ハイドロキノン治療で赤みが出た時どうする?治らない場合の対処法

この記事は4分で読めます

リスク

欧米では一般的に美白治療や美白ケアに使用する
ハイドロキノン。

日本でもいよいよ美白やシミケアにハイドロキノン
の効果が高い事が口コミなどで知られるように
なってきました。

所がハイドロキノン治療には赤みが出るなどの
副作用があるのです。

いわゆるハイリスクハイリターンという性質が
否めないハイドロキノンの赤みが出たときどうしたら
いいのか?

赤みが治らない場合の対処法なども併せてご紹介
したいとおもいます。

安全のハイドロキノンならビーグレンがおすすめです☟


ハイドロキノンとは?

いちご
ハイドロキノンという成分は私達が良く知る食品や
嗜好品でもあるイチゴやコーヒー紅茶、麦芽など
天然成分にも存在する成分です。

働きは従来のシミ予防が全般的だったコウジ酸や
アルブチンとは違い今あるシミの原因である
メラニン色素の合成を阻止する働きがあります。

そしてその効果もコウジ酸やアルブチンと比較すると
10倍から100倍もの効果があります。

欧米では一般的でしたが日本では2001年まで医師の
処方の元でか使用することが出来なかった成分ですが
規制緩和により化粧品にも使用されるようになります。

ハイドロキノン治療の効果

副作用

ただこのハイドロキノン治療となるとやはり
規制緩和されて化粧品に使用されるようになった
とは言え化粧品に使用して良い濃度は2%まで。

治療の範囲内で考えると医師の診断の元シミ治療や
色素沈着などの治療に用いられる濃度は4%から5%
と言われています。

そして一番の特徴はハイドロキノンだけではなく
治療の範囲内の多くはその効果を最大に引き出す
成分としてトレチノインとの併用で効果を最大に
引き出します。

ハイドロキノンとトレチノイン

トレチノイン
ハイドロキノンがお肌の漂白剤と言われる程の
強力な美白効果がある成分なのに対して、その
強力な美白効果を最大限に引き出す効果のある
成分がトレチノインです。

トレチノインには肌再生効果があり、気になるシミ
などの部分使い(スポット使用)でお肌を剥離する
効果があります。

トレチノインもまたビタミンAの一種なのですが
従来のビタミンAの50倍から100倍の効果があり
しわやニキビの治療薬として欧米ではFDE認可も
されている成分です。

ピーリング効果もあります。

トレチノインで剥離された状態の皮膚に強力な
漂白剤であるハイドロキノンを使用することで
強い美白成分を浸透させてシミを漂白する。

これに多くの治療は合わせて美白効果のあるビタミンC
のローションなどを併用して更なる美白効果で治療を
勧める場合が多いと言われています。

安心安全なビーグレンのハイドロキノンが人気です☟


ハイドロキノン治療で出る赤みは副作用?

乾燥肌

ただ高い美白効果やシミへの効果があるこの
ハイドロキノン治療は副作用として様々な症状が
赤みとなったりして出る場合が多いのが特徴です。

その症状として出る言われている副作用を紹介します。

かぶれ・赤み・刺激や湿疹・腫れや・かゆみ・アレルギー
色素沈着・白抜け・乾燥など・・・

結構用法容量を間違えると危険なリスクがあるのも
このハイドロキノン治療の特徴です。

だからこそ基本は医師の診察の元治療するのが1番と
言われています。

ハイドロキノン治療で赤みが出た時の対処法

これほどの具体的なかぶれや赤みが出たら驚きますよね?

