ビーグレンでシミが増えた理由は美白ケアの紫外線対策の大間違い

この記事は4分で読めます

紫外線

ビーグレンのホワイトケアで美白シミケアをして
シミが増えたという人が見えるらしいです。

シミの無いお肌に憧れて美白ケアに取り組む女性の
まさかのシミが増えたの理由は美白ケアの紫外線対策
の大間違いがあるのではないか?

暑い夏が終わりいよいよ秋本番となる中本格的な美白
ケアにビーグレンで取り組もうと考えている人に必見
のシミを増やさない対策と紫外線対策の重要性について
も調べてみましょう。

公式ページはこちらから☟


ビーグレンでシミが増えた?恐怖の真相

目と額シワ
美肌効果の高い口コミでも有名なビーグレンを使用
してシミが増えた?の恐怖な口コミが少数派とは言え
見えるとの事。

決して他人事ではない美白シミケアでシミが増えた人の
共通点や理由が気になります。

・シミ取りや美白ケアをしたくて使ったらソバカスが増えた
・なかったシミが薄っすら出てきた気がするから不安
・気になっていたシミが薄っすら濃くなった気がする

本んの一部分とは言えこのような口コミがあるのです。

実際こんな場合どうしたらいいのか?

そして原因は?

ビタミンCの一時的好転反応

乾燥肌
それがビーグレンの全てのトライアルにセットされて
いるベストセラーで私も大好きなCセラム(ビタミンC)
の好転反応だと言われています。

ビタミンCの中でもビーグレンはこれまで配合しにくかった
より濃いピュアビタミンの高濃度7.5%の配合に成功。

この高濃度7.5%も思わず納得の超即効美肌効果を
もたらしてくれる美容液で私自身もビーグレン愛用者
の中でもかなり人気のセラム美容液です。

でもこのセラムCこそお肌の新陳代謝を施し、ターン
オーバーを促進する効果がある成分です。

この新陳代謝とターンオーバー促進効果に今あるシミを
無くす効果の高いハイドロキノンホワイト1.9を塗る事に
よって、即効性のあるビタミンCの効果が先に出てしまい
シミが肌表面に先に現れてくる。

そう考えられています。

ビーグレン美白ケアのハイドロキノンの特徴

ビーグレン
これまでの美白ケアで多用されてきた成分は先ほど
挙げたビタミンCやアルブチンなどが支流でしたが
これらの成分の特徴は未来のシミ予防に効果があった事。

対するハイドロキノンは今既にあるシミにアプローチ
出来る成分で、全くことなる力が働き、現実今出ている
シミで悩む事の多い女性にとっては最も効果的かつ的確
な効果を期待できる成分として美容皮膚科医で使用される
レベルの成分でもあります。

その美白やシミへの効果はビタミンCやアルブチンの
10倍から100倍はあると言われビーグレンの成分濃度
1.9はQusomeの浸透テクノロジーによって美容医療で
医師の処方の元でしか使用されない4%~5%の濃度と
謙遜ない効果が期待できると言われています。

だからこそ、シミや美白の高い効果が口コミでも評判に
なっているのですね。

お得なトライアルからまずはお試し下さい☟


ビーグレンシミが増える考えられる理由

原因
それでは具体的にビーグレンでシミが増える理由を
考えてみましょう。

・Cセラムの高濃度ビタミンCによる一時的な好転反応
・CセラムのビタミンCでケアを始めたのに大量の紫外線を浴びる
・ハイドロキノンで日中のお手入れをする(ホワイト1.9は夜専用クリーム)

これらの間違えたお手入れによってCセラムもホワイト1.9も
その成分から紫外線に反応して変色するという特徴があるので
ハイドロキノン入りのホワイト1.9は夜専用に使用すること。

そしてCセラムは朝晩使用するのがベストですが、高い美肌
効果があるので日焼け対策は絶対必須になります。

夏に限らず一年中です!

