ビーグレンQusomeホワイト1.9ハイドロキノン成分のシミ効果

この記事は4分で読めます

whitecare_trialset

ビーグレンのQusomeホワイト1.9のシミへの効果が
高くてリピート率が凄いと話題になっています。

ハイドロキノン入りで注目されるQusomeホワイト1.9
の成分解析をしてどんな成分がシミや色素沈着や色むら
に効果があるのでしょう?

また成分の特徴と効果の高さから注意点も踏まえて
調べてみようと思います。

ビーグレンお得なホワイトケアはこちらから☟


ビーグレンQusomeホワイト1.9の成分と特徴

ホワイト
お肌に出来たシミや色むらを肌悩みの一つに
あげられ美白や日焼け対策に力を入れる女性が
多いのは知られた事実です。

そんな中ビーグレンが長年の研究の中確実に
美白効果を引き出す成分として配合したのが
美容皮膚科医が使用することでも知られる
ハイドロキノンを使用。

独自の浸透処方Qusomeとハイドロキノンを融合
させて必要な個所まで届かせる事に成功したのが
Qusomeホワイト1.9クリームです。

このQusomeホワイト1.9の美白力の高さはその
リピート率の高さと使用した人の口コミの高さを
みれば一目瞭然。

只今18年9月7日時点で公式ページを確認したら
まさかの在庫切れ!

9月12日までは本体ではないトライアルサイズの
5g3本で本体容量と同じとして変わりの商品として
紹介されています。

もちろん価格は同じ定価価格の6,480円!

この時代に15gで6,480円の美白クリームが在庫切れ
の事実こそリピーターの確実な効果を感じている証拠
の一つと言えるでしょう。

素直に凄いと思います。

と言うかビックリ!

ホワイトトライアルなら5g入りのホワイト1.9がお試し
出来る超お得なトライアルです☟



ビーグレンQusomeホワイト1.9の特徴

日常生活の中どうしても紫外線の影響を受けお肌が
シミや色むら色素沈着と言うダメージを受けます。

そうした肌ダメージを日々のお手入れで澄み切った
透明感あるお肌へと導く手助けをしてくれるのが確かな
美白効果があると言われるハイドロキノンを独自の浸透技術
Qusomeと融合させたのがビーグレンのQusomeホワイト1.9
なのです。

このQusomeホワイト1.9はハイドロキノンと言う高い
美白効果を見込める成分をドクターズコスメである
ビーグレンの独自の浸透技術Qusomeを合わせた事で
より深くシミや色むらにアプローチすることに成功。

高い効果があるハイドロキノンの弱点でもある
副作用の可能性を限りなく少なくして低刺激化に成功。

スピード感ある効果で圧倒的な透明感あるお肌へと実感
出来、一点の濁りもないお肌を目指せるクリームとして
使用された女性のリピート率の高さでも知られた美白
クリームです。

ビーグレン配合のハイドロキノンの特徴

ハイドロキノンとは従来からあるプラセンタや
ビタミンCの持つ美白成分の10倍から100倍の美白
効果を持つ成分
として美容医療やアメリカでは盛んに
美白コスメに使用されてきた成分です。

そのありの効果の高さに「肌の漂白剤」と
呼ばれる程強い美白成分であると言われ日本でも
厚生労働省の認可により2%までの配合が許可されている。

尚4%以上は米国共に医師の処方箋が必要です。

ビーグレンQusomeホワイト1.9成分解析

ハイドロキノン
冒頭で紹介したようにこれほど皮膚への美白効果が高い
とされるハイドロキノンを化粧品の規制穏和がされた
2001年から2%までの配合が許された成分をビーグレンは
1.9%のギリギリまで配合することに成功。

しかも独自の浸透技術Qusomeによって1.9%のハイドロキノン
は4%近くの効果が見込めるのでは~と言われる独自の技術が
確かな効果を生みたしそれがユーザーへの美白効果となって
高く評価されている。

主要成分を改めてみてみましょう!

