ビーグレンのシミ取り効果なし!2ヶ月使用でダメなら推奨日数は?

この記事は4分で読めます

whitecare_trialset

ビーグレンユーザーの私も知っているホワイトケアラインの
ハイドロキノンがビーグレンの中でもシミ取りクリームとして
効果が高く人気のトライアルらしいです。

いかにも美白大国の日本らしいですが、かれこれ1年ビーグレン
を使用した私は2ヶ月ビッシリ使用したけどシミ取りに効果なし
でした・・・

効果なしと感じた人と効果があると言われる人の使用日数の
違いやビーグレンが推奨する日数はどれくらいなのでしょう?

ハイドロキノンのシミ取り効果と同時に1番人気と言われる
ビーグレンホワイトケアのシミ取り効果を徹底調査してみましょう。

さっそくホワイトケアトライアルを使用したい人はこちらから☟


ビーグレンのシミ取り2ヶ月使用で効果なし

注意点
ドクターズコスメのビーグレンの使用を始めて来月で
丸1年の管理人です。

使用開始時からビーグレンの8つの肌悩みシリーズ
で注目していたエイジングケアトライアルとホワイトケア
トライアル。

どちらも使用してみたい私は基本トライアルの美容液
エイジングトライアル=シワ=レチノール
ホワイトトライアル=シミ=ハイドロキノン

と言う具合に美容液1本の内容が違うだけのトライアルを
2つ購入して本体購入前に使用しました。

その後初回はレチノール入りのエイジングシリーズが
気に入り本体購入へと進みましたが、何せ美容液の違い
だけなので、数ヶ月定期購入をしてレチノールを使用
した私は浮気心でホワイトラインのハイドロキノンクリーム
を2本使用した期間があったのです。

ホワイトケアの美容液Qusomeホワイトクリーム1.9
ビーグレンの中でもレチノールに次ぐ人気と認識していた
ので、40過ぎて薄っすらと左目下に出現しだしたシミが
気になり定期購入の中身をチェンジしてみたのです。

はい、レチノAクリームからQusomeホワイトクリーム1.9へ
変えただけですが・・・

そこで感じた私なりの正直な感想を言います。

効果何も感じない・・・

正直な感想です。

美肌マニアとは言え嘘は付きたくありません・・・

ビーグレンホワイトケアで即効性は無し?

whitecare_trialset

正しい使用期間は今となっては分かりませんが中身
QusomeホワイトクリームもレチノAクリームも
本体は15gとかなりの少量チューブクリームです。

レチノAと同じく顔全体使用OKとの事だっので
たっぷり顔全体に使用。

だいたい1本1ヶ月で2ヶ月使用した記憶ですが
正直この2ヶ月で特別な変化は感じる事はありません
でした。

当然左目下のシミも取れたという感覚はゼロ!

効果はない!

こう思い、意味ないな~と思い速攻効果を感じた
レチノAにまたシフト。

ちなみにレチノAはシワと言うより顔全体のハリ感
が超お気に入りでそれ以降も現在までレチノA派として
定期購入して日々美肌へのお手入れを欠かさず行って
います。

レチノAはハリと艶効果感じまくりです。笑

私の意気に入りレチノAはエイジングケアがおススメです!


ビーグレンのホワイトケアでシミ取り効果ある?

ビーグレン

これが驚きの結果でホワイトケアのQusomeホワイトクリーム1.9
人気があるだけに効果があるとの口コミが多いんです。

私としては2ヶ月使用して効果を感じなかったことと
それ以上に以前使用していたレチノAのエイジングライン
に効果を感じていたから別に気にもしてなかったのが
本音です。

でも美白に力を入れている女性が多いように肌悩みで
シミと言ったらかなりの女性が取り組むお手入れの
項目らしく、その中でも脅威のシミ取り効果がある
コスメとして継続使用される女性が多いらしいのです。

へぇ~って感じですが、同じブログを見ていても
画像入りで数ヶ月置きの画像を添付してどうゆう
経過でシミがビーグレンのQusomeホワイトクリームで
消えていったかのブログが凄い出ているから驚き!

そこで効果が無いと2ヶ月くらいの使用で言い切っていては
ダメだな~と思い経ち一体効果があったと言われる女性は
どのくらいの使用期間で効果を感じているのか?

