乾燥肌は食べ物から取り入れ体も顔も全身美肌の艶肌生活

この記事は4分で読めます

乾燥肌

本格的な冬の到来で気温の低下や空気の乾燥で
お肌も体も全身の乾燥が気になる季節となりました。

そこで外部から取り入れる化粧品だけでなく
しっかり全身の乾燥肌対策として食べ物から
改善する方法を調べてみようと思います。

外からも中からもしっかり乾燥対策で全身美肌を
目指しましょう。




Sponsored Link

乾燥肌のあるあるトラブル

目と額シワ
乾燥肌と言われる肌質は基本はお肌の真皮の中の皮脂膜にあるコラーゲンやエラスチンの減少セラミドが減少することによって適度なお肌の水分量が保てなくなった状態の肌の事を言います。

その症状も様々で、遺伝子レベルでアトピー性皮膚炎で極度の乾燥肌の人、年齢と共に加齢が原因で乾燥肌に悩みだす人も、そしてニキビが出来る肌質だから脂性と思いこみ間違ったスキンケアを行い乾燥肌の症状になる若年層もいるのです。

これら幅広い乾燥肌の人が感じるトラブルがこちらです。

粉拭き
皮むけ・かさつき
眼尻の小じわ・ほうれい線
くすみ・毛穴の開き
乾燥ニキビ

これらの症状が悪化すれば悪化するほど、時には酷い炎症となり赤み肌としてヒリヒリしたり痒みを伴ったりする状態の肌荒れトラブルとなって悩むことになるのです。

乾燥肌になる原因

遺伝子レベル的な原因(アトピー性皮膚炎)のような人は別にしてもその他の生活習慣病などで見直せる原因を挙げてみましょう。

★生活環境・食生活
ストレス
睡眠不足
過度のダイエット
極度に辛い食べ物
喫煙・飲酒

★スキンケア
熱い風呂やシャワーでの入浴
40℃以上での洗浄力の強い洗顔
保湿力不足のコスメライン

★外的環境
酷い花粉症
紫外線
冷暖房による乾燥

この一件何ともないようでありがちな生活習慣がお肌の乾燥肌へと導いている可能性は否定できないのです。

まずは正しいスキンケアと規則正しい生活習慣の見直しを行う事を意識してみて下さい。

乾燥肌は食べ物で変わる

原因
これは私自身は変わると思いますし、一般的な美容の観点から見ても肌の構造と栄養バランスを考えても体内に摂取する食べ物で乾燥肌の改善は見込めると思います。

ただ一日だけでは効果もなかなか出ないと思うので、継続して積極的に取り入れる事が需要です。

それではどんな食べ物が乾燥肌の改善に良いのでしょう。

乾燥肌改善の為の栄養素

美肌の為に必要と言われる栄養素にはタンパク質や、ビタミン、ミネラルと言われます。

美肌の条件は潤いや艶のあるお肌なので乾燥対策としてビタミンA、B、C、Eのビタミン類とセラミドやa-リノレン酸に亜鉛や鉄などの栄養素も積極的に取り入れる事で乾燥肌を改善すると言われます。

では順を追ってその成分を食べ物として見てみましょう。

ビタミンA  皮膚の粘膜を強くする効果
牡蠣・チーズ・レバー・海苔・いわし・あじ、うなぎ、乳製品、緑黄色野菜、

また牡蠣は海のバターと言われる程栄養素が豊富なのに低脂肪、高タンパク質の食べ物でビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、亜鉛、鉄分、カルシュウムなど豊富な栄養素が乾燥肌対策としてお勧めです。

この中の食べ物はどれも特別な食品では無く日常的に身近な食品なので食生活の中では意識して取り入れる事で乾燥肌対策になるのでお勧めです。

ビタミンB・タンパク質 
新陳代謝を活発にする
大豆・納豆、レバー、豚肉
手軽に取り入れる事が出来る納豆なイソフラボン入りとしても女性に嬉しいコラーゲンの生成を助ける成分として肌の潤いやハリを補ってくれる働きがある食品です。

また大豆もスープやカレーなどに入れて積極的に取り入れやすく栄養価も高い食品なのでタンパク質補充にはお勧めの食品ですね。

ビタミンC  コラーゲンの生成
レモン、果物、パプリカ

ビタミンE  結構促進・肌の新陳代謝
アボガド、大豆、ナッツ、ゴマ

a-リノレン酸・亜鉛  細胞膜やセラミドを作る原料
エゴマ油、魚油、亜鉛、牡蠣、赤み肉、卵黄、タラコ

コラーゲン
こちらは個人的にかなり昔から勝手にその美肌効果を感じている食品として絶対の自信があるのでご紹介します。
テールスープや鳥の手羽先、豚白モツホルモン鍋、豚足などこれらを食べた翌日のお肌のうるうる具合は半端じゃありません。(本当に凄い)ので是非積極的に取り入れる事をお勧めします。

このように調べてみたら少し意識しただけで身近に取り入れる事の出来る食品ばかりなので積極的に取り入れる事で体内から乾燥肌対策としても、美肌の基本である健康面から考えても是非食べ物を見直したいですね。




Sponsored Link

乾燥肌の人は避けるべき食べ物はこれ!

注意点
そして乾燥肌の人が最も避けるべき食べ物も一緒にご紹介しましょう。

だいたい想像出来そうなのですが、一応・・・

ラーメン・うどん・パスタの炭水化物
みんなが大好きな炭水化物の過剰摂取は糖質やビタミンB群が消費される成分であることから乾燥肌対策とは真逆の避けるべき食べ物になるようです。

ここは意識して少し避ける必要があるようです。食べたくても1カ月1度のご褒美に~など使い分けが必要かもです。

ジャンクフード
インスタント食品やハンバーガーなどのジャンクフードもその中に含まれる添加物が肌荒れの原因になります。
これらも気軽に食べられる食べ物ですが、意識して避ける必要がありそうです。

カフェイン・お酒
コーヒーなどのカフェインはビタミンCを破壊する飲み物です、飲酒もビタミンCやEを破壊するだけでなくアルコール分解の働きの中で体内が水分不足になることで必然的に体の水分量が減るので乾燥肌には向いている飲み物とは言えません。

生野菜の取り過ぎも注意
体を冷やす効果のある生野菜の取り過ぎも注意が必要です。
健康的で潤いのある肌に冷えが大敵のように、身体を冷やす効果のある生野菜の過剰摂取も乾燥肌には大敵でもあるのです。

特にキュウリやレタスなど水分量が多めでビタミンが少ない野菜を必要以上に取り入れるよりもニンジンやカボチャなどの緑黄色野菜を煮物などにして積極的に取り入れた方が乾燥肌向きだと言えるでしょう。

他にも身体を冷やす野菜としてトマトや大根、ニンニクも取り過ぎには注意するように。

逆にショウガやニラ、ゴボウは体を温める食べ物なので意識して取り入れたい食べ物です。

おわりに

いかがでしたか?ジャンクフードが生活習慣の中に根付いている人には耳が痛い食べ物かもしれませんが、結局体内から取り入れる健康的な食べ物いよって健康にも良し、美肌にも良しの全ては繋がっている~の状態が乾燥肌対策になるのです。
是非お顔には正しい保湿力のあるスキンケアを、顔と身体の全身には体内からの乾燥肌対策として食べる物改革として乾燥肌を改善してみませんか?
美味しく健康的な美肌の為に是非取り入れてみて下さいね♪




Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 乾燥肌
  2. 乾燥肌
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。