ニキビ跡治し方は色素沈着と赤みケア!市販成分ならビタミンCとA

この記事は4分で読めます

脱皮

ニキビ跡の治し方は現在では様々な方法があります。

皮膚科医での専門治療から市販成分で効果の高いビタミンCやビタミンA。

これらを上手く取り入れたりと、多岐に渡り方法があります。

そんな中でも最もニキビ跡に多い色素沈着と赤みケア。

このニキビ跡は初期の段階程、治し方としては、市販成分で高い効果があると言われます。

今回はニキビ跡の中でも早期のお手入れで効果があると言われる、色素沈着と赤みケアが市販成分のビタミンC.A
でどれ程の、効果があるのか紹介したいと思います。

公式ページはこちらから☟


ニキビ跡は治るのか?

レチノール
結論から言って、現代の美容医療や化粧品の進歩の具合から言っても基本は治せると思います。

ただ、ニキビ跡の中でも早期と言われる症状の赤みがある場合。

赤みからの色素沈着状態のニキビ跡。

これらのニキビ跡は、比較的早くの治療や市販の美容成分で充分治せると言われます。

ニキビ跡の中でも最も治すのに時間も費用もかかるのが、クレーター状態のニキビ

これらの繰り返しでお肌が完全に凹凸状態でクレーター状の人。

この最後の凹凸状態のお肌が、唯一、市販での美容成分での、スキンケアでは改善が難しいと言えます。

信頼の置ける、美容皮膚科医で、レーザー治療やケミカルピーリングなど適切な自宅ケアを取り入れる。

その上で自宅でも効果の高いスキンケアを地道に継続することで改善はできます。

このように、ニキビ跡の程度や種類によって、治療期間も、かかる費用も変わります。

こうしたニキビ跡の程度の差を考慮して、ある程度お金に糸目をつけない覚悟と余裕さえあれば現代ではニキビ跡は治せる肌悩みだお思います。

ニキビ跡の種類と治し方

どんな成分

それでは、もう少し具体的にニキビ跡の種類と、具体的な治し方を紹介したいと思います。

ニキビ跡も軽いニキビ跡から重いニキビ跡まで、人によってニキビ跡の定義も変わります。

デキたばかりのニキビを潰した赤みのある状態のニキビ跡。

そうした行為の繰り返しから、色素沈着状態のニキビ跡。

そして最後は冒頭でも紹介した、それらの行為を年単位で繰り返し、お肌の凹凸がクレーター状態の、ニキビ跡。

これらを生じて軽度から中度、重度の三段階に分けて考えても同じ方法での治し方ではない事は理解頂けると思います。

ニキビ跡赤み色素沈着の治し方

色素沈着ニキビ跡
ニキビ跡の中でも一番軽度になる赤みニキビ跡と、赤みから悪化した状態が色素沈着です。

赤みが跡となっている場合、一番重要なのは、その後また繰り返しニキビを作らないようにすること。

具体的には

・食生活の見直し(揚げ物や、肉類・菓子)控える
・朝晩の洗顔をしっかりする(洗浄力の強いモノは避ける)
・入浴の際はシャンプー・リンスをしっかり洗い流す事
・ニキビがあっても無くても手で顔を触わらない
・日焼け止めを使用する
・ニキビ肌でも保湿は欠かさない
・たっぷりの睡眠をとる
・暴飲暴食を辞める
・喫煙習慣がある人は可能なら禁煙する

ニキビが出来やすい肌質の人は、やや肌質が脂性で皮膚からの分泌される皮脂が詰まりやすい。

その繰り返しで、アクネ菌が発生してニキビとなり潰れた後が赤みになります。

そう考えると皮脂のコントロールが出来て毛穴詰まりを解消できる。

これを手助けする成分でもあるビタミンCをスキンケアに取り入れる事。

上記の生活習慣を気を付ける事と同じくらい重要なポイントで、市販成分で取り入れる事の出来る最も効果のある成分だと思います。

赤みケアは第一段階で、色素沈着は、この赤みの段階を無視して悪化した状態が色素沈着なので、同じように生活習慣の見直しと、スキンケアのビタミンCを取り入れてみましょう。

ビタミンCならビーグレンがおすすめ☟


ニキビ跡クレーター状態の治し方

クレーターニキビ跡
ニキビ跡の中でも一番深刻で悪化した状態がクレーターのお肌が凹凸状態になっている人です。

こちらの状態になっている人は、思い切って美容皮膚科か信頼の置ける皮膚科医にかかりましょう。

市販の化粧品だけで治すには、あまりにも不確定な時間がかかってしまう事と、長時間のお手入れ期間を取り入れても完全な完治の期待はできません。

現在の美容皮膚科の技術を使って、軽めはケミカルピーリングを(5回~10回)行ったり、レーザー治療の中でも最も効果があると言われている「フラクショナルレーザー」などを利用すること。

これら専門医の治療を取り入れて、なおかつ自宅でのスキンケアにはビタミンCとAを!

