ビーグレンCセラムヒリヒリした刺激を感じた場合の3つの対処法

この記事は5分で読めます

原因

ビーグレンのCセラムは高濃度のビタミンCゆえ
ニキビや毛穴など多様な美肌効果がある事でも
知られた成分です。

でもそんなビーグレンが誇るCセラムの使用感には
ある特徴があるのです。

ビーグレンユーザー1年の私も感じたCセラムの効果の
高さはお墨付きですが、それでも感じた他の美容液
にはないヒリヒリした刺激の正体とは?

またヒリヒリした刺激を感じた場合私はどうしたか?

みんなはどうしてるのか?

超敏感肌で乾燥肌の私が今となっては絶対手放せない
ビーグレンのCセラムのヒリヒリを感じた場合の3つの
対処法をご紹介したいと思います。

美肌力高すぎのビタミンCはやめられない☟


ビーグレンCセラムのヒリヒリ刺激が止まらない?

リスク
ビーグレンのCセラムはビタミンCの中でも壊れやすい
と言われるピュアビタミンCを使用した高濃度のビタミンC
を使用しています。

それゆえ、肌ケアにビタミンCデビューとしてCセラムを
使用した際に比較的感じる事が多いと言われる使用感が
ヒリヒリした微量の刺激を感じる人が多いみたいです。

そうゆう私もちょうど1年前初のビーグレンのトライアルを
使用して感じた感想は第一になんかヒリヒリ、チリチリした
お肌の引きつれ感に近い乾燥を感じました。

これこそがビタミンCの持つ成分の特徴である皮脂の
コントロールする効果が、それまでゆったりと老化に
任せて放置していたお肌にピリㇼとした刺激を感じた。

1年たった今そうハッキリ言いきれます。

でも疑問に思いますよね?

お肌のヒリヒリチリチリ感や違和感を感じつつ
何故そのままビーグレンのCセラムを使い続けたの?

それはお肌の調子が明らかに良かったから!

違和感はあるけど完全に美肌に脱皮するがの如く
変化する肌の様子にもはやCセラムもビーグレンも
辞められない止まらない~状態になってしまった・・・

これが嘘偽りない事実です。

ビタミンCが辞められません・・・

ビタミンCの好転反応

原因
私が未だにCセラムを使い続けているのは明らかな
美肌力を目に見えた変化として感じたから。

当然それくらいのメリットが無いとヒリヒリ刺激を
感じながら使用を続ける理由はありません。

トライアル使用から2日目にはヒリヒリとチリチリ感
は継続して感じつつ目に見えて>毛穴が引き締まりツヤ
が出て顔全体にハリがよみがえったあの感覚はヒリヒリ
してても仕方無い。って無視できるレベルの変化でした。

結局今思えば結果論からして、ビタミンCの好転反応
かな~と結論思っています。

だってヒリヒリチリチリしただけで肌はどんどん良く
なるんです。

この状態で肌荒れや湿疹が出たら当然どんなコスメでも
使用をやめますよね。

でもビーグレンのCセラムは逆だった。

まさに真逆の美肌効果が!
浸透テクノロジーで若返る サイエンスコスメb.glen

ビーグレンCセラムはピュアビタミンC

セラムC
ビタミンCが持つ美容効果の高さは美容皮膚科医が
ほぼ全ての肌質に副作用無く美肌効果を発揮する。

という程スキンケア製品としては最強の抗酸化物質と
言われる成分なのです。

その中でも一般的なコスメに使用される事の多い配合
量は3%が多いと言われる中ビーグレンのCセラムは
脅威の7.5%を配合。

しかも壊れやすく扱いにくいと言われるピュアビタミンC
をビーグレンの浸透技術であるQusome技術で配合する事に
成功。

Qusomeはドクターズコスメであるビーグレンが国際特許を
取得した浸透技術で超微粒子の美容成分として肌の刺激を
軽減させつつ浸透しにくい成分を長時間留まらせ速攻性
ある効果を出す事に成功。

この浸透技術はビーグレンならではだからこそピュア
ビタミンCの配合に成功したのだと思います。

Cセラムは高濃度だから効果が凄い

大丈夫
とうぜんこれまでの3%配合が一般的だったビタミンC
から7.5%の高濃度を叶えたCセラムは効果も抜群。

ピュアビタミンCの効果
・毛穴を引き締める効果
・皮脂分泌の抑制効果
・コラーゲン生成促進効果
・メラニン生成の抑制効果
・軽いピーリング効果

これらの効果が期待され、総合的んお肌を美肌へ導く
事から8つの肌悩みに特化したトライアル全てにCセラム
がセットされています。

毛穴・くすみ・テカり・皮脂・ハリ

これらの効果が常に良質な肌のコンディションを
整えてくれる結果として美肌へと導いてくれるのです。

しかもかなりな即効性で!

