美肌になる方法は韓国女優の究極の艶肌作りと手入れを調査

この記事は5分で読めます

艶肌

究極の美肌を目指して、シミもシワも毛穴も無い艶と
ハリのあるたるみの無い美しいお肌を目指して日々
お手入れに取り組む女性達。

そんな私達女性の永遠に目指すであろう究極の美肌
とは一体どんな肌の事を言うのか?

美への執着は日本とは比較にならないと言われる
韓国民の女性達。

その彼女らが憧れの対象としてあがめるであろう韓国
女優の艶肌は本当に圧巻だ。

一体どんなお手入れをしてあのような艶肌が完成
するのか是非究極の美肌道を目指す女性の為にもはや
無視することが出来ないレベルの韓国女優の艶肌に
迫ってみる。

美肌の条件

日本でいう美肌の条件とは一体どんなお肌の事を言うのでしょう。

日本が誇る資生堂の美肌の条件はこれです。

みずみずしくうるおいが感じられる。
血色がよく、透明感がある。
はりと弾力がある。

この他にも多くの美肌の条件として言われる事はやはり、なめらかで、艶があるお肌の事をトータルで叶えたお肌こそが顔のパーツ以上に時には振り返る程の破壊力となって玉のようなお肌として魅力ある大きな武器になる事は間違いないでしょう。

顔立ちよりまずは美肌だと思う理由

だっていくら目がパッチリ大きな吸い込まれるような瞳でも、鼻筋の通った外人のような綺麗な鼻筋で小さな顔に整ったパーツがしっかりまとまって揃っていても、一番重要であるそれらを載せるお肌(ベース)の肌がニキビやシミまるけであったりガサガサのパサパサした乾いた肌であったら、たるみと乾いた印象の肌であったら、いくら魅力的な顔立ちのパーツが揃っていても魅力が半減することは想像にたやすい事実だと思います。

勿論美しい顔立ちも充分魅力的だとは思いますが、逆の条件が揃っていた方が人科のメスとして生物学的な見解から見ても絶対有利で美しく見えるのではないかな~と思うのです。

それくらい美肌であることは男女問わず生物として清潔感のある魅力的な生き物に見える効果があるのです。

さして清潔でなくても~です。

逆に物凄い清潔にこだわりがあっても、結局パサついてハリも無くシミやシワだらけのニキビ跡があるお肌では清潔感あふれるお肌には、清潔であっても見えない場合が多いのです。

悲しいかな人は見た目が7割と言われ視覚から入る情報を判断材料の第一候補にすることは今では当たり前に知られた事実です。

だとしたら目や鼻の形を治すより、やっぱり美肌を目指すのが一番の魅力ある女性になれる(男女問わず)と思うのは大方間違った情報では無いと思うのです。

韓国国民の美への執着は国を挙げてのレベルだった

去年のパククネ元大統領の逮捕によって明らかとなった親友のチェスンシルの娘の学歴詐称やサムスンからの国を挙げての賄賂がマスコミを賑わせたのは記憶に新しいですよね。

一応スンシル氏の親の権力と金を全力で行使された彼女は2014年アジア大会に高校生で出場。

団体戦では金メダルを獲得する実力者との事。

そんな時話題になったチェスンシルの娘チュンユラが世間に向けて言った暴言も話題となりました。

『能力が無ければお前らの両親を恨め。私達の両親をイチイチ不満を言うな。金も実力だ。不満なら種目を変えなきゃ。お前らは他人の悪口を言うのに忙しいから、いくら違うことをしてもそもそも成功できるのか?』
さゆりのにしはらを追いかけて~:引用

