ハイドロキノンを妊娠中や産後の授乳中への乳児の影響が知りたい

この記事は4分で読めます

妊婦

ハイドロキノンは従来の美白成分を凌ぐ効果の
高い成分です。

美肌作りに取り組む女性の間では知られた事実です。

美白に取り組む女性にとっての救世主でもある
ハイドロキノンは女性の一大事である妊娠中や
授乳中への胎児や乳児への影響が気になりますよね?

自宅での美白ケアは一日にしてならずと言われる
私達にとって死活問題の妊娠中や授乳中の本当の
リスクを徹底的に調べてみましょう。




Sponsored Link

ハイドロキノンの妊娠中・授乳中の使用は大丈夫?

妊娠中
高い美白効果で知られるハイドロキノンはそれゆえにハイリスクとして使用する人によっては副作用も認められている成分として知られていますs。

このハイドロキノン年代問わず美白大国と言われる日本で最も妊娠しやすい年代の20代から40代の女性の妊娠中への影響はないのでしょうか?

ズバリこれは良いか悪いかで言えば良くはない!

但しこれには続きがあって濃度の高さによっては大丈夫と言われています。

ハイドロキノンの妊娠中に使用可能な濃度

最もデリケートで体調も些細な事で左右する時期に無謀な賭けとして美肌の為とは言えハイドロキノンを使用したくない~これが全女性の本音だと思います。

でも絶対大丈夫と医師のお墨付きでもあるのであれば美白は永遠のそして日々のお手入れのテーマでもあるので、その辺りが気になるところです。

一応ハイドロキノンの副作用の可能性が限りなく少ないのでは~と言われている濃度は2%~4%以下までと言われています。

長期間使用によってその副作用に最も高いリスクがあると言われるのが6%と言われているので、4%までであればそれほどの危険はないとの見方が多いようです。

ですが完全にゼロでは無いとの事。

いわゆる美容医療クリニックでも妊娠中や授乳中のハイドロキノンの使用は奨励していない。

これが実際の所なのでやはり妊娠期や授乳中のハイドロキノンによるシミやシワのお手入れは避けるのが安全策だと思います。

まとめるとこんな感じ!
2%~4%以下(3%以内)のハイドロキノンなら副作用の心配も少ないが妊娠中や授乳中の使用に絶対はないので医師の処方が必要なレベルのハイドロキノンの使用はとりあえず止めるのが安心。

ただし、これは医師の処方が必要なレベルの美容医療で取り扱うレベルのハイドロキノンとトレチノインを使用したシミやそばかす治療い用いる場合の濃度が大半なので、これ以外の市販のハイドロキノン入り化粧品などはこの全てではない。

胎児や乳児の直接の因果関係はない!

胎児
恐ろしい事に発がん性などの可能性もあると言われるハイドロキノンの実験はアメリカ食品医薬局品(FDA)の研究で発表されていますがそれはあくまで動物実験(ラット)による、外用では無く内服による大量摂取での奇形性が発表された事から発がん性が独り歩きしている状態です。

それゆえ人間への影響に因果関係が無いとも言われますが、副作用が認められている成分なだけに全ての負の可能性を避ける為にも妊娠中や授乳中の美容医療で取り扱うレベルの高濃度ハイドロキノンは使用しない事がベストだと言われています。

妊娠してシミが増える理由

使用方法
エストロゲンとプロゲステロンの二つのホルモンバランスによって成り立つ女性のホルモンバランスは中でもシミの原因となるプロゲステロンが妊娠することによってメラニン色素の生成を促進してシミやくすみの原因になる作用が働きます。

肌のターンオーバーの働きをするエストロゲンも減少してプロゲステロンが増加してメラノサイトを刺激する事によって通常より肌は敏感になり少しの紫外線を浴びても色素沈着化してシミとなったり、肌荒れからニキビになったりするのはそのせいです。

ただでさえプロゲステロンの影響で精神的な不安定やイライラなどホルモンバランスの乱れによって体調不良となる中このプロゲステロンの影響で傍目に分かりやすいシミやそばかすなどの肌荒れは妊娠中の女性に大きなストレスを与えます。

だから妊娠中や授乳中はお手入れを諦めなくちゃいけないの?