気になりますよね。

だって個人的にはもうシミはもう少し酷く濃い状態
になったら覚悟を決めてレーザーしかないな~と思って
おりましたので・・・汗

ビーグレンホワイトケアはハイドロキノン入り

ビーグレン
ちなみにビーグレンのホワイトケアのQusomeホワイトクリーム
1.9はハイドロキノン入りクリームです。

ハイドロキノンと言ったら、シミ取りの手段としてレーザー
に並んで今や美容皮膚科医療での治療としても積極的に
取り入れられる医師監修の元処方される成分でもあるようです。

その効果の威力は『お肌の漂白剤』と言われる程強力な
威力を持つハイドロキノン。

そのハイドロキノンが一般的には医師監修の元出せる濃度の
高さが5%と言われており、美容医療の世界でもシミやニキビ跡
に悩む女性にレーザーに次ぐ安全なシミ取り処方として今では
一般的な処方されているシミ取り成分でもあるのです。

それが化粧品としてビーグレンがQusomeホワイトクリーム
1.9に処方され、しかも1.9とは言えビーグレンの独自の浸透
テクノロジーのQusome化を成功させたことによって通常の
ハイドロキノン4%と同等と言われる濃度が入っている
ことが
高いシミ取り効果となっていると考えられているのです。

美容医療の元診察して保険適用外で出されるハイドロキノンが
一般的に10g3,000~5,000円の相場と言われるので通常の
ハイドロキノンのようなピンポイントでの使用ではなく顔
全体に使用できる処方がされているビーグレンは15g6,000円
との事。

私のような短期ではなくじっくり腰を据えて継続使用
する事でシミが取れたり顔全体の美白効果を感じる女性
が多いのも頷ける理由かもしれません。

効果を感じる女性が多い事の1番の証明は2006年6月発売
から10年以上の今累計590,000本以上の販売実績が信憑性を
物語っていると思います。

継続は命~かな?まずはトライアルから☟
[b.glen]シミを消す!QuSomeホワイトセット

ビーグレンが奨励するシミ取り日数期間

副作用
ビーグレンが推奨するQusomeホワイト1.9の使用日数
が気になります。

私は超即効性のあるコスメが好きなので2ヶ月2本で
目に見える効果を感じずエイジングラインに戻って
しまいましたが・・・

一応1ヶ月1本使い切りで効果を感じシミが薄くなった
と感じる人や2ヶ月使用してほとんどシミが消えている
との口コミや画像も出回っおりました。

その辺りは個人差があるかもですね。

一応ビーグレンの推奨しているQusomeホワイト1.9の日数も
半年から1年のスパンでの使用を推奨しているみたいです。

理由はシミとは言っても、当然古いシミ程消えるのに
時間はかかり、できてからの時間と美白効果は比例する
との回答がされたようです。

要約すると出始めたばかりのシミが古くからあるシミより
Qusomeホワイト1.9の効果が出やすく、また古いシミは
じっくり時間をかけてお手入れする必要がある場合が多く
それも個人差やお手入れされる方のお肌サイクルや代謝
など細かな要因との兼ね合いで個人差があるため。

こうした理由から半年から1年がシミを消すアプローチ
としてはQusomeホワイト1.9の使用日数に適している。

との事らしいです。

私のはこの2~3年で薄っすらしっかり出てきたシミ
ですが、気が付かなかっただけで結構古くから肌の奥
深くに隠れていた可能性も大ですね。

2ヶ月2本使用では効果が無いのも納得です・・・

ビーグレンハイドロキノンの正しい使用法

大丈夫
やっぱりビーグレンのカウンセリングでは
ホワイトラインのライン使いで美白やシミケアを
行う事こそ効果的な結果を求められるベストな使用法
だと推奨しているみたいです。

つまりは美白美容液だけQusomeホワイト1.9を使用して
他はどんなコスメでもいいよ~ではなくやはりライン使い
で総合的にお肌の美白効果やシミへの適正な効果が得られると
の考えのようです。

最低でも、Qusomeローション、Cセラム、Qusomeホワイト1.9
クリームの3点での継続したお手入れがおススメ。

万が一金銭的に余裕がない場合のシミ取りケアのおススメ順も

絶対おススメは夜のスペシャルケアとしてQusomeホワイト1.9
を顔全体に使用して、次にCセラムの美容液を、そしてQusome
ローションの順におススメで、これら3点での半年から1年での
お手入れが最も効果を引き出す日数としておススメのライン使い
との事です。

是非まずはお得なトライアルからチャレンジして下さい☟


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 毛穴
  2. レチノール
  3. トライアルケア
  4. 脱皮
  5. 大丈夫
  6. エイジング
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。