ビーグレン【効果的な使い方】Qusomeスキンケアの美肌ケア

この記事は5分で読めます

脱皮

ビーグレンを使って綺麗になった。

ニキビや毛穴が引き締まりハリのある
お肌になったなどの高い効果がある事で
知られるビーグレン。

今やスキンケアの世界も日進月歩と言われる中
ビーグレンが何故美肌ケアに取り組む女性の心を
掴むのか?

改めてビーグレンの効果的な使い方と併せて
考えてみました。

1年ビーグレンを使用した私も感じた1番効果的
だと思った使い方と美肌ケアを追求する一人としても。

まだ使用した事のない人はお得なトライアルからおすすめです☟
[b.glen]細胞レベルで甦るエイジングケア

ビーグレンの効果的な使い方!エイジング編

額のシワ
ビーグレンのエイジングケアを1年使用した私が
紹介する効果的な使い方をご紹介します。

私はアラフォーど真ん中の45歳なのでお肌の
曲がり角どころの話はとっくに通り過ぎてしまった
ので完全にアンチエイジングを意識してコスメ選び
をしています。

ビーグレンは肌悩みに特化して8つのトライアルが
用意されています。

・ニキビケア
・ニキビ跡ケア
・毛穴ケア
・保湿ケア
・ホワイトケア
・目元ケア
・たるみ・ほうれい線ケア
・エイジングケア

ビーグレンのトライアル特徴

ビーグレントライアル
これら8つのトライアル全てに共通しているのが
Qusomeクレイウォッシュ(洗顔)Cセラム
この二つのアイテムは全てのトライアルにセット
されていること。

他にもニキビケア意外の全てのトライアルに
Qusomeローションや保湿クリームとして
QusomeモイスチャーゲルやQusomeモイスチャーリッチ
クリームなど共通のアイテムが。

他には悩みに特化した美容液がプラスに入っているだけ。

その中でも私のエイジングケアにはこれらの内容に
プラスレチノールクリームが入っているのです。

では美肌マニアとして1年使用した私が現在も、そして
今後も効果的だと思ってスキンケアする方法を紹介します。

1:クレイウォッシュで丁寧に素肌の下地作りを

洗顔
Qusomeクレイウォッシュは冒頭でも紹介しましたが
全ての肌悩みのトライアルにセットされた洗顔フォームで
ビーグレンの中でも人気アイテムです。

天然クレイのモンモリロナイトを使用した泡立たない
洗顔ゲルが大きな特徴ですが、その効果は抜群。

1:まずは、たっぷりの水かぬるま湯ですすぎ洗いを。

2:次に大きめパール大2個かチューブから4センチ程の量を
 両頬、顎、額、鼻の4か所に置いて目元、小鼻回りなど中心に
 クルクルマッサージする容量で顔全体に馴染ませます。
(この時決して力を入れず、やさしくマッサージでOK)

3:まんべんなくクレイジェルを馴染ませたらジェルの
 ヌルヌルがなくなるまで丁寧にすすぎ洗いをしましょう。

これで完了!

次のステップへ完璧な脱皮状態でクリーンなお肌の出来上がり!

2:Qusomeローションでたっぷりの潤いを

化粧水

1:たっぷりのローションをしっかり500円玉程の量を
 手のひらに出して顔全体にプレス。

2:私はこの500円玉超の大きさのローションをしっかり
 2回繰り返します。1回でも充分潤うけど、ダメ出しで
 2回することでしっかり水分補給がチャージ出来ます。

顔に2回しっかり入れ込んで最後はネックラインにも!

3:Cセラム1日の美肌力をチャージする

Cセラム
そして私が大大大好きなビーグレンでも1番のベスト
セラーなCセラムを!

1:手のひらに2センチ大のCセラムを出して両手に
 しっかり馴染ませ直ぐに顔全体にプレス。

 目元や小鼻の周りもしっかり馴染ませて。
 オイル状に見えるCセラムがグイグイお肌に吸い
 込まれていくのがわかります。

 こちらも最後の締めにネックラインも入念にプレスして!

4:レチノCでハリと艶に追い撃ちを?

レチノA

もうこの時点で顔はCセラムをしっかりチャージして
テンテンのツヤツヤ状態ですが、アラフォーど真ん中
の私はダメ出しで、美肌力に追い撃ちを賭けます。

1:レチノCをチューブから4センチ~5センチ程出して
 目じり、ほうれい線、額のシワなど小じわや表情シワ
 に沿って下から上へ馴染ませます。

あまり余らないけど余ったレチノCはもちろんネックラインに!

5:Qusomeモイスチャーゲルの保湿力で潤いを

ゲルクリーム
ここまできた状態で結構お肌はツルンツルンな状態。

でも、まだダメ出しします。
アラフォーど真ん中にはここが重要。

ちなみに乾燥肌です。

1:Qusomeモイスチャーゲルで保湿ケアを顔全体に
 馴染ませる。

ちなみに今のまだ昼間ちょっと暑い季節なゲル
クリームで冬になったらQusomeモイスチャーリッチ
クリームに乗り換えます。

ここまで塗って、翌朝起きたらツヤツヤの卵肌の
出来上がり!

