ハイドロキノン化粧品は全顔使用OKのビーグレン美白クリーム1.9

この記事は4分で読めます

原因

美白効果の強い成分として近年注目されている
ハイドロキノンを成分に持つ化粧品が話題です。

数あるハイドロキノンを成分に持つ化粧品の中
でもリスクを最小限に抑えて最大の効果を期待できる
ハイドロキノン化粧品のおすすめを紹介したいと思います。

まずハイドロキノンという成分の特徴や高い美白効果と
化粧品のその違いや何故私が勧めるハイドロキノンが
ビーグレンの美白クリーム1.9なのか?

その辺りを具体的におすすめの理由と共に紹介
したいと思います。

お得なトライアルで安心なハイドロキノンをお試し下さい☟


ハイドロキノンという美白成分を考える

その美白効果の高さから『お肌の漂白剤』と
言われる程の美白効果がある成分です。

紫外線などを浴びてメラニンの生成と排出のバランスが
崩れ加齢などの要素が重なり酸化して茶褐色(シミ)と
なります。

この変色したシミに対してメラニンの還元力を発揮する
のがハイドロキノン成分が高いと言う事で注目される
成分とされています。

ハイドロキノンとビタミンCやアルブチンの違い

従来ではビタミンCやアルブチンなどがメインで
美白成分として化粧品に用いられる事が多くそれら
との大きな違いはビタミンCやアルブチンが未来に
出るかもしれないシミの予防効果がある成分。

対するハイドロキノンは今あるシミに美白効果が
ある成分です。

その美白の威力もビタミンCやアルブチンと比べて
ビタミンCが10倍アルブチンとは100倍の高い
美白効果があると言われています。

このメラニンの抑制力の違いからもハイドロキノンが
人気でスーパー美白成分として注目を集めているのです。

美白効果の高い成分である事から近年真剣なシミや
ソバカス、色素沈着などの治療にはハイドロキノンでの
治療を希望する女性が多いと言われます。

またレーザー治療に頼らず時間をかけてハイドロキノン
での美白治療やシミ治療を行う皮膚科医も多くあります。

ハイドロキノンの特徴はトレチノインとの総合効果

ハイドロキノンという美白成分は基本4%~5%の
高濃度は美容皮膚科医や皮膚科医の医師の処方の
元でしか使用されない医薬部外品に当たる美白剤です。

最近ではシミ取りなどの本格的な治療に用いられる
事でも知られてその場合にはトレチノインという成分を
併用してお肌の剥離をトレチノインで行い、剥離した
皮膚に対してハイドロキノンを併用することで高い
美白効果が発揮されシミ取りに強い効果がある事でも
知られています。

ハイドロキノン効果の高さとリスクとしての副作用

ただ効果が高いだけに副作用としてのリスクも
当然あります。

用法容量を間違えると白抜けの原因になったり
時に強いアレルギーが出たりと様々な副作用が
ある事から医師の処方がなければ高濃度のハイドロキノン
は使用できない事になっています。

(個人輸入は自己責任の元出来ます)でもかなり危険!

ハイドロキノンの特徴

ハイドロキノンそのものの特徴としては
酸化しやすく湿度や光によっても変化して
ハイドロキノン事態医師の処方の元開封しても
1つに付き1ヶ月で使い切る事。

ハイドロキノンを使用した場合は日焼け止めは
必須になる事。

とてもデリケートな素材なだけに様々な注意点が
あるのも一つの特徴です。

またハイドロキノンとトレチノインを併用してシミ
取り治療をした場合でもお肌の耐性が出来る事から
3ヶ月をワンクールとして使用を一定期間開ける事。

このように様々な注意点がある事もハイドロキノンの
特徴ともいえるでしょう。

上手く使用すれば、美白やシミへの効果も高いけど
一つ間違えた使用方法を行う事で効果が高いだけに
白抜けや炎症などの高いハイリスクを伴う可能性も
ある成分がハイドロキノンの大きな特徴でもあるのです。

ハイドロキノン化粧品で安心はビーグレン

このように効果がパワフルなだけに一般的な化粧品では
まだまだハイドロキノン配合を製品化するメーカーが
少ない中、ドクターズコスメで知られるビーグレンの
ハイドロキノン入りホワイト1.9が優秀と話題です。

