レチノールクリーム正しい使用方法は副作用とのバランスが重要

この記事は6分で読めます

美肌

アンチエイジング化粧品の中でも高い美容効果で年齢肌に悩む女性の間で口コミとなって人気のレチノールクリーム。

確かな効果といつまでも若い美肌を保ちたい女性の願望を叶える成分としてレチノールクリームのには目を見張る効果があると言われます。

それゆえに、様々な副作用も問題視されるこの成分は使用するに至ってはバランスと注意点があるようなのです。

何を付けても効果があった若い年齢とは違い確かなエイジング効果を求める女性には正しい使用方法で今の年齢肌にレチノールを取り入れて、なおかつ副作用のリスクも理解した上えでバランスを取ってのお手入れが何より重要なようです。

賢く取り入れる事で実年齢を超えた内側から輝く艶のある美肌を目指して是非取り入れてみましょう。




Sponsored Link

レチノールクリームが熱い!

レチノールが凄い
世の中に出回るエイジング化粧品の中でも年齢肌にダイレクトな効果を出す事で一躍注目の成分となったのがレチノールですが、使用することによってどれほどの効果があるのでしょうか?

良い変化であればあるほど世の中の女性は分かりやすい変化が大好きです。

そこでレチノールが年齢肌にもたらすと言われるメリットを挙げてみました!

シミ・シワ・黒ずみ・たるみをピーリング効果でターンオーバーの促進で古い角質の除去する。

ターンオーバーの促進効果でと角質層の線維芽細胞を活性化させる事によってコラーゲンやエラスチンなどの肌の乾燥の要となる水分量も正しくキープ。

水分量が高まる事によってお肌に張りが戻り潤いのあるしっとりなめらかな艶肌をキープすることが出来ます。

このようにレチノール成分を取り入れる事によって年齢と共に遅れがちになるお肌のターンオーバーの促進を微量のピーリング効果で促進する力があるのがレチノール成分の強みでもあるのです。

この効果によってお肌は表皮から真皮へと生まれ変わり、シミやシワなどによって肌くすみを感じ始めるお肌をくすみの無い美肌へと導いてくれるのです。

またこの一連のピーリング効果と合わせてレチノールにはお肌の水分量を保持する効果もあるので乾燥肌に傾きがちなお肌をしっとりとしたなめらか艶肌に留める効果があるとされています。

これだけの高い効果があるレチノールクリームです。

エイジングケアに取り組む女性がレチノールを取り入れる事によって高い効果を感じて口コミで評判になるのも頷けますね。

レチノールクリームの副作用とリスクも視野に!

リスク
ただレチノールにも良い点ばかりではなく、取り入れる時にはしっかりと副作用がある事も理解して取り入れる必要があると言われます。

副作用?と聞くと何やら恐ろしくハイリスクな成分なのかな~とも思われるかもしれませんが安心してください。

具体的な副作用

★肌乾燥
★皮膚の炎症
★肌荒れ

勿論これらの副作用は個人差も大きいと思いますのでまずは少量から取り入れてみたらと思います。

使用してみたら感じるダイレクトな効果は他の成分には無い効果だと思います。

高いエイジング効果があるからこそのもろ刃の刃なのかもしれませんが、個人的には副作用と言うよりは高いエイジング効果のある成分ならではの特徴として用法要領を理解して使い分けてもらえたら良いのでは~と思います。

お化粧品として取り入れる成分としては珍しい副作用と言われるリスクはレチノイド反応と言われています。

レチノールとトレチノイン

こちらも美容に関心の高い女性なら聞いた事のあるトレチノインですが実はこのレチノールとトレチノインは同じビタミンA誘導体として身体の中にある血液中にあるビタミンAがこれらの成分になるのです。

酸素を受けたり代謝を起こしたりすることによって変化する習性を持つ成分でレチノールからレチナールへと変化して最終的にはレチノイン酸に変化します。

成分の種類

ビタミンAの種類であるレチノールには年齢肌に効果がある故の特徴として副作用がある事は先ほど説明しました。

エイジングケアの化粧品として使用されるレチノールのは種類があります。

通常化粧品として使用されるレチノールはレチノールとレチナールで、具体的には純正レチノールとレチノール誘導体とも言われています。

純正レチノールとは?
日本を代表する化粧品老舗の資生堂が「シワを改善する」として最も効果を望める濃度の濃い純正レチノールとしてシワ改善コスメとして厚生労働省から深いシワに効果があるとされて承認されています。

ただ効果がある為お肌への副作用も人によっては強く出る懸念もあるのでトライアルなどでのお試しで自分のお肌に使用出来るのかパッチテストは必ず必要な成分だと思います。

レチノール誘導体とは?
こちらはレチノールを化粧品に配合して光や熱に弱い特徴のレチノールの効果を安定させる為に配合したことによって二つの成分を結合して「レチノール誘導体」にした成分です。

具体的にはパルミチン酸は牛脂やヤシ油に含まれており、このパルミチン酸をレチノールに加えた事によってレチノールだけの効能より肌への浸透力が高くなりよりシワやシミに効果が高くなった配合と言われます。

トレチノイン酸
今回のテーマでもあるレチノールが肌年齢にダイレクトな効果を得られる成分としてビタミンAとして人の体内に存在する成分である事は説明しましたが、このトレチノインは更なる効果が得られる成分としてビタミンA誘導体としてビタミンAよりも100倍の作用がある事でレチノールより更なる強力な肌のターンオーバーを施す力があるのです。