私のおすすめエイジングケアトライアルはこちらです☟


ビーグレン美肌力の源はQusome浸透テクノロジー

Qusome
正直に言って美肌ケアにはかなりのお金を投資
してきた私ですが、他のコスメとビーグレンの
コスメの違いを考えて思いました。

やはりビーグレンの美肌力はドクターケラー氏
開発の国際特許のQusome浸透テクノロジーじゃ
ないのかと・・・

Qusome(キューソーム)とは超極小カプセルに
成分を閉じ込める事によって壊れやすく化粧品に
配合しにくいと言われた成分も安全で有効な形で
深部まで届ける事に成功した浸透技術の事です。

この浸透技術によってCセラムでもピュアビタミンC
の高濃度なビタミンC7.5%の配合に成功。

全てのアイテムのQusomeの浸透テクノロジーを
使用しているからこそ通常の成分がより高い効果と
持続性を発揮できると言われています。

これ自前のお肌で実感できるから思うんです。

最初Qusome(キューソーム)へぇ~くらいな
感覚でしたが、今は違いますよ。

美肌効果が半端ないので、物凄い発明だったん
だろうなと納得するばかりです。

国際特許ですからね!

ビーグレンで美肌ケアすることのメリット

原因
美肌マニアとして過去様々な高級コスメを買いあさって
きた私がたどり着いたビーグレンも使用開始から丸1年
の歳月が経ちました。

今後もビーグレンを超える美肌力を感じるコスメが
無い限り半永久的に継続して愛用すること間違い無し
の私が思うビーグレンで美肌ケアすることのメリット
を紹介します。

結構使用している人にはありきたりかも~ですが
まだこれから購入を迷っている~って人には必見かも?笑

ちなみに管理人の私はアラフォーど真ん中の
日々逆らえない老化と劣化の二つと闘う45歳です。

メリット

・目に見える変化となり美肌へと変化する
・しかもかなりの剛速球で(即効性あり)
・リアルな若々しさと瑞々しいお肌になれる
・美肌に変化することで精神衛生状余裕が生まれる
・若さに固執しなくなる
・友人や他人に肌を褒められる
・美肌なんだからダイエットも頑張ろうと思える
・まだまだ大丈夫だと妙な自信が沸く

あまりにも若い女性には微妙なメリットに思えるかも
しれませんが、私と年齢がリンクする年代の女性なら
共感してもらえるメリットかな~と思います。

正直メリット意外思いつきません・・・


若さの中でも清潔感の象徴が美肌

艶肌
若さを意識したとき最大限それを生かせる
パーツだと思うのが清潔感と美肌です。

いくら美しく最先端のファッションに身を包んでも
荒れてどんよりしたくすんだ状態のお肌では清潔感
とは程遠い存在に見えるもの。

そして逆を考えた時、第一印象で見たお肌が内側から
輝くようなツヤのある美肌だったら?

簡素なファッションでも清潔感があるように
見えるのはどちらでしょう?

美肌ですよね。

美肌だとそれだけで清潔感あふれる人に見えるのは
間違いない見た目ポイントだと思います。

ビーグレンの美肌ケアで自己投資は費用対効果が高い

大丈夫
この結論に至って、美肌マニアとして投資
してきて思うのです。

ビーグレンは美肌ケアとして自己投資するには
何て費用対効果の高い投資なのでしょう~と・・・

ビー―グレン社の回し者ではありませんよ。笑

過去かなりの高額コスメを散財してきた私が思うに
ビーグレンは凄く良心的な価格です。

価格とそれを支払って得られるリターンとしての
費用対効果を考えたら自己投資としてはかなり優秀な
投資先です。

自己投資って大事ですから。

ビーグレンのリターンはあまりに大きいです!

ビーグレンを惜しみなくが効果的な使い方

副作用
結論から言いましょう!

全てのアイテムに明確な使用量の目安が
ありますが、それをベースに惜しみなく
たっぷり使う。

これが最大の美肌効果を引き出すポイントです。

あまりにも量をケチって使用するのは頂けません。

最大に美肌効果を引き出す使用方法はビーグレンを
しっかり肌悩みに応じてシリーズ使いする。

そしてローションやCセラムなどの美容液はしっかり
たっぷりを意識してお肌に入れ込む。

そうすることでビーグレン最大特徴の一つであるQusome
が更なる効果としてグイグイ肌の奥深くにまで行き渡り
瑞々しくツヤツヤのお肌へと導いてくれる。

これが私が1年使用して実感した最大のリターン
なので他(ファッション)等を削ってもビーグレン
で美肌ケアに投資する事をおすすめします。

リターンが明らかに大きいですので。

まずはお得なトライアルからお試し下さい☟


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. エイジング
  2. レチノール
  3. whitecare_trialset
  4. 脱皮
  5. 額のシワ
  6. 乾燥肌
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。