ほうれい線へのヒアルロン酸が変わる?自宅ケアでお手軽価格破壊

この記事は7分で読めます

ほうれい線

年齢肌を意識しだした女性達の多くの悩みである
ほうれい線。

顔全体のたるみなどが大まかな原因として出始める
ほうれい線にはマッサージや化粧品などのアプローチ
も様々ある事が知られます。

でも最終的にはやっぱり確かな効果を求めると
ヒアルロン酸などの美容治療が有名ですよね。

今ではヒアルロン酸注入も全く珍しくないとは
いいつつ高額な価格を支払って腫れなどの失敗例
なども聞くので絶対とは言えません。

そんな中今や美容の世界は日進月歩。

自宅ケアで出来るヒアルロン酸が評判になっています。

ある意味嬉しい価格破壊の自宅で刺すヒアルロン酸を
ご紹介しましょう。




Sponsored Link

年齢肌の気になる№1はほうれい線

目と額シワ
最近では骨格などの遺伝レベルなどの関係も否定出来ず20代でもほうれい線に悩みを持っている女性が見えるそうです。

今回は私の独断で自分の年齢を加味して年齢肌をターゲットにしてますが、間違いなく年齢肌を意識しだす30代中から後半くらいに薄っすらと、でも確かな影となって出始めた「ほうれい線」

それは年齢と共に確実に誰の目にもほうれい線となって40代に突入した頃にはハッキリ写真などでも顔のたるみと同時にほうれい線が確認出来、そのほうれい線によって、グッと加齢や劣化がもはや他人ごとではない現実として突きつけられた記憶が今に至る現実です。

年齢肌でお肌の劣化を感じ始めた方に「ほうれい線」を気にする人が多いのはそれだけほうれい線がある事によってどれだけダイエットを頑張っても、髪を美しく装っても、ファッションを若々しくしても、全てが帳消しになるレベルで劣化して見える破壊力があるからに他なりません。汗

実際私が一番自分でビックリしたのは、まごうことなく今から7年前の免許書更新の時の自分の顔を見てかなり驚愕したのを覚えています。

当時はファッション関係に努めていたこともあり、美容関係の友人も多く、相当意識して美容には気を付けていたし、またかなり高額でランクの高いコスメでしっかりお手入れしていたので、どちらかと言えば顔の造形云々はともかくお肌には自信があったのです。汗

それがどうでしょう。

見るも哀れな加齢によるたるみが、既にしっかりと顔の半分にほうれい線を始めクッキリと免許書に写されていたのです。

薄っすらと現れていたほうれい線を知らなかった訳ではなかったのですが、当時、「ここまで酷いのか?」とかなり驚きとショックで本当の意味での加齢や劣化を突き付けられた瞬間でした。

当然今に至り一番の目下のお肌の悩みは「ほうれい線」と目の下の窪みですが今回はいの一番の悩みである「ほうれい線」に的を絞って現代美容の最先端で解消したいと思います。

ほうれい線にヒアルロン酸はもはや常套手段

アンチエイジング
私自身のコンプレックスでもある「ほうれい線」ですので巷にあふれる美容情報で、マッサージや化粧品など一応は色々試したものの、毛穴などの肌のキメやハリとは違いほうれい線に関しては今の所手ごたえを感じられたアイテムがありません。

まぁとは言いましてもテレビや美容雑誌などで評判の表情筋へのマッサージ顔面筋なるマッサージをしっかり実行した訳ではありませんが、正直一時期は丁寧に某高級ラインの化粧品メーカーのマッサージクリームで毎日マッサージを行う程お手入れには力を入れた過去もあったりするので・・・・

そこで今完全なる中年ど真ん中で切実な肌年齢と劣化を実感する今やっぱり、しっかり効果のある方法でほうれい線を解消したい。

出来たら意味の無いお手入れにお金なんてかけたくない。

と、いたって単純な思考と、無駄な希望を捨てる為にも、やっぱりほうれい線にはヒアルロン酸くらい注入しなきゃほうれい線は無くならないんじゃないかな~と真剣に思い始めていたのです。
(決して化粧品の効果やマッサージの効果を否定している訳ではありません。)

ほうれい線にヒアルロン酸はプチ整形の始まり?

まぁこの御時世ほうれい線にしっかりヒアルロン酸を注入しようと思うと、やはりあ美容整形外科や美容皮膚科で受けるヒアルロン酸の注入です。

これを現在ではプチ整形と言うのでしょうか?

最近の美容整形業界では顔の造形の手術にしても「縫う・入れる」がプチ整形の領域で「切る・削る」のレベルを施して本格的な美容整形と言うとか言わないとか、聞いたりもします。

でも、もうここまで来たらどっちでもいいです。

とにかく「ほうれい線」が気になる!この一点に尽きます。

ほうれい線を美容整形医療で受けるとするとどれくらいの料金とどれくらいの期間持つのか?

そして当然ですがリスクとしてはどんなリスクがあり得るのか?

