ハイドロキノンの副作用とリスクは発がん性と取り扱いにある

この記事は5分で読めます

ユークロマ

アジアの中でも1~2を争う美白大国の日本でハイドロキノンが既に美白い多大なる効果がある事は知られた事実です。

ただ高い効果がある成分なだけにその取扱いや副作用も他の化粧品ではなかなか聞かないハイリスクな発がん性の可能性があると言われる程のちょっとリスキーな単語も噂で言われる程の成分なのです。

ハイドロキノンがもたらす美白効果はいかなる効果なのか?

そしてそれと同時にもたらす副作用と、取り入れる際の正しい取り扱いについて調べてみようと思います。

美しい白い美肌を追及する女性には必見のハイドロキノンを是非徹底追及してみましょう~

安心成分のハイドロキノンならビーグレン☟

ハイドロキノンの超絶美肌効果とは?

日本でも美白成分として化粧品で知られる成分としてはビタミンCや数年前からはプラセンタが美白への効果が高いとして様々な化粧品に取り入れられていました。

この美白効果があると言われるビタミンCやプラセンタはいわゆる肌年齢に悩みだした女性の多くの肌悩みの一つであるシミやそばかすなどの予防に効果があると言われる成分です。

そして今回のテーマであるハイドロキノンが従来の美容成分を超える効果があると言われる理由にはハイドロキノンにはこのビタミンCとプラセンタの10倍から100倍の効果があること。

プラスシミ予防だけではなく既に沈着しているシミのメラニン色素にも(メラノサイト)を減少させる働きがあるまさにWの効果で美白成分としては、現存する成分の中でも最も効果の高い成分としてお肌の漂白剤と言われています。

ハイドロキノンで効果があるシミ

ハイドロキノンは今後出てくるであろうシミの予防と、実際現在肌の表皮に出ている状態のシミにもしっかり効果がある美白成分ですが、唯一肌の奥深くに潜む真皮に及ぶ色素沈着には効果を望めないと言われます。

肌表面の表皮に出来ているシミやこれから出るであろうシミの予防にはなるのに肌の奥深くの真皮に潜むシミや肝斑などには出来る原因が老化や紫外線など特定が出来ない事から必ずしも効果があるとは言い切れないと言われます。

とは言え肌表面に出ている様々なシミやそばかすに効果があるハイドロキノンは一体どんなシミに効果を発揮するのでしょう?

肝斑(かんぱん)
そばかす
日光黒子(老人性色素斑)
炎症後色素沈着
スキンケア大学引用

これらの大方の年齢肌で悩みだす女性のシミやそばかすなどの代表的な肌悩みにしっかりアプローチして効果があるとされるハイドロキノンがいかに今注目される成分なのかが分かりますね。

ハイドロキノンの副作用

副作用
ただこれだけの効果が見込める成分です。やはりリターンが大きい分のリスクもゼロとはいかないのがこうした優秀な成分の恐ろしい所です。

美容成分で副作用などと聞くとかなり物騒ですが、一応従来の美白成分とは比較にならないレベルの美白効果を持つハイドロキノンには副作用と言われるリスクもあるようです。

良いとこどりだけじゃないと言うのがまたしても何かしら物凄い効果のある成分のようですが、ここをしっかり理解していないと超美白効果を求めて使用したのに逆効果になってしまった~ともなりかねないので、この副作用について理解しておきましょう。

副作用

非常に強い美白効果のあるハイドロキノンはやはり強い成分故肌の弱い人には副作用として炎症や赤味が出る場合があるようです。

当然ハイドロキノンにも濃度がありますので一般的な濃度としてはハイドロキノン1%~3%のものであれば安全な範囲内の濃度と言われていますが、全ての人に当てはまる訳ではないのでやはり取り入れる時はしっかりとパッチテストとして腕の内側などでお試ししてからの使用をお勧めします。

長期間や高濃度使用による白斑の副作用も

こちらはもう少しリアルに怖い、美白としてコスメでお手入れするからにはどの女性でも理解してもらえると思いますが長期的なお手入れとして取り入れる方が大半だと思います。

当然ですよね?レーザー治療など美容医療レベルの治療とは違う以上、長期的なお手入れとして化粧品等のコスメをお手入れとして取入れるのは極一般的です。

副作用
これは本当に怖いし、本末転倒です・・・

しかしハイドロキノンに限っては1年以上の長期的な使用によってメラノサイトを抑制する力がある事からメラニン色素を作る働きを失い部分的に肌色が抜け白斑となってしまう可能性もあると言われているのです。

その際の使用期間は継続しての使用が1年からそれ以上であることと、ハイドロキノンの濃度が6%以上と言われており、これらをシミや美白したい同じ部分に継続して使用することによって白斑化してしまう可能性がある。