その配合の難しさとリスクの高さから化粧品として
配合の許可が政府から降りたのが日本では2001年から
です。

しかも濃度は2%まで。

このギリギリの1.9%を配合したのがビーグレンなのです。

しかもビーグレンの最大の特徴であり国際特許でも
あるQusome(キューソーム)浸透技術を使用する
からその濃度は1.9%がハイクオリティーとなって
4%から5%と医療現場で施されるレベルと変わらない
効果が期待できると言われています。

そしてハイドロキノンとトレチノインを併用して
使用するような危険な副作用の心配が一切無し。

安心して使用出来て高い効果を痛い出来る。

それプラストータルバランスでの基礎コスメ
のスペックが高い事がビーグレンのおすすめ
理由でもあります。


ビーグレンホワイトケアの内容もおすすめ理由

8つの肌悩みに特化したトライアルが用意されている
ビーグレンにはホワイト1.9と同様全てのトライアルに
セットされた基礎コスメがあります。

それが第一に全ての基礎となる

1:Qusomeクレイウォッシュ
天然モンモリロナイトを使用した超微粒子を使用した
泡立たない洗顔料で優しく毛穴の奥まで不用な皮脂や
角栓を洗い流し必要な潤いを残してくれて洗い上がりは
まさにツルツルのしっとりもち肌状態です。

2:Qusomeローション
ニキビ肌意外の全てのトライアルに使用されている
Qusomeローションも4つのぺチプドを配合して17時間
の潤いを継続できる高保湿化粧水。べた付かないのに
潤いある保湿化粧水で潤いキープ力はかなりの持続力。

3;Cセラム
これが私のベストといっても過言ではないピュア
ビタミンCセラムとして万能の美容セラムです。

壊れにくいピュアビタミンCの高濃度7.5%を配合で
毛穴詰まりや黒ずみ、ツヤやハリにいかにビタミンC
が高い効果を発揮するのかを実感せざるを得ない美容
成分でもあります。

ビタミンCは全ての肌質に副作用無く美肌効果があると
皮膚科医も推奨する成分の一つです。

ここまでが基礎トライアルにセットされた内容で
これプラスQusomeモイスチャーゲルやクリームが
ありますが、肌悩みに特化して美白クリームとしては
Qusomeホワイト1.9がハイドロキノンクリームとして
ここにプラスされます。

これらトータルでの基礎トライアルによって
Qusomeホワイト1.9の最大限の効果を引き出す
事が出来るのです。

まずはお得なトライアルでお試し下さい。



ビーグレンの良い所は即効性があるところです。

美白の即効性というより明らかな美肌効果は
7日間のトライアルで充分実感してもらえるはずです。

ビーグレン美白クリーム1.9の特徴は全顔使用

そしてビーグレンのホワイト1.9をおすすめする
もう一つの大きな理由は通常のハイドロキノンと
違い全顔に使用できるところです。

むしろハイドロキノンの特製を考えても部分的に
シミやソバカスなどのスポット使用より全顔使用を
奨励しています。

それは上記でも記載しましたがやはり強い美白成分
(ハイドロキノン)の効能や効果を考えた時白抜け
になる可能性が否めないからなのです。

部分使いのシミだけの使用はできませんが全顔に
使用できる事で、お顔全体のワントーンアップ効果
を感じる口コミがやけに多いのもホワイト1.9の特徴
かもしれませんね。

ホワイト1.9クリームに適するシミや美白効果

全てのシミに効果があるとは言い切れずビーグレンの
ホワイト1.9クリームの最も効果が高いと言われるシミ
への効果がある適正なシミをご紹介します。

・出来て日が浅いシミ
・肝斑
・色の薄いシミ

逆にあまり効果が期待できないシミは

・出来てから時間の経過が長いシミ
・色が濃く皮膚が盛り上がっているシミ
・幼少期からあるソバカス

これらにはあまり効果が期待できないと言われています。

それでもトータルでの毛穴レス効果や美肌効果が
高いホワイトケアトライアルをまずはおすすめします☟


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ユークロマ
  2. 妊婦
  3. レチノールが凄い
  4. 原因
  5. リスク
  6. 乾燥肌
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。