このSNSでの暴言が持ち出されると韓国内で常日頃言われている

格差社会問題と言われる『銀のスプーン金のスプーン』
の国内情勢を揶揄した言葉に注目が集まったのです。

そう韓国は日本とは比較にならないレベルで
学歴社会で容姿端麗を良しとする基準を持っている
国なのです。

つまりは、親が財産を持っているか否かで人生が産まれた時からほぼ決定しているんだ~と。

それがイヤなら実力で(学力を付け容姿を治してでも)自分で這い上がるしかない国だと言う事・・・

それ程学歴がある事や、容姿が良い事が韓国社会で生きていくには中身関係無しで良しとされる傾向にあります。

韓国社会がそんな常識なのだから当然学歴のこだわりや美への執着は日本人の好きな子にモテたい。

などの軽いモチベーションとは覚悟が違うのです。

頭が悪い、顔が悪いは生きている価値が無いレベルの人間と言う厳しいジャッジを下すからこそ彼女らは人生を賭けて受験も整形も行うのです。

だってその後の長く険しい人生がかかっているのだから・・・

韓国女優の美肌は艶が命で究極の保湿ケア

チョンジヒョン
そんな中でトップクラスで女優として世間の注目を集めて活躍する女優は究極の美を求めるのが当然です

だって普通の女性でも綺麗の為にかかりつけの皮膚科医がいたり、中学や高校の入学祝いに美容整形を施すレベルの容姿へのこだわりがあるのです。

埋没法での二重整形なんて整形の内に入らない~と格言のような言葉も飛び出す程。

整形とは骨を削るや皮膚を切るなどの行為が美容整形のジャンルに入ると言われる程韓国では世界ナンバー1の美容整形大国なのです。

そんなお国柄で女優を張る彼女たちのルックスはもはや綺麗でいるのは当然の義務。

お肌はツヤツヤの艶肌が基本です。

艶が命と言っても過言では無いくらい恐ろしく光輝く彼女らのお肌は毎日の保湿対策と定期的な美容皮膚科美容治療の賜物なのでしょう。

白く好き通った肌には一点の曇りもくすみも許されません。

そんな中でも一番重視しているお手入れは保湿なんだそうです。

艶を重視したお手入れは保湿をメインに洗顔後や入浴後は韓国ドラマにも良くあるように保湿マスクが欠かせません。

韓国女優の艶肌へのお手入れ方法

では具体的にどんなお手入れをしているのでしょう。

まず絶対睡眠をしっかりとる事。

美しい艶肌に美しい顔、そしてスリムなボディは当り前の3拍子で揃ってないと話にならないと言われる一般人の常識なので女優などの人々の称賛や注目を集める職業であれば尚更ですよね!

水光注射で艶肌キープ

韓国では既に人気の美肌治療として知られるこの「水光皮膚」は韓国女優にの常連が多く一般女性でもアッパークラスの生活をしている女性なら比較的定期的に美肌治療の為取り入れている艶肌に欠かせない注射と言われています。

水光注射とは?
つや、はり、うるおいの3拍子揃った肌に事を水光皮膚と言い専用の注射器を使用して顔全体にヒアルロン酸を注入して治療する美肌療法とされています。

日本でも比較的聞くヒアルロン酸と違う点はソフトヒアルロン酸と呼ばれる種類で粒子も細かく通常のヒアルロン酸より凹凸になりにくいと言われています。

その中でも「ダーマシャイン」と言う機械を使用した注入は従来の手打ちよりも更なる赤みやダウンタイムの少なさと確実につや、はり、うるおいを取り戻す方法として人気のメニューなんだそうです。

そしてさすがと言わざるを得ませんが顔だけにとどまらず手の甲や体にも施術を行う事が出来て、それらヒアルロン酸と状態を見ながらビタミン、プラセンタ、成長因子などを状態を見て組み合わせてくれるというスタイルで各方面からつやとハリとうるおいをキープするべく施術を施してくれるクリニックが揃っているそうです。

イヤ~もうこんな事調べていたらソウル行って水光注射やりたくなるばっかりですよね!

どうりで韓流ドラマに出演する女優の輝くばかりの艶肌はこんなテクニックも可視した徹底した結果だったのですね。

美肌の為の基本は医食同源

韓国人の感覚では美は医食同源と言う考え方が根底にあります。

だから毎日の食べる物で積極的に取り入れる事で知られる。

キムチもその意にかなった食べ物として豊富なビタミン、ミネラル
を含んでおり発行食品である事から乳酸菌も豊富で便秘知らず。

国民食であるキムチは庶民であっても専用のキムチ冷蔵庫
があるくらいのレベルです。

女性の約9割がキムチを毎日食べると言われる程彼女
らの食生活には根付いている体内から取り入れる
まさに医食同源を地で行く食品の代表でもあるのです。

他にも色々ありますが牛骨(コムタンスープ)
サムゲタンなども全て根底には医食同源の身体に良いモノで
食べて体内から身体を綺麗にしれくれるモノ。

として定着している食べ物なのです。

いかがでしたか?

久しぶり韓国に行きたくなってしまいますね~

そして女優である彼女たちは普通の女性以上に
スリムである事も求められています。

高身長でスリム。

過酷な体重制限の為にかなり極端なダイエットを
行う事でも知られていますので、やはり色々な意味でも
日本より美意識の高さは格別に高いと言わざる得ないの
かもしれませんね。

韓国女優はお肌の美しさがステイタス

韓国ではハイクラスの女程さりげないファッションに
発光する肌を持つ事がステータスと考えられています。

肌の美しさが品格なのです。

スッピンが美人の証でメイク無しでもOKな顔。

陶器のような透明な肌にツルンとした肌と髪

太りにくい体型。

まっすぐな脚、小顔管理。

そして一時はやったベイグル女は若い女性の間でも
憧れの対象となりました。

ベビーフェイスでグラマーな肢体。

お肌美人でおしゃれな人。

とにもかくにも美の基準は肌。

透明感溢れた吸いつくような素肌を持つヘルシーな
童顔でありながら最新モードをサラリと着こなす
セクシーボディが若い女性の憧れだったのです。

理想が天井知らずに高い国韓国の美の基準は
間違いなく艶肌に始まる。

一生をかけて追及していくパワフルさと美への執着こそが
綺麗の源でもあるのです。

いかがですか?

彼女らをっ見習うべく美肌道を追及してつやつやの艶肌を
目指して邁進あるのみですね。

しっかし本当にうっとりするレベルの女優の多さには圧倒されます。

さすが勝馬の目を抜く芸能界で活躍する彼女らは女優であるだけに
そのこだわりも半端ではないのでしょう。

綺麗である事艶肌である事はやっぱり魅力的!

そこに日本も韓国も国の違いは無い!と思う私でした。

ケチケチせず、もっと貪欲に積極的に美への追及を諦めない事を誓って~

それではまた♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。