ビーグレンでシミケアして消えたどころか濃くなった?緊急対策ナウ

この記事は4分で読めます

目と額シワ

ビーグレンの美白シミケア効果の高さから口コミ
の多さやシミが消えたのレビューも多いホワイトケア。

ただ中にはホワイト1.9でケアして消えたどころか
シミが濃くなったなどの恐ろしい口コミも少数派とは
家あるとの情報をゲットしました。

シミが取れた人と濃くなった人の違いとは何なのか?

どうして濃くなるのか?消えた口コミは本当なのか?
まさかの濃くなった時の対策はどうしたら良いのか
そのあたりを調べてみたいと思います。

こちらがお得なホワイトトライアル☟


ビーグレンホワイトケアのシミと美白の効果が知りたい!

やたらと口コミでも評判の良いビーグレンのホワイトケア
のシミや美白の効果ってどんな効果があるの?

個人的にも愛用するビーグレンのホワイトケアは
また新たにシミケアとして使用しようか検討中の
私にはシビアに選びたい所。

実際のホワイトケアのシミや美白の効果は公式
ページではこんな感じで紹介されています。

・透明感
・くすみ
・肌の黒ずみ
・肌の色むら
・肌のトーン

よくよく考えたらシミが取れるとは紹介されていないの。汗

これは盲点でした。

では具体的なホワイトケアを使用した人で効果を
感じた人の口コミも調査しましょう。

ビーグレンシミケアして消えた人

・10日間でシミが薄くなってびっくり
・顔全体が確実にトーンアップ
・シミは薄くなり顔全体もトーンアップ
・ソバカスも薄くなってきた
・色素沈着が薄くなりハリも出てきた

一応効果があった。

シミが消えたという人の口コミはこんな感じ。

しかも口コミにしては数が多い・・・
それにシミが10日間で薄くなる事に更にビックリ!

人気のホワイトケアはこちらから☟


ビーグレンシミケアで消えたどころか濃くなった人

それでは真逆のシミが消えるどころか濃くなった!と
言われる恐ろしい口コミの原因は何でしょう?

消したいシミが「濃くなる」だなんて全く笑えません。

でもこれ結構シミケアに取り組む人にはありがちな経緯
だとのコメントがありました。

このシミケアでビーグレンのホワイトケアと良く比較される
ハイドロキノン入りのアンプルールにもこの「シミが濃くなった」
のコメントがあったので少し紹介します。

『はじめのうちは気のせいだと思っていたのに、どう見ても前にはなかったシミが見えてきてて「美白化粧品なのになんで?」ってやっぱり思ってしまいました。』

このアンプルールもビーグレンのホワイト1.9クリームと
同じく美白成分として使用されているのが、従来のビタミンC
やアルブチンと違いハイドロキノンとして有名です。

何が共通点なのか?

ビーグレンシミケアでシミが濃くなる原因とは

ビーグレンホワイト1.9もアンプルールも
共通のハイドロキノンの美白成分の大きな
特徴は従来の美白成分のようなシミ予防とは
違い今あるシミに効果があると言う事。

これから出るかもしれないシミではなく既に
今あるシミに効果がある事。

それなら尚更何で?って思いますよね。

それこそが顔全体に使用できるビーグレンの特徴で
いわゆる効果があったとされる口コミにもあった
顔全体がワントーン明るくなったのコメントがやけに
多いのですが、顔全使用が基本の使い方であるホワイト1.9
を使用した事によって顔全体がワントーン明るくなる。

今まであったシミが尚更浮出て見える。

これが一番の原因ではないか?

そうコメントされている方が見えました。

あともう一つは

シミケアの濃くなるはビタミンCが原因かも?

ビーグレンの中でもベストセラーで人気ナンバー1の
Cセラムです。

8つの肌悩みに特化したトライアル全てにセッティング
されている最強ビタミンCにもある美白成分が影響してる
可能性もあるのでは~とも言われています。

何故か?

ビーグレンのCセラムはビタミンCの中でも濃度の高い
ピュアビタミンCの高濃度7.5%で全ての肌質に美肌効果
をもたらす事で知られた製品です。

即効性と軽いピーリング効果を合わせ持つCセラムは
お肌のターンオーバーの促進を施しメラニンも抑制
する美容皮膚科医が推奨する最強抗酸化物質と言われる程
の美容成分です。

でも唯一の欠点としてこのセラムC(ビタミンC)を使用して
紫外線対策を怠る事でシミが濃くなる可能性があるのです。

Cセラムの取り扱い説明書にもあるそうですが、
美白成分としても有効なセラムCはその効果の高さ故
紫外線に弱く、対策を怠ると変色する作用がある。

ビーグレンに限らずビタミンC配合の化粧品には必ず
ビタミンCでケアをする際は紫外線対策を怠らないように!

はお約束なんだそうです。

でもそのCセラムが1番速攻美肌へ導いてくれるんですよ~

是非ホワイトケアにもついているCセラムの威力を
お試し下さいね。

トライアルで充分効果感じるはずです♪


ビーグレンシミケアでシミが濃くなった時の対策

ではでは、具体的にシミケアでシミが濃くなってしまった
時の緊急対策は?

・焦らずシミ対策としてホワイト1.9クリームでケア続行
・しっかりQusomeローションで潤い補給
・Cセラムで新陳代謝とターンオーバー促進
・何はともあれホワイトケア続行
・絶対紫外線対策を年中無休でする事

とにかく焦らず、ホワイトケアでお肌に異常が
無い限りお手入れ続行が一番の対策だと思います。

ハイドロキノンは医師処方の治療ではないので
あきらかなお肌の異常が無い限りしっかりホワイト
ケアを続行することが重要です。

それも長期決戦でね。

ビーグレンのハイドロキノンでシミ効果が出る日数や期間が知りたい

シミケアには即効性を求め無い方がいい理由

私も過去(というか去年)あまりの全ての
基本ラインの効果の高さから、こんなに美肌効果
が高いビーグレンだから~とシミケアも良いかも?

と思い良い口コミの数々を見てホワイトケアに2ヶ月程
切り替えた時期がありました。

ホワイト1.9は2本使用しました。
期間は2ヶ月から3ヶ月以内だったと記憶。

でも結果は残念ながら目に見える結果が2ヶ月で感じる
事がなかったので、すぐさままた元のレチノCのエイジング
ラインに切り替え今も継続しています。

でも今になって当ブログで色々調べると、やはり余程の
事が無い限りシミケアには即効性は求められない。

ビーグレンのお客様窓によりますとシミケアの
効果的な期間は6ヶ月から1年との事・・・

2本じゃ効果を感じないはずです。

シミケアに大事なのは即効性を求めすぎない事。

出来たばかりのシミは消えやすく、過去の古いシミ
程取れにくく、それプラス当然がら体質も関係あるのが
シミや美白の難しい所です。

でも新にリベンジするべくホワイトケアまた注文
したので今度は体験レポとしてじっくりまたご紹介
しますね。

お得なホワイトケアのトライアルはこちらから☟


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 脱皮
  2. ニキビケア
  3. レチノールが凄い
  4. 乾燥肌
  5. 額のシワ
  6. エイジング
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。