医師を選ぶならどんな基準で選んだら良いのか?

正直言って何しても効果の無い「ほうれい線」にかなりヒアルロン酸注入が気になっているので近い将来お世話になる可能性を加味して調べてみました。




Sponsored Link

ほうれい線にヒアルロン酸の料金とは?

注射
これリアルに一番気になりますね。

でもって調べてみた所やはり「ほうれい線」とはいっても年代によっても個人差を考えても程度(シワの深さ)によって注入する量が変わります。

入れる量によって大幅に変わるヒアルロン酸は大半のクリニックが(1CC)で幾らの計算でその方の注入量によって料金には幅があるそうです。

目安としては比較的浅めの軽いシワの「ほうれい線」で3~5万円。(かなり軽い場合のようです)

中段階のたるみが無い「ほうれい線」で10万円程。

肌年齢や劣化が気になるレベルの40代で10万~15万。

かなり頬のたるみの目立つ状態の「ほうれい線」で15~20万

あくまで目安です。それくらいクリニックによってバラバラみたいです・・・

某有名クリニック別料金も気になる

宣伝効果でしょうか?美容整形と言えば高須クリニックと頭に浮かんでしまう私です。

やはりメディアがテレビでの宣伝効果は絶大です。

という事でちょっとだけ有名処の美容整形ならいか程かかりそうなのか?意外にもクリニックによって開きがある事に驚きながら調べてみました。

★高須クリニック  1本10万円 1.0CC(1本なので2本使用する人は20万です)
★湘南美容外科   1本5万円  1.0CC
★品川美容整形外科 1本非会員3万6千 会員2万8千8百 1.0CC

なんだか宣伝している有名処をジャッジしましたがたった3件でもこの料金の開きは一体何でしょう?

意外にもヒアルロン酸にも注入するブランドの関係でも料金に開きがあるみたいです。

また施術料金や注入の際の麻酔の料金も別料金であるところと全ての施術料を含めての所もあるようなので高い⇒悪い。安い⇒良心的というわけでもないみたいです。

奥深いです。

注意:種類が色々あるのでここでは割愛しますが、やはり良質のヒアルロン酸を適した施術で治療してもらえるかが成功の要かもしれません。

ほうれい線にヒアルロン酸注入して持つ期間


これも大方の美容整形外科で言われる事ですがヒアルロン酸自体が自然に体内に吸収される成分であることからも個人差はあるものの大体半年を目安に体内に吸収されて自然に元に戻ると言われています。

でもこの見方もクリニックによって多少の見解が違うようですが湘南美容外科でも3カ月から12カ月の期間が効果の継続性があると公式ページに記載してありました。

3カ月だと悲しすぎるし、さすがに12カ月も持つのかな~と思ったりもするのでやはりおおよそ平均すると半年の期間が限界かな~と思います。

半年に1回の10万円から15万安く感じるか高く感じるか?人それぞれですが、高級コスメや高級エステの値段を考えると素晴らしい費用対効果が見込めるのであれば、それほど高くないのかもしれませんね。

ほうれい線にヒアルロン酸注入する際のリスクって?

注意点
でもやっぱりそこは美容整形の世界100%絶対の成功はあり得ないだろうからヒアルロン酸注入の際のリスクってどんなリスクがあるのか調べてみましょう。

それは上手く注入すれば、これほど身体に害無く「ほうれい線」に効果絶大な治療法は無いと言われているけど、やっぱり人のすることだから逆もしかりであるわけで・・・・

上手く注入出来ない場合も充分リスクとして視野に入れる必要があるようなのです。|д゚)

当然と言えば当然ですよね。

誰もがヒアルロン酸入れたらみんな成功する!

これが絶対なら思いきれる人ももっと増えると思うのですが、高額な治療の上絶対な訳ではない以上、どんなリスクがあるのか今一度理解しておく必要があります。

ヒアルロン酸のハイリスク

★ヒアルロン酸の入れる量と適切な位置への注入が出来ないリスク
人によってはほうれい線より膨らみ過ぎて凸凹になる場合もある繊細な技術が必要。
内出血のリスク
注入する人の体質や肌質にもよるが、ヒアルロン酸注入の行為によって内出血になる場合もある。

ヒアルロン酸が吸収しきれない場合
半年から1年の効果をもって体内に吸収するはずのヒアルロン酸を繰り返し施術を受ける事によって、部位によっては吸収されずに肌に残り、その上にヒアルロン酸を繰り返し注入することで肌がたるんで下がるケースもある。

ベストなほうれい線をキープするために永遠と注入する必要がある。
繰り返しの施術によって上記に挙げたリスクが更に高いリスクとなる事。

ほうれい線にヒアルロン酸注入する際の医師の選び方

これもどんな施術を受ける時にも言えますが、

1:やっぱりしっかりカウンセリングを丁寧にしてくれるところ。

2:症例写真が多数あるところ。

3:カウンセリングで質問しても徹底的に説明を丁寧に納得いくまでしてくれる医師である事。

4:上手く行く場合と、万が一のリスクを質問してもしっかり答えてくれる誠実さを感じる医師である事。

個人的にどんな外科手術にも絶対はないので、最低限この4つを心掛けて、「よし」と自分で納得できる医師で無ければ無理してヒアルロン酸の施術は受けない方が良いと思います。