いかにハイドロキノンが高濃度の美白成分であるのかが理解出来る副作用ですが、この1年以上の継続と、更に高い効果を求めるあまり高濃度(6%)以上を使用することによって白斑と言うイキすぎた結果を招く可能性があると言う事をお忘れないように。

いくら白くしたいとは言え白斑ではまた本末転倒なのは言うまでもありません。

ちなみに濃度が4%以下であれば白斑になりにくいそうです。

程々な使用と急速な結果を求めるあまり高濃度なハイドロキノンとその継続使用を回避して取り入れればこれほど高い効果のある美白成分は無いとの事。

効果が強い分使用方法を誤れば表裏一体と言う事なのかもしれません。

ビーグレンのハイドロキノンなら副作用の心配大丈夫☟

ハイドロキノンに発がん性の真相

発がん性だなんて聞くと更に恐ろしいので、こちらもしっかり納得した上でハイドロキノンを取り入れたいですよね。

この発がん性は日本が2001年の薬事法の規制緩和が説かれてハイドロキノンが解禁されるずーっと前から化粧品として一般的に取り入れられているアメリカでのラット実験による内服させた上での実験報告で発がん性が認められたとの実験報告がアメリカ食品医薬局品(FDA)の研究発表によるものです。

結論からして未だにハイドロキノンの人間に対する発がん性は認められておらず、かと言って正確にはその可能性の全否定も出来ない状態だともいえます。

その理由としてまず一つ目に
発がん性

1:ハイドロキノンを美白美容に取り入れる場合このラット実験は内服である事。
(人の美容成分としての使用は外用です)

2:あくまでラット研究結果であり人間では無い事。

この二つの大きな違いを見ても明らかにハイドロキノンの発がん性を恐れるにはかなり無理があると思います。

それが証拠に世界保険機構(WHO)の外部機関である国際がん研究機関(IARC)の発表で発がん性リスク分類でハイドロキノンはグループ3(人に対する発がん性は認められない)に分類されています。

ちなみにこのグループ3は身近なものでコーヒーやお茶の分類です。

如何ですか?今の所、発がん性の可能性は果てしなくゼロに近いと考えて問題無いと思います。

ビーグレンのハイドロキノンがリスクもなくておススメ☟

確かな美白効果とハイドロキノン1.9%入りの安心成分で評判のビーグレンホワイトケアシリーズが好評です。

通常価格6412円が71%OFFの1800円でトライアルキットとしてたっぷり7日間使用して貰えます。

医療機関でのハイドロキノンまではリスクがあって怖いけどこのビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9なら安心して美白ケアや気になるシミや色素沈着のお手入れにも取り入れられます。

万が一のお肌に合わない時も安心の365日の返金保証期間付きなので、お試ししてもらいやすいですね。

このホワイトケアシリーズは脅威の98.5%のリピート率なので、いかに効果が高いかが伺えます。

是非ハイドロキノンなら安心のビーグレンホワイトケアシリーズのトライアルからまずお試し下さい♪

ハイドロキノンの正しい取り扱い

使用方法
コスメとして取り入れる場合はいかなる場合も紫外線対策を忘れてはいけません。

何はともかく紫外線対策を!

紫外線を浴びる事によってシミを取る予定が濃くしてしまう可能性もあるので外出の予定が無くてもハイドロキノンを使用の際は紫外線対策として必ず日焼け止めをしっかり使用することが重要です。

酸化予防は使用期限厳守!
酸化しやすい物質のハイドロキノンは劣化しやすい成分です。

その為少なくとも開封から1カ月を使用期限と決め使い切る事を意識すること。

酸化して劣化した状態で使用してもハイドロキノンの持つ効果を発揮できない可能性が高いので期限厳守と保管は冷暗所や冷蔵庫などで保管して使用すること。

高濃度には要注意!
先程も触れましたが高い効果を望むあまり高濃度での使用を試みる人も見えるようですが、高濃度だからより高い美白効果を望めるとは限らないと言われています。

その為無謀な高濃度に手を出してハイドロキノンの副作用の可能性を高くするよりも、一般的に安全圏と言われている2%~4%内での1年までの使用期間を守る事。

特に濃度の高い物は白斑の可能性も出ますし、長期間の同じ部分への使用は肌へのダメージも強くなります。
是非そのようなリスクを避ける為にも少し慣れても高濃度は避けたほうが結局はリスクテイクに繋がると思います。

ビーグレンの美白シリーズハイドロキノンのお試し
5ステップトライアルキットでまずはその効果の高さ
をお試しください。

定価6,412円のトライアルキットがお得な
1,800円でお試しできます。

万が一の時は365日の返品保証付きだから安心です!

私も超お気に入りの効果の高いビーグレンならあなたが望む美肌効果を
きっと感じる事が出きると思いますよ♪

まずはトライアルからお試し下さいね!

レチノールのおすすめ効果と紫外線対策の絶対の理由とは
ビーグレンのレチノAのレチノール効果で毛穴と額のシワが飛ぶ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 妊婦
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。