こうした緻密なお肌への投資と飽くなき努力があって、格段に改善効果がUPします。

その上で、自宅での美容成分にビタミンCやビタミンAを取り入れる。

プロの手と自宅ケアの両面での治療でしっかりクレーターニキビ跡にアプローチ。

こうすれば時間はかかっても現代医療の力であれば、かなり改善すると言われます。

ただし、何度も言いますがクレーター状態は時間はかかります。

皮膚科医での治療も自宅でのビタミンCやAの美容液も、とにかく根気を持ってケアすることを意識してください。

ニキビ跡市販成分ならビタミンC効果

Cセラム
ニキビ跡の赤みから色素沈着には絶対おすすめの市販成分はビタミンCです。

ビタミンCの持つ美容効果はニキビやニキビ跡にはかなり期待できる成分です。

皮脂のコントロールから汚れや古い角質などに、アプローチできるビタミンCはセラム状が一番おすすめです。

皮脂や毛穴にテカリやくすみの元も払拭、即効性があり、これらの相乗効果でお肌はハリのあるツヤ肌へと生まれ変わる事の出来る唯一無二の抗酸化成分だと思います。

そしてビタミンCの良い所は、皮膚科医曰くほぼ全ての肌質に副作用無く美肌効果を発揮する成分である事。

絶対ニキビ跡にお悩みの方には、おすすめの成分です。

ニキビ跡市販成分ビタミンA効果

レチノールA

そしてもう一つ絶対外せない市販成分がレチノールのビタミンA成分です。

レチノールと聞くとアンチエイジングでシワに、特化した美容液のイメージが強い人が多いと思います。

もちろん最終的にはシワに効果を注力している美容液でもあります。

でも実際使用すると、このビタミンAの一つであるレチノール成分の美容効果は、ニキビにもニキビ跡にも効果があると皮膚科医が証明しています。

ニキビやニキビ跡治療にも、皮膚科医で治療で使用されるトレチノインのビタミンAの一種です。

このレチノールの持つ効果は、ニキビ跡の皮膚の代謝をアップさせ、ターンオーバーを活性化させコラーゲンの生成を促進します。

その上ハリツヤ効果も凄い!

正直、市販成分でニキビ跡に関わらず個人的にも美肌を目指す人に、ビタミンCとAは絶対おすすめの市販美容液なのは間違いありません。

ニキビ跡の治し方ビタミンC・Aおすすめスキンケア

トライアル
私が約1年前に使用して、この数年間で一番驚いた美肌効果を感じたのがこのビタミンCとビタミンAのレチノールです。

それらが入った成分として使用したのが、ビーグレンのエイジングケアセットです。

ビーグレンは8つの肌悩みに特化したトライアルが用意されたっドクターズコスメです。

その中でも、たまたまエイジングケアを選んだ私は、この1年で色々なビーグレンの肌悩みを使用してきました。

でもビタミンCのセラムCとレチノールのレチノAが入った同シリーズのエイジングケアシリーズが一番おすすめ。

特にニキビやニキビ肌用のトライアルキットもあるビーグレンですが、ニキビ跡に効果があるビタミンCとAが入ったトリプルセットはこのエイジングケア一つです。

最初のお試しトライアルなら4セットのニキビケアやニキビ跡ケア、毛穴ケアシリーズよりも、それら全て同じアイテム4点が入ってなおかつビタミンAの美容液(レチノA)をお試し出来るトライアルはエイジングケア一つだけです。

トライアルの価格も内容が4点のニキビやニキビ跡ケアと同じで1800円に消費税!

エイジングケアならニキビやニキビケアセットと同じ、トライアル内容にプラスレチノールクリームがお試しできます。

是非ニキビ跡にお悩みの方も、究極の美肌を追求したい人にも、ビーグレンのエイジングケアセットでまずは驚異の美肌力を体感してください。


万が一のお肌トラブルの時でも365日の全額返金保証が付いています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ニキビ
  2. 背中ニキビアイキャッチ
  3. 毛穴
  4. ニキビ場所
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。