その為現在日本では今だ化粧品としての販売使用は許可されておらず、医師の処方の元美容皮膚科などでシワやシミの治療に医薬品として使用出来るのみとなっています。

トレチノインとハイドロキノン東大式塗り方の正しい使用期間





Sponsored Link

レチノールクリームの正しい使用方法

現在日本で市販されているレチノールの化粧品はクリームタイプが多いと思います。

その為、朝晩のスキンケアで使用するレチノールクリームはやはり朝であれば洗顔後の化粧水でたっぷりと水分補給をした後に取り入れるのがベストなタイミングだと思います。

さまざまな乳液やクリームなどの油分の後に取り入れると高浸透力であるレチノールが油分の油膜でせっかくの成分がブロックされてしまうからです。

朝バージョン
洗顔後の化粧水の後に取り入れる事で高濃度のレチノールを速攻で肌に浸透させる効果が得られます。

そして忘れてならないのが紫外線等の熱に弱いとされるレチノールはその効能をキープするためにもレチノールでお手入れした朝は必ず紫外線効果のある乳液や化粧品下地にファンデーション等を忘れないようにすることが重要です。

注意
とは言え現在では色々な種類のレチノールが各メーカーからも出されていますので基本は、取り入れる化粧品メーカーの使用方法の順序を守って取り入れる事が間違いない思います。

夜バージョン
朝と同じく化粧水の後にレチノールクリームを塗ります。その後クリームなどでしっかり乾燥対策として保湿効果の高いクリームでたっぷりとレチノールを塗ったお肌に蓋をすることで二重の美容効果を得られます。

レチノールクリーム塗り方のポイント

年齢肌に悩む女性のシワやシミ、そしてお肌全体の底上げとしてトータルでのタルミにも高い効果があると言われるレチノールの塗り方のコツです。

レチノールクリームはアイクリームなども某化粧品メーカーから発売されているように眼尻のシワや額のシワにもダイレクトな効果を感じると口コミで評判になっています。

そう考えるとクリームなので特別コレと言う塗り方は無いのかな~と思っていましたが、やはり効果のあるシワに塗るときはシワの線に沿って上から塗り上げるように塗るのがよりベストだと思います。

そして眼尻や額のシワにほうれい線など気になるシワに塗り込んだら一度手のひら全体で顔全体をプレスして馴染ませましょう。

このひと手間で、もっともダイレクトな効果があると言われるレチノールクリームの働きを最大限に生かさなくっちゃですね。
レチノールクリームは目元や額のシワ毛穴もツルツル効果あり

エイジングケアにはレチノール!でも注意点も?

これだけの高いエイジング効果が認められたレチノールクリームなので、年齢肌に戸惑いを感じた女性には積極的に取り入れる事をお勧めしたい成分なのは間違いありません。

ただそこには忘れて欲しくない注意点もあります。

それはレチノールクリームの特徴を踏まえて上手く取り入れる事で最大限の効果を得られると考えるからです。

敏感肌や超乾燥肌の人は要注意!
レチノールの高い浸透力やエイジング効果としてのシワやたるみなどの効果はここまでお伝えした通りです。
ですがそれと同時に好転反応としての副作用が大なり小なり感じるお肌の乾燥です。

元々オイリー肌の人はそれほど抵抗ないかもしれませんが、レチノールクリームを使用して直ぐに感じる肌の張りやキメが整うのと同時に顔の突っ張りのような乾燥を感じる人が多いようです。

超乾燥肌の人やお肌が敏感な人はこれに抵抗を感じる人が多いと思うので、あまりに酷い刺激や乾燥を感じた場合は無理をせず、しばらくの使用を止める事や朝の使用をやめ夜だけの使用にシフトする。

当然、赤みや炎症などの痒みを伴うリスクもある成分ですので、そのような症状が出た時は使用を辞めて信頼のおける皮膚科医にかかる事をお勧めします。

アレルギーアトピーの人も要注意!
私自身もアレルギー皮膚炎で長らくステロイドやプロトピックの使用を続けていた一人だから分かりますが、このような薬との併用もやはりレチノールを安易に取り入れる事は危険な可能性が高いです。

事なる作用により相反する働きがある為、自己判断でお肌の調子が良いからと取り入れるよりは、かかりつけの医師に相談した上で取り入れる事を視野に入れる事をお勧めします。

紫外線対策は絶対!
レチノールの持つ成分は日光に当たる事でその効果が弱まると言われています。
その為昼間の使用には夏場意外でも絶対にしっかりとした紫外線対策が出来る方に使用をお勧めします。

秋冬であっても日焼け止め対策をしっかり行う事やファンデーションにも紫外線効果のあるモノを使用する等の注意を守れる方に日中の使用をお勧めします。

この辺りが厳しいかな~と思う方はかえって夜だけのスペシャルケアと割り切ってお手入れに取り入れる事をお勧めします。

レチノールクリームを上手く取り入れて美肌をキープしよう!

レチノールクリームには間違いなくエイジング効果として目に見えるお肌の張りや小じわにダイレクトな効果があります。

同時に細かな副作用や注意点もあるものの、個人的にはお肌に余程のトラブルを抱えていない限りは多少のリスクを押しても上手く取り入れる事で若々しく瑞々しい美肌を保てる稀有な成分だと思います。

超敏感肌の私でも大丈夫だったビーグレンのエイジングケアセットがお勧めです。

このセットにあるセラムCとレチノAの効果が半端ないです。

トライアルなら通常6412円のところ1800円でしかも万が一のお肌に合わない時は365日間の全額返金保証付き!

是非少し攻めのエイジングケア初めてみませんか?7日間で充分効果を感じられるのでまずはトライアルから♪

是非上手く取り入れていくつになっても諦めない美肌を目指してお手入れにトライして欲しいですね。

ビーグレンのレチノAのレチノール効果で毛穴と額のシワが飛ぶ
首のシワの原因は生まれつきひどいがレチノールは効果出そう





Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 妊婦副作用
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。