1:ハイドロキノン
2:Bホワイト
3:ハイビスカス花発光液
4:ゲンチアナ根エキス

全成分リスト
水, プロパンジオール, スクワラン, ハイドロキノン, セテアリルアルコール, テトラエチルヘキサン酸ペンタエリスリチル, トリエチルヘキサン酸トリメチロールプロパン, ゴヨウマツ種子油, ジメチコン, ステアリン酸グリセリル, ベヘニルアルコール, ジステアリン酸PEG−23グリセリル, アスコルビン酸, 3-O-エチルアスコルビン酸, ヘキシル3−グリセリルアスコルビン酸, オリゴペプチド-34, オリゴペプチド-68, オキソチアゾリジン, 乳酸桿菌/ハイビスカス花発酵液, ゲンチアナ根エキス, ビオサッカリドガム-1, ラムノース, グルコース, グルクロン酸, トコフェロール, グリセリン, BG, ステアロイルメチルタウリンNa, ステアラミドプロピルジメチルアミン, ステアリン酸ポリグリセリル-10, ステアリン酸PEG−55, ステアリン酸ソルビタン, バチルアルコール, ステアリルアルコール, マカデミアナッツ脂肪酸コレステリル, ステアリン酸コレステリル, リナロール, 乳酸, 乳酸K, フェノキシエタノール, ピロ亜硫酸Na, EDTA-2Na

ビーグレンQusomeホワイト1.9ハイドロキノンの効果

では具体的なQusomeホワイト1.9の成分効果を見てみましょう。

1:ハイドロキノン
メラニン色素を淡色化する還元作用とメラニン合成抑制作用を持つ
強力な美白効果を持つ成分とされる。

2:Bホワイト
肌の明るさを保つ効果と人体に存在する合成ペチプド。

3:ハイビスカス花発酵液
ハイビスカスの花を発酵させ抽出したエキス。
植物の生命力が肌本来の力を引き出します。

4:ゲンチアナ根エキス
リンドウ科の植物である”ゲンチアナ根の塊根”から抽出されたエキス。
いきいきとした肌へ導きます。

1から4までの効果が下記のような美白効果となる。

★色むらの無い明るい肌

★くすみ知らずの透明感ある肌

★紫外線ダメージを跳ね返す、生き生きした肌

★うるおいの続くしっとりした肌

今まさに現品15g6,480円が在庫切れ状態なのが
論より証拠です。

超お得なトライアルなら5gQusomeホワイト1.9入りで
1,800円の消費税送料込みです☟
[b.glen]シミを消す!QuSomeホワイトセット

しかも万が一の時は365日の返金保証付きだからリスクゼロ。

ビーグレンQusomeホワイト1.9ハイドロキノンの使用説明

ホワイト使用方法

こちらもシミや色むら色素沈着に特化したホワイトケア
としてご紹介します。

1:Qusomeクレイウォッシュで丁寧な洗顔を

2:Qusomeローションでたっぷりの保湿をする

3:CセラムでしっかりビタミンCを注入

4:Qusomeホワイト1.9をパール大1個から2個を顔全体に使用。

最後はしっかり手のひらプレス。

5:Qusomeモイスチャークリームでしっかり保湿して終了。

ビーグレンQusomeホワイト1.9ハイドロキノンの注意点

ビーグレンQusomeホワイト1.9はハイドロキノンの
特製を考えて夜だけの使用にして下さい。

紫外線により変化しやすいハイドロキノンがお肌に
刺激を与える可能性があります。

ですので夜のお手入れ専用美容液として朝の使用は
控える事。

またエイジングシリーズにあるレチノC美容液の
レチノール入りクリームとの併用はされないように。

理由は両方が効果の高い成分の為お肌に負担が
かかる場合があります。

その為使用する場合はQusomeホワイト1.9が夜専用
クリームなのでレチノCは朝というように朝晩で
使い分けすることがおススメです。

夜はしっかりQusomeホワイト1.9でお肌に透明感や
気になるシミケアを。

朝はレチノCのビタミンA効果でハリ艶のあるお肌を!

このW使いで完璧な美肌効果を実感できると思います。

ビーグレンQusomeホワイト1.9で透明感あるお肌へ

如何でしたか?

ビーグレンは1年使用した私もどのアイテムも外れの
無いアイテムとして優秀なドクターズコスメなのは
確かです。

その中でも15g6,480円と決して安くない美白クリーム
Qusomeホワイト1.9が現在在庫切れであるこの事実こそ
効果の高さを感じているリピーターの多い商品である事が
分かりますね。

是非あなたの肌でQusomeホワイト1.9で透明感ある
美白肌を目指してみませんか?

まずはお得なトライアルをおススメです。

このトライアルは今現品に代わって3本15gとして同価格で
販売されているお品の1本5gが入って洗顔ローション美容液2本
クリーム1本の5つセットで1,800円消費税の送料込みで超お得です。

即効性の高いビーグレンのホワイトトライアルで
美白ケア初めてみてください☟


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 乾燥肌
  2. ほうれい線
  3. トライアル
  4. 乾燥肌
  5. ほうれい線
  6. 注意点
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。