ビーグレンのハイドロキノンでシミ効果が出る日数や期間が知りたい

この記事は5分で読めます

ニキビ跡

序文
ビーグレンのハイドロキノンがシミ取りケアに
取り組む女性の間で効果の高さで話題のようです。

毛穴や肌荒れへの効果の高さはピカ一のビーグレン
ですがホワイト1.9クリームのハイドロキノンは一体
どれくらいでシミへの効果があるのでしょう。

シミへの効果がどれくらいの日数で期間はどれくらいが
目安なのか?

具体的な効果や日数、おおよその目安が知りたいと思う
のはこれからシミ取りに取り組む女性なら誰もが思う事。

効果を感じた人がどれくらいの日数や期間で効果を
感じたのか?

併せて調べてみようと思います。

公式ページはこちらから☟


ビーグレンのホワイト1.9のハイドロキノンの特徴

何といってもビーグレンのホワイトケアで公表な
ホワイト1.9クリームの特徴は従来の美白成分である
ビタミンCやアルブチンではなくハイドロキノンを配合
しているところです。

ハイドロキノンという成分はビタミンCやアルブチンに
比べてより高い美白効果があると言われその差は数値に
すると10倍~100倍もの美白効果があります。

高い美白効果にプラスビーグレンが誇る国際特許でも
あるQusome浸透テクノロジーを使用してじっくりと肌
の浸透部分にもアプローチできる技術を使用してより
高いブライトニング効果を引き出す事が出来る事だと
思います。

まとめると
1:主成分が従来の美白成分の10倍から最大100倍の効果やある
2:Qusome浸透テクノロジーを使用してより肌の浸透部にまで
 確実に届ける事に成功。

この確かな効果が結果として高いシミへの美白効果が
口コミでも話題となっているのがビーグレンのホワイト
ケアなのです。

[b.glen]シミを消す!QuSomeホワイトセット

ハイドロキノンはお肌の漂白剤と言われるシミ効果

ハイドロキノンという成分がお肌の漂白剤言われる
理由はそれだけお肌を美白する力が強い。

現在その濃度の高さにもよりますが市販の化粧品では
2%までの濃度のモノが多く4%~5%の濃度になると
日本では美容皮膚科医などの医師の処方が無いと処方
出来ないレベルの美白剤なのです。

その効果は今既にあるシミと、今後出るかもしれない
可能性のシミ予防としてメラニンに働きかける作用
があります。

主な働きは
★メラニン色素のの生成を抑制する
★メラノサイトを減少する
★還元作用によってメラニンの色を薄くする

ハイドロキノンとトレチノインでシミを一撃!

そして大きな特徴の一つとして、美容皮膚科医がシミや
色素沈着の治療の一環として処方するときには、これプラス
トレチノインという成分を組み合わせてシミ取り治療をする
事が主な治療法とされています。

トレチノインの効果は
★肌の角質へのピーリング効果
★コラーゲンやヒアルロン酸などの生成促進
★皮脂の分泌を抑える効果

トレチノインの強い皮膚の剥離効果でシミにアプローチ
してそこに強いメラニン色素の生成を抑制する効果の
あるハイドロキノンで美白を施す。

これがレザー治療が主な治療法だったシミ取りに変わる
確実に取れるシミ取り治療法としても取り扱われている
シミとり治療法なのです。

ハイドロキノンには白斑などの副作用やリスクも

このようにトレチノインと組み合わせる事でレーザー治療に
も負けないシミ取り効果が高いと言われるハイドロキノン
ですが、当然高い効果があるモノなので副作用の心配も。

塗り方や処方を一つ間違えると白抜け(白斑)になる
可能性もあるのです。

だからこそハイドロキノンの高濃度に限っては一般人では
手出しできず医師の処方の元しか使用することが出来ない
劇薬でもあるのです。

一つ間違えると白抜けだなんてリスクが高すぎますよね。

ハイドロキノンの休止期間

ハイドロキノンの特製から100日以上の継続使用を
するとお肌に耐性が出来て効果が出なくなるという
データもあります。

その為確実にお手入れを始めても継続使用の限度は
100日から3ヶ月程の継続使用が妥当だとさえています。

正確にピンポイントで使用すれば効果は大きい
ハイドロキノンですが用法容量を間違えると
一大事にもなりかねません。

そう考えるとリスクの高さからもやっぱりノンリスク
で確実に長い目で見てシミのお手入れが出来るビーグレン
のホワイト1.9なら安心なのです。

ビーグレンホワイト1.9なら1年中OK

そもそもハイドロキノンがその効果の高さから3ヶ月程の
継続しようしかない中ビーグレンのホワイト1.9なら1年中
使用がOKなのです。

ビーグレンのハイドロキノンは文字通り1.9%の
ハイドロキノン入り。

最小限にリスクを抑えて効果は最大限に引き出せる
ようにハイドロキノンの配合は化粧品に認可が下りて
いる2%以内の1.9%。

でもビーグレンの他のコスメとの最大の違いはQusome
の浸透テクノロジーで浸透技術によって最大4%~5%
までのハイドロキノンと同様の効果が期待できると
言われています。

そしてハイドロキノンそのものとは違い更生労働省の
認可が下りている商品だから使用期間や耐性の心配は
無く1年中使用できる所です。

じっくり継続使用でシミや色素沈着のケアをするから
こそ3ヶ月の短期より半年や1年じっくり使用してシミ
だけでなく白さに磨きをかけたい。

そんな美白信者の女性たちにもピッタリの美白クリームが
ホワイト1.9クリームなのです。

ビーグレンホワイト1.9でシミが取れる?

