を伴ったニキビ肌の可能性が高いのではないかと思います。

何故かというとホルモンバランスの崩れなどによってできる、通常の小さなニキビや肌荒れに程CセラムとレチノAを使用していつも翌日には完治している状態を何度も見ているからです。もちろン全ての肌質に合うと言い切れる訳ではありませんが、ニキビが酷い炎症状態にある場合は、Cセラムなどコスメよりまずは体内のケアとニキビの炎症を納める事をおすすめします。

全ての炎症が収まってからCセラムを使用すれば、恐らくニキビの悪化は考えられないというのが筆者の結論となります。

まずは365日返金保証付きトライアルから☟