荒っぽい言い方にはなりますが今時美容整形クリニックなんて星の数程ありますので、この4つの項目さえクリアだな~と思えない(思わせてくれない)医師に高いお金を支払って「ほうれい線」の為とは言え受ける事を私はお勧めしません。

どんな関係でもそうですが、一応お金を支払って、万に一つのリスクを負って施術を受ける患者である以上、このことはしっかり受ける側からしても把握しておく必要があるでしょう。

どんな結果になっても誰も責任を取ってはくれません。

自己責任である以上この辺りはしっかりジャッジしましょうね。




Sponsored Link

ほうれい線のヒアルロン酸自宅ケアで価格破壊

脱皮
ところで、私も超気になっていた「ほうれい線」のヒアルロン酸注入、ここまで詳しく調べたのが初めてだから思いましたが、リスクの理解も深めた所で思う程、気軽には受けられないな~と言うのが正直な気持ちです。

「ほうれい線」は確かに気になるし解消出来たらどんなにお肌が若返えるだろう~と上手く行くことばかり無防備なプラス思考で妄想してましたが、ヒアルロン酸とて絶対はないと言う事・・・

ちなみにネット検索したら分かると思いますが失敗例もたくさんある事を知って余計にゲンナリしています。

でもほうれい線は気になる。

そんな時こんな最先端技術の自宅でケア出来るヒアルロン酸を見つけたのです。

乾燥による小じわを目立たなくさせる効果が認証された製品らしく、厚生労働省指定の日本香粧品学会の「抗シワ試験」に合格した「ヒアロディープパッチ」と言います。

モンドセレクション2017年「金賞」受賞の製品でその製品はどんな製品かというと成るほどのこれまでになかったシートマスク状になったシートにマイクロサイズのヒアルロン酸の針を形成。

針の長さは200マイクロメートルでこの針が皮膚のバリアを突破して肌の深部まで直接ヒアルロン酸を浸透させる方法です。

当り前ですが針と言っても医療現場で使用されている「マイクロニードル」と言われる針で「痛くない注射」と言われる針なので貼り付けて直ぐには少しだけチクチクするみたいです。

でもそのヒアルロン酸の針がお肌に馴染むのが5分から15分かけてお肌に馴染んでいくのでチクチクが永遠続く訳ではないようです。

驚きなのがこの「ヒアロディープパッチ」の凄い所はシート状の針からヒアルロン酸をしっかりお肌に浸透させるまで5時間程かけてゆっくりお肌の深層部に入りきるようで就寝しながらお手入れがで出来るらしいのです。

プレミアムナイトケアとしてメーカー奨励のお手入れは1週間に2度程の使用で何と1カ月分お試し定期コースで8枚入りの3980円なのです。

この金額なら試しやすいしメーカーも東証一部上場企業が開発しただけあって自信の表れなのか100%の全額返金保証まで付いているのです。

これヤバくないですか?

私は既に絶対買う買うモードです。



この画像は眼尻に使用してますが「ほうれい線」にもこのシートがバッチリみたいです!

是非美容整形のヒアルロン酸注入より先にまずはこの「ヒアロディープパッチ」でほうれい線や眼尻の小じわに効果を認められたヒアルロン酸デビューしてみましょう。

この金額ならお手軽にお試し出来ますし、やはり思い悩んでいる以上何もしないよりは少しでも効果のあるものを試してみたいのが女性の心理。

医療の世界も美容の世界も日進月歩の世界なのでプチプラでも驚く程効果のあるコスメがあるように安価とは言えこのヒアルロン酸も侮れないかもしれませんね。

何はともあれ美肌道にアンチエイジングは欠かせないので、加齢や劣化にどこまでも逆らうつもりで諦めない気持ちが大切です。

是非私も使用したら体験コメで画像載せてみるのでみなさんも「ほうれい線」にコンプレックスがある方なら最先端技術のヒアロディープパッチをお試ししてみましょう。

ヒアルロン酸の針で目周りの小じわ対策/『ヒアロディープパッチ』

おわりに

年齢肌でも現代では取り組み方次第でいかようにも劣化を防げる時代です。だけど、確かな効果を求めれば求める程ハイリスクなのも確かです。
ヒアルロン酸注入でさえ調べる前は手軽に考えていたけど、一概にヒアルロン酸注入も成功が全てでは無い事。
そしてその上の段階になるとサーマクールやリフトアップなど、綺麗を諦められない女のアンチエイジングはとどまる所を知りません。
それでも見過ごせないほうれい線に今出来る事のベストを尽くして是非綺麗を諦め無い美肌道を一緒に突き進みましょう♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ほうれい線
  2. 脱皮
  3. ほうれい線
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。