正直使わない理由が見つからないビーグレンの
お得なトライアルはこちらから☟
浸透テクノロジーで若返る サイエンスコスメb.glen

ビーグレンCセラムヒリヒリが止まらない場合対処法

乾燥肌
基本ほぼ全ての肌質に対して副作用が無いと言われる
ビタミンCですが、効果の高いピュアビタミン7.5%の
高濃度であるCセラムは効果があるからこその好転反応が
強い場合もあると考えれます。

どうしてもヒリヒリが止まらない。

チリチリした乾燥感覚が気になってしかたない。

そんな時の対処法として、私も1年前に感じた
ヒリヒリ感覚とチリチリ感覚を感じた場合に実践した
対処法をご紹介します。

1:Cセラムの後しっかり保湿

ヒリヒリした感覚は正直結構な違和感です。

冒頭でも述べましたがそれでもCセラムの利用を
辞めなかったのは明らかなお肌の美肌への脱皮?

その実感があったから。

だから違和感を感じつつもCセラムの使用をやめる
事が出来なかった私。

それをどう解消したかと言うと当然ならがトライアル
にもセットされていた(エイジングケアセット)の
Qusomeモイスチャークリームをかなりしっかり塗って
保湿ケアを最後にプラスしました。

時期が17年9月とちょうど1年前で正直それ程乾燥を
感じるような時期ではないはずなのに・・・

お肌の調子は絶好調なのにヒリヒリ感は結構
続いたからです。

Qusomeモイスチャークリームでしっかり保湿。

もちろんそれに代わる保湿クリームでもOK。

たっぷりとCセラムの好転反応で感じるヒリヒリ感を
ほぐす為?にも保湿剤でしっかり保護しましょう。

これで幾分ヒリヒリ感は解消できます。

2:Cセラムの量を調整する

Cセラム
それプラス実行したのがCセラムの使用量
調整です。

Cセラムで肌の調子がいいのは明らかだったので
辞めたくはない。

でもヒリヒリした感覚は気になる。

そこで私はビーグレンのお問合せ窓口に
電話して相談しました。

私:「お肌の調子はかなり良いです」

「でもヒリヒリ、チリチリしたお肌の引きつれ感覚と乾燥が気になるの」

ビーグレン
『それならCセラムの量を半量にして使用したり夜だけ使用してください』

Cセラムの取り扱い説明書の通りたっぷり直系2センチを
しっかりお肌にプレスしていた私は少しの間少し小さめの
直系1センチ弱に変更。

(物足りないから直ぐ2センチ)に戻しましたが・・・笑

3:Cセラムを夜だけ使用する


色々試して長らく試したのがCセラムを夜だけ使用
にシフトしてヒリヒリ感やチリチリ感を穏和させた
私は結局1ヶ月くらいはこのヒリヒリした感覚は
あったと思います。

もちろん今では何ともありません。

かなり長い期間夜だけのお手入れ美容液として
Cセラムを使用して朝の使用は控えていました。

この間一度も(1日たりとも)Cセラムを欠かした
夜はありません。

それだけヒリヒリ乾燥感はあるものの、お肌の
調子は良かったのだから辞めれる訳がありません。

ビーグレンCセラムこんな場合の対処法

乾燥肌
ただ、あくまでこれは私の場合は~ですよね。

かなりの敏感肌と乾燥肌と言う自負がありますが
それでも全ての人に絶対とは言い切れません。

基本は私自身が初めてビーグレンを使用した日から
脅威の美肌力を感じているCセラムの使用を今では
絶対唯一無二と言いきれる美容液です。

これ程必要不可欠な美容液と言い切れますが
過去の失敗例からこんな症状の時はやっぱり
Cセラムであっても使用をストップしてください。

Cセラムで症状悪化が止まらない

・肌の赤みがどんどん炎症悪化する
・炎症と痒みを伴う症状が出た
・赤みから湿疹に変化した
・ヒリヒリ感を通り越して乾燥で肌がズル剥け状態。

この明らかに異常事態のお肌の変化があった時は
もはやCセラムの量を減らすなどの状況ではせん。

速攻Cセラムの使用を止めて、かかりつけの皮膚科医に
かかるなど医師の診断を受けて下さい。

そしてビーグレンのトライアル使用でこの上記の
悪化条件にお肌が変化した時は365日の返金保証期間
利用して返金手続きをして下さい。

ビーグレンのCセラム1年使用した私の感想

艶肌

当初(トライアル使用時期)から続くヒリヒリと
ピリピリした乾燥感覚に戸惑いましたが、それとは
相反するように即効で感じたお肌の美肌への変化。

毛穴が目に見えて引き締まり、毛穴レスから艶とハリ
が出た私のお肌は久しぶりのリフティングしたような
若々しい美肌へとチェンジしてました。

これを感じたのがトライアル使用わずか2日目。

ヒリヒリチリチリも気になるけど

何この毛穴レス。

肌の艶とハリ!

そして1年1日も欠かさず塗り続けたCセラムを今と
なっては毎日ビタミンCは欠かせない!

死ぬまで日焼け止め!
死ぬまでビタミンC!

こう言い切れる程ビーグレンのCセラム最高です。

是非あなたも、最初はもしかしたら私のように
お肌の好転反応としてヒリヒリを感じるかも。

そんな時は量を減らして、夜だけにして、時には
少し日にちを開けて、Cセラム使ってみて下さい。

まずは7日間トライアルでビタミンCの威力を☟
[b.glen]細胞レベルで甦るエイジングケア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. シミ口コミアイキャッチ
  2. エイジング
  3. トライアル
  4. 大丈夫
  5. 注意点
  6. レチノール
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。