では肝心かなめのホワイト1.9でシミは取れるのか?

これ重要ですよね~

私は正直言って2ヶ月弱で2本継続使用しましたが
効果を感じませんでした。汗

でもこんな口コミを見て気になって仕方が無くて
思い切って2ヶ月程シフトしてました。

口コミ総合評価

・10日程でシミが薄くなってびっくり(40代)
・顔全体がトーンアップ、気になっていたそばかすも薄くなってきました(20代)
・シミは薄くなり顔全体がトーンアップ、ハリも出てきて凄い効果です(30代)
・トライアル使い切る頃には色素沈着が薄くなってきた感じです(30代)

何かね~潜ってみて下さい。
ビーグレンのホワイト1.9クリーム何気に総合評価が
高いんです。

結構ビックリ。

私も2本だったから効果が感じなかったのでしょうか?

もう一度トライしてみようかな・・・

気になるシミが薄っすらと、でもハッキリと
「こんにちわ」状態なのでこれ近いうち絶対レポ
します。
[b.glen]シミを消す!QuSomeホワイトセット

ビーグレンホワイト1.9のシミ取りの日数と期間目安

それではビーグレンホワイト1.9のシミ取りの日数や
期間の目安って気になりますよね?

だって永遠と継続するのはしんどい・・・

そこでビーグレンのスキンケア相談室に電話して
またも聞いてみました。

そこでの回答です。

半年から1年!

ええ~っそんなにも!(本音です)

何でも回答てきにはこんな感じでした。

ビーグレン
肌質やシミの出来た古さや新しさなど個人差がある~を前提にして、やはり古いシミは時間がかかる。新しい色素沈着やシミは比較的効果を出しやすい。

そうした意味でも半年から1年の使用が目安です。

な、な、な、なんとって感じです。

個人差を言われたら元も子もありません。汗

目に見える変化(美肌化)があるエイジングシリーズ
のレチノAに抜群の美肌効果を感じているのに、わざわざ
ホワイト1.9にシフトすると言う事自体、シミは気になりつつ
も結構抵抗あったりします。

それだけレチノAが素晴らしい即効性と持続性があるから
こそホワイト1.9にも目に見える効果を求めすぎたのかも
しれません。

でもシミは確かに「こんにちわ」状態だし、あまりの
周囲の高い口コミ評価を見ていたら改めて使用してみたく
なってきたかも・・・

どちらを取るべきか相当迷っていますが
エイジングケアもホワイト1.9がレチノAに
なっただけで他の内容は全て同じです。

エイジングケアの即効性を試したい方はこちらから☟


ビーグレンホワイト1.9の使用法は夜限定

私1年ビーグレンを愛用していた今日気が付きました。

ビーグレンのホワイト1.9は夜限定のお手入れクリーム
らしいです。

以前2本使用したときはどうして使用していたか??
もう記憶にありません。

何でも酸化しやすいハイドロキノンの成分らしいので
日中の使用で紫外線に影響を受けて酸化してしまう可能性
を回避するために夜限定のクリームらしいです。

お茶草間相談室に電話して今日知りました。

と言う事で、私決意しました。

それならば夜ホワイト1.9で朝は私の大大大好きな
レチノA、これでお手入れしてみよう!

次回の定期コースのお届けは1週間ほど先ですが
是非今日注文したのでレポして載せたいと思います。

話は戻ってホワイト1.9は夜専用クリームです。

朝の使用は控えて下さいね。

安全安心のホワイト1.9トライアルがまずはおすすめ

私のように地味にシミに悩んで見える方や色素沈着に
悩みがある方。

シミや色むらに限らずビーグレンは基本ケアのトライアル
も超一級の即効美肌効果だと思います。

是非まずはお得なトライアルでホワイト1.9もお試し下さい。

現品2本使用して効果を感じなかった私のような女が
いるにも関わらず、どうゆう事かトライアルでもワントーン
顔全体がっトーンアップしたなどの効果を感じる強者も
見えるみたいです。

是非あなたのお肌でホワイトケアお試し下さいね☟


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. レチノール
  2. 原因
  3. セラムC
  4. チョンジヒョン
  5. 目と額シワ
  6. 乾燥肌
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。