では赤みなどの副作用が出た時にどう対応したらいいのか。

真剣にシミなどの治療として行っている場合の人が
大半だと思いますので言いますが、これは一時的な副作用
として耐えるしかない・・・

個人的にはそう思います。

これ私も使用した事があって途中で私の場合は
とん挫してしまいましたが、強烈な痒みと赤みで
とてもじゃないけど医師の言う「掻いてはダメ」

という言葉は守れなかったのです。

だって本当に強い炎症で焼け付くような痒み
が副作用として出るのです。

赤みと言ったら可愛いですが真っ赤かです。

それがハイドロキノンとトレチノインでの
治療をした場合出る副作用と知りながらも結構
高額な金額を支払っていたにも関わらず我慢
出来ないレベルの痒みと炎症でとん挫して
しまった感じです。

だから結論としてはここを乗り切って耐えるか
それとも辞めるか・・・

だって掻きむしっても逆効果なので・・・

色素沈着の原因になります。

ハイドロキノン治療の注意点

これは指標でしが一応絶対気を付けた方が良い人です。

・過去にアレルギーが出た事のある人。
・傷や赤みに腫れやデキモノがあるとき
・妊娠中や授乳中

ハイドロキノン治療で赤みが治らない場合の対処法

原因
やはり処方してもらった医師の診察を受ける。

ハイドロキノンとトレチノインの使用を辞める。

最近は個人輸入で自己責任の元シミ治療をする女性
も多いらしいですが、正直リスクの方が高いので辞めた
方が良いと思います。

あまりに炎症の度合いが酷い場合はかかりつけの
皮膚科医に見てもらうこと。

でも通常でもかなりの炎症と耐性が無いハイドロキノン
初体験の人の方が強烈な痒みに襲われるのは間違い
ありません。

ハイドロキノンとトレチノインの絶対ルール

注意点
このように高い美白効果があると同時に高いリスクも
伴うハイドロキノンとトレチノイン治療の注意点は更に
細かくあるのでこの辺りも充分理解して使用する必要が
あります。

★お手入れする時はシミにピンポイント使用する

★同じ所に重ね塗りは禁止する(白抜け防止)

★ハイドロ&トレチノイン治療を始めたら必ず年間通して日焼け止めを使用する

★開封したハイドロキノンは酸化しやすく安定性が低いので
1ヶ月で使い切るか新しいモノを使用するようにする。

★直射日光を浴びないようにする

このように取り扱いにも様々な注意点があるのが
ハイドロキノンの特徴でもあります。

お金が少々高くでもどうしても本格的に治療に使用
したい人は医師の処方の元治療を開始することがベスト
だと思います。

その点ビーグレンのハイドロキノンなら安心☟


安全安心のハイドロキノン化粧品がおすすめ

如何でしたか?

ハイドロキノンを使用したシミ取りなどの治療は
高い効果が期待できる変わりに、ハイリスクの可能性
もあると言う事は紛れもな事実です。

ハイドロキノンとトレチノインを使用した治療は
だからこそ信頼ある医師の診察の元適正に治療を
行う事がリスク回避にも欠かせない。

これは私自身が個人輸入で試した事があるからこそ
やはり自己判断で痒みや赤みを乗り切る事は難しい。

それが私が出した結論です。

でもどうしてもプロの医師の診察を経てハイドロキノン
とトレチノインでのシミ治療を行うと高額な医療費が
発生します。

そうであるならば是非安全安心で効果が高いと言われる
ドクターズコスメのビーグレンのハイドロキノン入り
クリームの使用をおすすめしたいと思います。

ホワイト1.9はハイドロキノンが化粧品配合認可
ギリギリの1.9%配合

プラスビーグレンの国際特許であるQusome浸透技術
が1.9%のハイドロキノンとミクロのカプセルに閉じ
込めて肌の奥深くまで浸透させる事が可能です。

Qusome(キューソーム)効果によって1.9%の
ハイドロキノンは最大医療期間で使用が許される
最大効果4%から5%までの配合量と同様の効果が
期待できると言われているほどです。

口コミでも高い美白力で知られるビーグレンの
ホワイト1.9ならスポット使用ではなく全顔使用
可能なのも嬉しい使用範囲内で、継続して使用する
事で透明感あるツヤ肌を叶えてくれます。

是非ハイドロキノンに興味のある人にはまず
ビーグレンのホワイトケアシリーズのハイドロキノン
がおすすめです!

お得な7日間トライアルでお試し下さい☟


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 妊婦
  2. ユークロマ
  3. 原因
  4. 原因
  5. レチノールが凄い
  6. 乾燥肌
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。