ビーグレン美白ケアは長期決戦で

レチノールが凄い
私も勘違いしてましたがビーグレンは全体を通して
まれにみる即効性のあるコスメです。

だからこそ私自身もあまりの口コミの高さと最初に
使用してエイジングケアシリーズがあまりの美肌効果
の高さから、ホワイト1.9にも同じ即効性を求めてしまった
過去があります。
(過去と言っても去年です)

その為たったの2ヶ月弱ホワイト1.9を2本使用して
シミや美白への効果を感じなかった私は、さっさと
エイジングケアのレチノA美容液に切り替えて現在に
至るのです。

でも結局当ブログで色々調べるうちに気が付いた事。

やはりビーグレンのホワイトケア1.9に関しては
ビーグレンのお客様相談窓口でも聞きましたが
半年から1年の期間はケア期間として見る事。

シミと美白ケアにはそれくらいの期間は覚悟が必要な
ようです。

2本では効果がなくても仕方無い。

ビーグレン美白ケアは紫外線対策が絶対必須

紫外線

そしてどのトライアルにもセットされていて
シミが増えるかもしれないCセラム。

このCセラムの美肌効果はもう絶大で超即効性が
あるのですが、効果の高いモノ程、諸刃の刃なので
必ずCセラムでのお手入れ(すなわちビーグレン)での
お手入れを開始したら紫外線対策は絶対必須になります。

私的には、今後一生手放せないCセラムの効果は絶対
必要なので自分の中でもこんな確約をしています。

・一生Cセラム(ビタミンC)
・一生日焼け止め!

こんな感じです。

Cセラムの美肌効果はこちらでも確認できます!
ビーグレンCセラムが毛穴ケアに絶対おすすめの理由5つ!

ちなみに私の超お気に入りシリーズのトライアルはこちらから☟
[b.glen]細胞レベルで甦るエイジングケア

ホワイトケア美白シミケアは新しいシミ程効果あり

どんな成分
そしてもう一つ重要なポイントとして外せないのは
ビーグレンが効果の高いコスメとは言えシミケアとも
なると全てのシミが半年から1年のケアで消える。

こうとは言い切れない事です。

つまりホワイト1.9では向き不向きもあると言う事。

もっとも向いていて効果があるとされるのが
新しい出来て間もないシミに効果が高いと言われて
います。

そして無理ではないけど最も難しいと言われるのは
シミが出来てから長期間の時間が経っているモノ。

いわゆる古いシミ程より難しくなると言う事です。

シミに関してはそうらしいです。

ただ顔全体に使用できるホワイト1.9は全顔のワントーン
アップ効果は確実にあるとのコメントが多いので顔全体
の美白としては充分取り入れる価値があるとは思いますが。

ホワイトシミケア美白シミケアでは難しいタイプ

注意点
あきらかに無理だと言われているのが

・色が濃く皮膚が盛り上がっている状態のシミ
・幼少期からあるソバカス
・長期間にわたってあり、年数と共にどんどん濃くなっているシミ

これらのシミケアにはホワイト1.9では効果は期待できない
と言われています。

他の治療を取り入れるか、ホワイト1.9はあくまで顔全体
のトーンアップとして取りいれる事をお勧めします。

ビーグレンホワイト美白シミケアはトータルでの美白力

艶肌

結局のところまとめるとビーグレンホワイトケアは
シミだけに特化してお手入れするというより、その他の
製品の高評価を考えても顔全体の美肌力を高めるつもりで
お手入れに取り入れる。

これが一番効果的な美肌ケアに繋がるかなというのが私の
結論です。

だって美しい美肌の条件

・毛穴の無い引き締まった肌
・キメが整いツヤのある肌
・自然なツヤとハリがある肌
・キメ・ツヤ・ハリがあり透明感のある肌
・血色の良く透明感のある肌

いかがですか?

このどれもの効果を私は1年ビーグレンを使用して
ハッキリと感じています。

もちろんシミが無いのも美肌の条件ですが、これら上記
の条件を整えつつ、シミケアや肌全体のトーンアップが
出来たらより美しい美肌に繋がる。

そう信じてビーグレンでまずはトータルでの美肌力を高める。

これが遠まわりのようで一番の美肌への近周りなのかな~と
思うのです。

トータルケアならエイジングケアもおススメです☟
[b.glen]細胞レベルで甦るエイジングケア

ビーグレンホワイト美白シミケアまとめ

大丈夫

それでは最後の締めで美白シミケアのまとめを!

・一時的なシミが増えるのはお肌の好転反応
・ビーグレンケアを始めたら紫外線対策は必須
・ホワイト1.9は短期決戦ではなく長期決戦で取り組む
・シミだけにこだわらずトータルでの美肌力を育てる

こんな感じなのでまずはビーグレンのお得なトライアルで
速攻美肌力を育ててみましょう。

お得なトライアルはこちらから☟


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 大丈夫
  2. 原因
  3. 原因
  4. whitecare_trialset
  5. 脱皮
  6. ハイドロキノン
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。