シミ取りクリームの口コミと確かな効果は美容成分の構造にある

この記事は4分で読めます

レチノールが凄い

透明感やハリのあるお肌にシミがあっては美肌とは言えません。

年齢肌をきにする女性の多くの悩みの中に間違いなく欠かせない
悩みの一つとっして顔や手に出来るシミや色素沈着があります。

本格的なレーザー治療をしなくてもシミ取りクリームで
シミは取れるのか?

口コミなど世間で効果のあったと言われる成分とやっぱり
シミにはシミを取る働きのある成分を持つクリームが
効果的と言われています。

とにかく日々の積み重ねで美肌へと導く私達のお肌の救世主
としてシミ取りクリームに一番適した成分をご紹介しましょう。




Sponsored Link

そもそもシミがクリームで取れるのか?

原因

これは現代では「取れる」の解釈で間違いないと思います。

美白を良しとする日本人にはその対策として様々な美容液や
クリームとして出ていますが。

ダイレクトなシミ取りクリームとしては今現在効果が
ある「シミが取れる」と言われているのはハイドロキノン
とトレチノインの組み合わせだと思います。

この二つは美容皮膚科やクリニックなど医師の指導の
元でしか処方さえれいないのが現状ですが、顔全体
の全顔使用というより、ピンポイントのシミ取りと
して使用すると効果があると言われています。

一応クリニックや美容皮膚科医の指導の元この二つの
処方でシミ取り治療が出来るそうですが、もうひとつ
の方法は輸入代行などの会社から個人輸入した薬品
を使用して「シミ取り」する方法もあります。

ハイドロキノンとトレチノインのシミ取りの効能は
こちらの方で詳しく書いてますので見て下さいね。

トレチノインとハイドロキノン東大式塗り方の正しい使用期間

シミが出来る理由紫外線以外

紫外線
ではシミが出来る原因は大きい原因は間違いなく
長年蓄積された紫外線がシミとなって顔や手に
現れると言われます。

それ以外の要素ではシミは出来ないのでしょうか?

多くの女性が年齢と共に「シミ」が出始める事から
考えてもそのほかの要素も充分考えられると思うのです。

1:ニキビ肌の炎症が沈着化⇒シミとなる

2:女性ホルモンの乱れ⇒肝斑

3:遺伝子レベルのソバカス⇒雀卵斑(じゃくらんはん)

4:表皮細胞の糖化⇒黄ぐすみ

5:喫煙者によるビタミンC破壊

6:大量飲酒⇒肝臓フル回転⇒活性酸素の増量でシミとなる

7;ストレスが原因⇒活性酸素の増量⇒大量メラニンの増量

8:肌の摩擦がメラニン色素を増量の原因⇒シミ発生

9:肌のターンオーバーの遅れ

10:紫外線⇒光老化⇒老人性色素斑⇒光老化

これだけの原因が顔に出るシミや手のシミの原因と言われています。

とにかくデリケートなお肌なので紫外線が一番のシミやお肌の老化の原因となる事は間違いなく、その他の要素も、日々のスキンケアでお肌を擦りつけるなどの強い刺激を与えていたり、年齢的にお肌のターンオーバーの遅れによって古い角質が残る事でメラニン色素が定着してシミとなってしまうのです。




Sponsored Link

シミ取りクリームの口コミどんな成分が硬化がある?

シミに特化したクリームは色々ありますが、改めて聞かれるとパッと頭に浮かぶのはビタミンCくらいでしょうか。

世間で効果があると言われるシミ取りクリームの成分を調べてみました。

アルブチン
今あるシミをこれ以上濃くさせない効果のある成分
肌への刺激も少ない成分
酸素シロチナーゼを抑制する効果やシミやくすみに効果大

ビタミンC誘導体
抗酸化作用
メラニン色素の抑制
毛穴の引き締め効果
メラニン色素の還元効果

トラネキサム酸
シミ・ソバカス・肝斑の改善
肌荒れ抑制効果
内服薬としても効果がある⇒肝斑に
抗酸化・抗出血・抗アレルギー作用

ハイドロキノン
メラニン色素そのものやシミそのものが原因のシミを薄くする。
その効果はシミ取りに効果があるといわれるビタミンCの10倍から100倍と
言われる程。

そうした他の成分を凌駕する効果である事から『肌の漂白剤』と呼ばれる成分でもある。

もちろんそれ程までに効果が強い分使用上の注意点や肌への刺激も取り扱いが注意の成分であるが。それはあくまで先程述べた個人輸入するレベルの濃度のハイドロキノンで(4%以上が危険)と言われる。国内化粧品に含まれる許容量はだいたい1%~2%の安全性を考慮してある製品が多いので大半のクリームは問題ありません。

ただ本格的なシミ取りに興味のある方はこちらも併せてお読みくださいね。
ハイドロキノンの副作用とリスクは発がん性と取り扱いにある

シミ取りクリームは美容成分の構造で選ぶべし!

どんな成分
と、言う事でかなりの数の成分や化粧品の中から私がおススメするシミ取りクリームはやはり効果の高さから「ハイドロキノン」ともうひとつ「ビタミンC」がおススメです。

もちろん人によっては使用感や好みの感触などもありますので、あくまで今回は「シミ取り」の効果に特化した視点で選ぶとお勧めなのがハイドロキノン成分とビタミンC美容液です。

そのハイドロキノンの中でも評判の良いのがビーグレンのQsomeホワイトクリーム1.9です。

1.9と言うのはもちろんハイドロキノンの濃度です。安全性の高いと言われる高濃度のギリギリのラインまで成分を注入したビーグレンのハイドロキノンクリームがシミ取りクリームの中でも評判が良いようです。

独自の視点で開発された浸透テクノロジーのQsomeにハイドロキノンを極限まで配合してシミに特化したクリームとしてとても効果の高いクリームでシミを消したい女性の間でも口コミで広がりを見せているクリームです。

私も最初使用した7日間トライアルキットでお試ししてください。

通常価格6412円の5つのトライアルセットが71%OFFの1800円!



しかも365日の全額返金保証付きです。

万が一お肌に合わない。あまり好きじゃないの感触を感じたら全額返金保証付きなので絶対安心です。

そして私がこのビーグレンをお勧めする理由のもう一つがこのトライアルキットの中に入っているビタミンC誘導体のピュアビタミンを独自の浸透テクノロジーで処方したセラムCのビタミンCが超おススメなのです。

最初は手の平に出してオイル状のテクスチャーがじんわり温かい感触で顔に付けてもちょっと温かい感触。

だけどこのセラムC(ビタミンC)の速攻美肌効果が半端ないのです。

上記の成分でも紹介しましたが、

抗酸化作用
メラニン色素の抑制
毛穴の引き締め効果
メラニン色素の還元効果

これだけの効果に、プラスたかだかトライアルキットと思わず騙されたと思い使用してみて。

2日目の肌3日目の肌は明らかんい毛穴レス状態でツルツルのムキ卵状態でハリと艶がお肌に出はじめます。

今では病みつき状態のこのビタミンC(セラムC)もこのビーグレンホワイトケアのトライアルセットに入っているのでWの美白効果と美肌効果に目からウロコ状態になる事間違いなし。

この数年どのコスメを使用してもビビビとこなかった私が久しぶりにその速攻性の高さに惚れて大人買いした化粧品です。

是非お肌に悩みがある方、シミに悩む方ビーグレンのホワイトケアトライアル1800円で体験してみて下さいね。






Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 脱皮
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。