そう思うといくら大事な子供の為とは言え女性は億劫になってしまいますよね~




Sponsored Link

妊娠中に出来るケアとは?

妊婦副作用
基本妊娠中の肌荒れやシミなどは個人差はありますが通常出産後2カ月くらいの期間をかけて徐々にシミであれば薄く肌荒れであればホルモンバランスが整う(出産前)に戻る事で解消すると言われます。

でも妊娠中が10カ月である事を考えたら、その期間シミや肌荒れのお手入れ無しはつらいですよね。

そこで妊娠中でも可能なお手入れ方法を探してみました。

今回はハイドロキノン(シミ)がテーマとしてシミが出来にくい対策としてご紹介します。

産後回復するとは言え全く放置状態もつらいと思うので少しでも解消するために。

紫外線対策
お肌に優しいタイプの紫外線対策や日傘などで紫外線をブロック。
旬の食べ物を取り入れる。
ビタミンCをフルーツ、野菜などでたっぷり取り入れる。

妊娠中や授乳中でも使用出来るハイドロキノンがある!

ビーグレン
先程ご紹介していた使用しない方が良いハイドロキノンは美容医療で本格的なシミやそばかす治療に使用されるレベルのハイドロキノンを紹介してます。

つまりは濃度が一般的な化粧品に入っている成分よりどうしても高い為医師の指導の元しか使用出来ない仕組みとなっています。

そうでは無く化粧品としてハイドロキノン入りで評判の良いビーグレンのハイドロキノン配合のクリームが今シミケアに評判が良くしかも今回のような「妊娠中や授乳中でも使用しても良い」と公式ページで紹介されているのです。

ちなみにビーグレンのハイドロキノン配合の割合は1.9%と先ほどの2%~4%以下の範囲内に入ります。

それにビーグレン独自の浸透技術QuSomeは世界的権威のある薬学博士が開発したハイドロキノンクリームなのです。

独自開発で極小カプセルに閉じ込めた低刺激で敏感肌にも対応出来る優れ物。

ビーグレンのシリーズの中でも人気シリーズの美白シリーズにあるハイドロキノンはまずトライアルセットでお試しがお勧めです。

ビーグレンのホワイトケアトライアルセットは通常6422円の所を7日間使用出来るお得なトライアルセットで71%OFFの1800円!

しかもメーカーの自信の表れなのか、万が一のお肌に合わないや使用感が好きじゃなかったと言う人の為に365日の全額返品保障付きの送料無料です。


是非確実に効果のあると言われるハイドロキノンを取り入れてシミやそばかすのケアをしたいけど妊娠中や授乳期間でハイドロキノンが不安で怖い~と思う方も積極的な美白お手入れとしてのハイドロキノンをビーグレンなら安心して取り入れてもらえると思います。

お手入れに迷ったら是非トータルで効果のあるビーグレンのホワイトケアトライアルセットをお試しして下さいね。

おわりに

はじめての妊娠や産後の授乳で迷う事が多かったり、体調が大きく崩れる事も多いのが妊婦にしかわからない辛い所です。そんな時体調不良にプラスして肌荒れやシミまでクッキリ出だしたら気になりますよね?

かといって胎児に不安な要素のお手入れを取り入れる訳にもいかないし・・・

でも大丈夫!
ビーグレンなら低濃度でもしっかり安心して妊娠中でも授乳中でもお肌のお手入れが出来るので、妊娠しても綺麗授乳中でも綺麗を諦める必要がありません。

綺麗なママとして是非子育ても美容も忘れない素敵なママとしてお手入れも諦めず取り組んで貰えると思います。

ちなみに私はシミも気になるところですが年齢肌としてのタルミや顔全体の張りのなさが気になってビーグレンのエイジングケアセットを只今超お気に入りで絶賛使用中です。

まずはシミやそばかすに悩む方はホワイトケアからお勧めです。


是非8つの肌悩みにアプローチしてしっかり悩み解決へとっ導いてくれるビーグレン。
まずはトライアルでチャレンジして、効果を納得してみて下さいね!

ハイドロキノンの副作用とリスクは発がん性と取り扱いにある
レチノールクリームは目元や額のシワ毛穴もツルツル効果あり





Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 原因
  2. 乾燥肌
  3. レチノールが凄い
  4. ユークロマ
  5. 原因
  6. リスク
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。